トライ・アンド・エラー

この記事は約1分で読めます。

通しばかりを繰り返していると、感覚が麻痺してしまう感じがする。
何が面白くてどこがつまらないのか。”アリ”と”ナシ”の境界線はずいぶんとうっすいゴムのような膜でできている。稽古場の雰囲気や内輪での笑いは取れても、お客さん的にそれは”アリ”かというと、実はそうでもない (・・・ハズ、としか言えないが)。
もともと取るとか取らないとかじゃないんだけどね、”シチュエーションコメディ”だし。狙っちゃダメ。だけど”取れた”とき (アリ)の感覚は覚えておきたいよね、忘れずに。
それは、笑いだけではなくヒトの心を動かすパワーを持ってるはずだから。
特に今回は、感動させる部分も掘り下げていかないとなぁ。

昭和家族 VS 平成家族 舞台
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました