浮かぶ思惑

舞台
この記事は約1分で読めます。

台本
新しい台本が来ていよいよ動き出しました。
どこまで行ってるのか、自分の立ち位置を全体からしか覗けないようなバランスの良さは排除してしまった方がいいのかもしれない。
今回の部分的に見せるやり方は非常にドラマを作りやすい分、一貫したテンションの上げ下げが不自然になってしまうような気がする。そこは全体から俯瞰する部分。
まだ全体なんて来てないんだから気にして進めなくなる必要は全くない。
いい意味でも悪い意味でも”初見”だから。
正解はどれでもない。

舞台 鬼 ONI
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました