月別 アーカイブ: 3月 2010

[最近のレビュー] 2010年1月-3月

2010年1月-3月期のレビューまとめですね。
2月に舞台があった今期、2010年一発目ですが。見たいのはほとんど年末からのスライド映画ですね。観る時間がないってのもそうですが、舞台の本番を控えていたので家でDVDを観るくらいしか出来ませんでした。
映画:4本
舞台:0本

やはり観劇数が激減。激減っていうかゼロですよ。ゼロ。
全く行けませんでした。
原因は2月本番の舞台と4月本番の舞台のための稽古。これらがスケジュールを圧迫して観劇できない状態が続いておりました。
【映画】

■ 『アバター』 – 2010年1月10日(日)
データ:2009年/アメリカ/161分 [20世紀フォックス]
鑑賞方法:ワーナー・マイカル新百合ヶ丘 (2番シアター) 3D字幕版鑑賞
評価:★★★★☆

→ ハリウッドが20億ドルかけて『もののけ姫』を作るとこうなるってのがよくわかる映画。

■ 『サマーウォーズ』 – 2010年3月20日(土)
データ:2009年/日本/115分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ 最初から最後までテーマが統一されすぎてて押し付けがましいくらいにわかりやすい家族愛。

■ 『ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版』 – 2010年3月21日(日)
データ:2009年/日本/97分 [ジョリー・ロジャー=ポニーキャニオン]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ ぼーっと見れば見るほど輝く一級のフェイクドキュメンタリー。

■ 『着信アリFinal』 – 2010年3月21日(日)
データ:2006年/日本/105分 [東宝]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ 一見ムチャクチャな設定をひっぱり物語として見せきる技術。ホラーでなくてサバイバル。

[まとめ]
この中で一番注目していたのはなんといっても『アバター』でしょう。ハリウッドの映画史を塗り替えた記録的作品となりました。タイタニックほど記憶に残らなかったのはボクだけでしょうか? ともあれ、3D映像を堪能したい場合は映画館で見ておいて損はないと思います。
来期に関しては、もっと貪欲に作品を見ていきたいですね。
もっと貪欲に貪欲に。その前にボクの本番に貪欲に・・・っ!!!

【関連記事】

スポンサーリンク

Colors

色色
十人十色という言葉があるけれど、一人の人間を表すのに”一色”では少なすぎると思う。一人十色でもまだ少ない。
アメーバのように変化する感情を色々なカタチで成立するように見せられれば、それは表現者として大きな武器になる。
もちろん、一貫して筋を通した上で自然に成立させなければいけないが。
台本上のキャラクターを表すときに、わかりやすくするために色を強調するのは有効だが、色を限定する必要はないと思う。

スポンサーリンク

深観 (じんかん)

人間
「人間」という言葉はどうして「人」単体ではなく、「間」という字が入るのだろう。
動物である学名「ヒト」ではなく「間」が入ることによって「人間」になる。
「間」を読み、理解する「人」が「人間」ということだろうか。確かに無言の「間」を使ってコミュニケーションを取れるのは「人間」だけだ。何もない空間や時間に「間」という意味を持たせられるのは「人間」だけだと思う。
「人」と「人」の間 (あいだ)に「間」が入ることによって「人間」となる。繋がりを強く意識した文化を形成している生き物。それが人間足らしめるものだとしたら、言語という音による「間」意外にも、様々な意味を付加した「間」が存在するはず。表情や行動による「間」、考えを持たないボールのような、ただの物にすら演出によって「間」を使い表現することができる。
芝居においても、台本の字面を表す以上に行間の芝居によってより深い意味を持たせることができる。
小説などのテキストにも「間」を使った表現は多くある。
ボクら役者は「人間」相手に「人間」を演じるのだから、「間」の可能性をもっと深く捉えていきたい。
ちなみに、この「間」が抜けるとマヌケになります。

スポンサーリンク

浮かぶ思惑

台本
新しい台本が来ていよいよ動き出しました。
どこまで行ってるのか、自分の立ち位置を全体からしか覗けないようなバランスの良さは排除してしまった方がいいのかもしれない。
今回の部分的に見せるやり方は非常にドラマを作りやすい分、一貫したテンションの上げ下げが不自然になってしまうような気がする。そこは全体から俯瞰する部分。
まだ全体なんて来てないんだから気にして進めなくなる必要は全くない。
いい意味でも悪い意味でも”初見”だから。
正解はどれでもない。

スポンサーリンク

600円で一日中、多摩動物公園に行ってきました

多摩動物公園

この前の日曜日、久しぶりに1日オフを利用して動物園にでも行って動物を眺めてこようということになりまして、多摩動物公園に行ってまいりました。
園の入り口には大きなゾウのモニュメントがお出迎え。チケットはランダムで動物の柄がもらえます。イラストなのか実写なのかはっきりして欲しいところですがデザインは選べません。

大人は600円でしたが、小学生以下は無料という太っ腹価格!!

最寄り駅

最寄り駅の一つ、京王線多摩動物公園駅。朝一から行くとこんな感じです。閑散としております。
アクセスにはもう一つ、多摩モノレールもご利用できます。

マンホール

動物園内にあるマンホール。何気にすべてのマンホールに可愛らしいデザインが施されているオリジナルになります。

昆虫園

何はともあれ多摩動物公園に来たらまずここに行かねば。「昆虫園」です。
動物園なのに昆虫園。ボクはここで2時間くらい時間がつぶせます

アリ

アリですねー。
細かいの大好きなボクにとってこのアリという生物は興味津々です。
蟻育成セット買おうかと思ってたくらいです。

大温室 花

昆虫園の隣にある昆虫生態園の大温室には何百という数のチョウが放し飼いされてます。小さい子供はあまりのチョウの数に恐怖する子もいるとか。そりゃ怖いですよねふよふよ飛んでんだもの。
チョウ撮りほうだいですが、あえて花を撮りました。
ここからは本題、動物たちの写真です。

キリン

キリンです。
ええ、餌を取り合っております。キリンは遙か上にある餌をとるために進化の過程で首を長くしたそうですが、ジャンプ力を強化するっていう選択肢はなかったんですかね。

ライオン ライオン

ライオンです。やっぱり男の子なんでこういう動物は胸が熱くなりますね
でも、ここから見えるライオンはみんな寝ててやる気がありません。牙が抜けたライオンです。遠目で見ると何かの惨事があったみたい。

ライオンバス 行列

もっと間近で見るために入園料とは別途350 円でライオンバスに乗ることができます。ちなみにこのバスは京王バスが運営・協力しているらしいです。
さすがに混んでいて、30分くらい並びました。

ライオンバス内部

迫力はすごいですよ、さすがライオンバス。
ゼロ距離までライオンが寄ってきます。子供大興奮。ボクも大興奮。

ライオン オス ライオン オス

ライオンバスから見えるオスのライオンは目線が近いので迫力が違います。やっぱりライオンのオスはすごいですね。普通にのそっと寝てるだけなのに、画になります。ボクが立ちあっても全く勝てる気がしません。

チーター チーター

チーターさんです。
なんかやたらくつろいでましたよ。
遠くからお互いを見ていた感じ。写真も撮られ慣れています。

ゾウ

です。圧倒的迫力のゾウです。カメラを向けると隠れやがります。そして壁からそっとこっちを見てきます
こっち見んな。かわいいなチクショウ!!

チンパンジー

チンパンジーです。なんとも悩ましい格好で激写されてますが、ここのチンパンジーは飼育員さんにコインを渡されて自販機で飲み物を買って自分で開けて飲むらしいです。そんなに知能あるなら「普通にくれよ」って思ってますよねきっと。

熊?

園内にあった子熊の銅像。やたら可愛いポーズのように見えますが、近づいてみると一切のスキがみえない構え。手練です。

ニホンザル ニホンザル

ニホンザルは毛づくろいしまくってました。
子どもが喧嘩してても親は毛づくろいされている間動こうとしません。こういう親が子供を車においてパチンコに行くんだよ。

オラウータンの遊び場

オラウータンはここで見れます。食い入るようにオラウータンの一挙手一投足を気にして群がる人間と自由奔放に過ごしているオラウータンではどっちが見る側かわからなくなります。

子オラウータン 親オラウータン

お気に入りの布と戯れる子供のオラウータンですが、親ウータンは至って落ち着いてます。どっしりと、冷めた目線で子ウータンを眺めてました。

カンガルー カンガルー

完全にヘタれているカンガルー。なんですかここの光景は。日曜日のお父さんじゃないですか。
せっかく頑張って家族を動物園まで連れてきたお父さんへの当てつけですか。

インコ

擬態」とか「カモフラージュ」とかとは、まったく無縁の色をしたインコ。森林の中で自己主張するに至った理由を是非とも聞いてみたい。

トラ トラ

ああ、やっぱりいいなぁ、トラ!! 強そうです。こんなんが向かってきたら勝てそうにありません。
なんだかノソノソと歩きながらも、ものすごい轟音で鳴いておりました。それにつられて近くの赤ちゃんも泣いてましたが。

虎狼舎

なんとトラオオカミ飼育舎を内部から公開していました。その名も「虎狼舎」。なんとも殺伐とした名前と見た目のイメージも手伝って非常に雰囲気のあるたたずまいでした。

トラ トラ

おおわー。やっぱり近くで見ると大迫力。怖いです。睨んできます。きゃっきゃきゃっきゃ子供がはしゃいでる様をムスッと睨んでおります。
飼いならされたトラではないようで、何より。目がすごいよね目が。この”目力”欲しいものです。

トラの餌

柵の間に無造作に置かれていた餌であろう肉の塊。なんの肉かは想像できないしたくない。

修行

ゾウが修行してました。

あくび

よーく見たらあくびしてましたけど。

ユキヒョウ ユキヒョウ

ユキヒョウです尻尾や足の節々が太めでなんとも愛くるしい。かわいいかわいいよユキヒョウ。毛がふっさふさです。

シフゾウの看板 画像

角はシカ、頭はウマ、体はロバ、ひづめはウシ・・・に”似ている”が、どの動物でもないという「四不像 (シフゾウ)」さんがおりました。シフゾウさんまじかっけーです。

レアキャラ

最後に、多摩動物公園内ではクジャクが放し飼いになっているそうです。なぜか「クジャクは、園内で放し飼いになっています!」という警告文のような看板が。
しかし、園内全部を見て回ったんですがこのクジャクとは遭遇しませんでした。
レアキャラです。いつ遭遇してもいいようにマスターボール持参で。

この動物園は、山に出来ているので道の起伏が激しい上に、展示動物達の間隔もかなり広いので歩くのに結構体力を使います。履いていく靴などアクティブなものが好ましいです。
しかしながら、都内からも近い位置にある広々とした動物園で、混んでいてもそこまで人ごみに巻き込まれないのでなかなかオススメな動物園です。多摩センター立川からモノレールでどうぞ。

あ、そうそう正式名称は多摩動物園じゃなくて多摩動物公園ですよ。
たった600円で一日中動物が見れて歩きまわった上に心地よい筋肉痛にもなれるという、ジムに行くよりも効率のいい名観光スポットです。

【関連記事】

溜めて出す

本日『鬼 ONI』の稽古で初めて殺陣師が来てシーンの殺陣がつきました。
やっぱりいい。技術じゃなくて感情と流れを尊重した立ち回りは参加していなくとも体が熱くなります。
早く動きたい動きたい。
今はじっくり足場を固めながら溜めこもう。とにかく溜め込んで感情を一気に出そう。勝手に動きがついてくるくらい。無駄な時間は全然ない。じっくり見ながら自分にその瞬間の感情を貯めこもう。

衣装合わせ

衣裳だらけ
本日は衣装合わせの日でした。
衣装と言っても「この色で・・・ハイおしまい」ってワケには行きません。40人ものキャストの色味やバランス見ながら決めて行くので本当に一日がかりとなります。

稽古場
なので、ブルーシートを敷いて、その上に着物を敷き詰めるため衣装合わせの日は全く稽古ができません。
14時から22時まで取っ換え引っ換えキャストの人が来て衣装を決めていきました。
今回ボクの衣裳は色味というよりも、もっと特徴的なところがあるので、まぁぶっちゃけ何でも大丈夫な気もしますが、なかなか面白い色になりました。
前回に近いかと思いきやそうでもなかったなぁと。
それにしても最近、袴着ないなぁ・・・。
裏の殺陣の係りとかでは大活躍しそうですが。

【関連記事】

着信アリFinal

ポスター
邦題:着信アリFinal
監督:麻生学
製作:黒井和男
脚本:大良美波子、真二郎
音楽:遠藤浩二
主題歌:中孝介 「思い出のすぐそばで」
撮影:田中一成
編集:川島章正
出演:堀北真希、黒木メイサ、板尾創路、ジャン・グンソク
データ:2006年/日本/105分 [東宝]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆
[ストーリー]
 高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみり(黒木メイサ)は、インターネットで知り合った韓国人の男友達アンジヌ(ジャン・グンソク)に会えることを楽しみにしていた。そんな中、旅行の最中にクラスメートの携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れ出す。それは鳴れば必ず死に至る、あの“死の着メロ”だった。
(シネマトゥデイ)
[インプレッション]
携帯電話をモチーフに“死の着メロ”が引き起こす恐怖の連鎖を描いた人気ホラーのシリーズ最終章。独特のルールに基づいて、その設定がちょっと無理矢理でも”ホラー”と言うジャンルだけに緊張感をもたせ、さらにはシリアスに見せてしまうのは『リング』で使われた手法だが、その焼き直しではなくきちんと確立したホラー映画として仕上がっている。
今作も今まで通り、携帯電話に死の予告電話がかかってきて、その予告通りに死んでしまうという設定だが今回から「かかってきた着信を転送すれば死なない」というルールがつきました。そうです、日本人の大好きな不幸の手紙方式です。しかも厄介なのは一度転送された予告電話はもう回避できない(転送できない)という点。
しかも秀逸なのは海外に修学旅行中ということで、転送できるのは同じ場にいる先生や同級生という顔見知りのみ。
死を前にした生徒が電話を転送して友達や他の生徒を巻き込むという修羅場をうまく見せられる設定だなぁと。この状況が、楽しい修学旅行を一転してサバイバル劇に仕上げた。
こういった子どもが考えつくような設定をきちんと見せきる構成力はさすが、ただのB級ホラーではなく一級のB級だと思う。矛盾してるかもしれないが。
最終的には最初から最後まで”呪い”というコトバで片付けられてしまうのだが、きちんとその動機づけや理由を落としこんでくれるので、「はいはい」とはならない。見終わったあとにはそれなりに達成感は残してくれる。
役者の芝居もきちんとしているのでこの設定の上で成り立っているのだろう。
ただ、ご贔屓の役者が出ていたりしない限り作品自体に期待して見ないしない方がいいでしょう。きっとそれが丁度いい。怖さも出来もちょうどいい。

【関連記事】

ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版

ポスター
邦題:ニッポンの大家族 Saiko! The Large family 放送禁止 劇場版
企画・構成・演出:長江俊和
プロデューサー:角井英之
制作:イースト
出演:川嶋秀明、川嶋秀明、川嶋秀明、宇都隼平
データ:2009年/日本/97分 [ジョリー・ロジャー=ポニーキャニオン]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆
[ストーリー]
 所沢市に住む浦さん一家は、笑顔の絶えない明るい家庭に見える。しかし、長女は家出して行方不明、長男はひきこもり、次男は反抗期で、思春期の次女も母親の再婚相手の現父に対する暴力がエスカレートしていた。
[インプレッション]
カルト的人気を集めるフジテレビのフェイクドキュメンタリーシリーズ『放送禁止』の劇場版第2弾。今回はTV版でもあった大家族の設定を引継ぎ、世界各国の家族問題をテーマにドキュメンタリーを手掛けるカナダの女性映像作家、ベロニカ・アディソンが大家族・浦一家に密着するというストーリー。
一見、平和な家族ドキュメンタリーかと思いきや度々起こる事件や裏で起こっている家族の思惑などがドキュメント形式のまま写される。
こういったドキュメンタリータッチの作品はリアリティがすべてだが、『放送禁止』シリーズに関してはリアルというよりもフェイクなリアル感をわざと演出しているように感じる。ある意味ありそうでなかった手法、こういうやり方があったかと。
一連の隠された”オチ”に向かって緻密に見せていく脚本と、演技なのかアドリブなのか分からない独特の演出方法はフェイクドキュメンタリーとわかっていても、いやむしろわかっているから引き込まれてしまう。ドッキリを裏から見ているような感覚。
結果、今回の話のオチとしてはわかりやすい部類だったが、そこは劇場版というその空間で完結する作品だからしっかりと見せておかないと意味がわからなくなってしまう体と思われる。もともとタッチがテレビ番組の演出方法によるフェイクなので、劇場で見よりもビデオなどで家のテレビで見た方がこの作品向けらしいとは思う。

【関連記事】

サマーウォーズ

ポスター ポスター
邦題:サマーウォーズ
監督:細田 守
製作総指揮:奥田誠治
製作:高橋望、伊藤卓哉、渡辺隆史、齋藤優一郎
脚本:奥寺佐渡子
出演者:神木隆之介、桜庭ななみ、谷村美月、富司純子、永井一郎、他
音楽:松本晃彦
主題歌:山下達郎 『僕らの夏の夢』
データ:2009年/日本/115分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆
[ストーリー]
 世界中の人々が集うインターネット上の仮想世界、OZ(オズ)。そのメンテナンスのアルバイトをしている高校生の健二は、憧れの夏希先輩から田舎に行くというアルバイトを頼まれる。気楽に応じた健二だったが、実は夏希の本家とは武家の血筋を受け継ぐ旧家、陣内家であり、曾祖母である烈女・栄のために夏希のフィアンセのふりをするというアルバイトだったのだ。
さいわい栄は健二を認め、芝居は平穏のうちに終わるかに見えたが、その夜健二はケータイに届いた謎の数式を、数学の問題と考えて解いてしまう。しかしそれは、OZ世界を崩壊させ、現実世界をも混乱させる大事件の幕開けだった。
(Wikipedia)
[インプレッション]
映画館で上映中から観たいと思っていて、ようやく観れた映画です。
本作は『時をかける少女』で監督を務めた細田守の初長編オリジナルアニメ作品。スタッフもキャラクターデザインを含め『時をかける少女』と同じ人員が集められました。
まず映像の表現というか描写が非常に僕好み。世界中の人々が集うネット上の仮想世界「OZ (オズ)」を完全CGというカタチで見せている。そのモデリングや見せ方はとても素晴らしいのだが、本題の話は田舎で展開されるというミスマッチ感。そこをもっと見せてくれれば面白かったのに、と少々過大な期待を寄せすぎた弊害が。
要は「ネットにすべてを委ねた生活は楽で便利だけど、家族の大切さとか絆の大切さを忘れちゃいけないよね、最終的に動かすのは僕ら人間同士の繋がりだよね」ってことを言いたいんであろう。というかそれしかないので、あそこまで事を大きくしたり、おばあちゃんの扱いや各キャラクターの演出的な見せ方はどうだったんだろうとストレートに思ってしまう。
やりたい事をふくらませすぎて全部入れたくなっちゃって、できあがったら細切れの展開をつないでいくだけの見せ方になちゃいました的な。実際登場人物みんなが超人的だったり、けっこうご都合的な役割を持っているので何でもありで展開していくのでどこに感情を移入していいのかもわからずに物語が進んでいきます。
いっそのことケンジとナツキの恋愛だけに焦点を絞りまくってて良かったんじゃないだろうか。オマケ的な要素になってしまって、ぶっちゃけそんな感情どうでも良くなってしまっているのがとても勿体無い。
世界観は非常にいいんですが、内容的には片手間でも大まかなこと理解できてしまう映画でした。期待をしすぎないように。

【関連記事】