正解と答えはまた違うけどな

この記事は約1分で読めます。

空気を読む空気を読むって言いますが、役者は空気を作るものですから自分のシーンでお客様をも巻き込む空気を作れるのは演出家でも脚本でもなく、最終的にはその板に立っている役者達だけです。
稽古場でもそう。
台本のセリフや文字面だけでは絶対に伝わらない「空気」を意識しているってことは、お客様に見せるモノを作っているんだから当たり前なこと。
目の前の演出やセリフや段取り、その他もろもろを気にして演技をやらされていたんじゃいくつかある答えが見つかってたとしても、正解には絶対にならない。
お客様になにを見せるかではなくて、なにを見せたいか。

カメコが笑った日 舞台
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました