月別 アーカイブ: 10月 2005

ハロウィンてナニよ

今日はハロウィンです。
2年前は仮装なんてしてたりしてなかったり(仮装していくと安くなるお店があった)。
基本的にイベントや行事ごとはダイスキです。
積極的にお祭りごとに参加します。
ハロウィンは好きでも嫌いでもないんですが、”向こう(米)のイベントなんでようわからん”ってのが本音です。
得体の知れないお祭りで盛り上がるってのも変ですが(笑)。
なにかにかこつけて盛り上がれればいいんです。
「楽しいことやめでたいことは、何回あってもいい」って思ってるんで。
今日もタイミングが合えば、ひそやかに楽しもうかと考えてたんですが・・・。
無理だったようで、がっかり。
さすがに一人では楽しめませんし。
そんなわけでヒマだったので(笑)、”ハロウィン”について少し調べてみました。

Continue reading

スポンサーリンク

携帯のカメラが壊れました

レッスン前に、多摩川でバーベキューに行きました。
人が多く、いい景色。
写真を撮ろうと思い、カメラを出そうとすると、(弟の)デジカメは家に忘れてきたことに気づく。
携帯カメラでいいや、と携帯を取り出しカメラを起動させると・・・画面が真っ黒。
レンズカバーが閉まったままだと思ったが、ちゃんと開いている・・・。
もしかして、壊れましたか??
そういえば、2日くらい前から感じてました。
「あれ、暗いなぁ・・・まぁいいか」くらいに思ってたけど、どうやらホントに壊れたようです。

携帯から見た多摩川
シャッターボタンを押すと、「カシャ!」という音だけ聞こえてきて、真っ黒な画面が記録されます(笑)。
新しい携帯に乗り換えようかと思っていたので、修理には出しませんが、タイミングがいいなぁ・・・。
機種は「SO505i」。
これって、例のタイマーでしょうか?
早く、FOMA出てくれー。

スポンサーリンク

おいしい文化祭

相方の大学で文化祭があったので、お邪魔してきました。
一人で。
理由は、相方が4年目にして初めて出し物(カレーうどん屋)を出店するというから。
相方は、去年まで”執行部”に所属していて、いわゆる企画側で忙しかったので、出店参加は今回が初めてなのだ。
友人(おもに高校演劇部の同期)も誘ったんですが、予定が合わず、一人で行くハメになりました(笑)。
そんでまぁ、食べたわけですが・・・。
“カレーうどん”という着眼点がなかなかいい。
まず、一番恐れている、”他の店とかぶる”ということがない(カレーライスはあったが)。
次に、”カレー”+”うどん”というボリューム感がある商品名でいて、200円という料金設定。
とても好感がもてる(気がするわけです)。
このイメージが重要で、韓国留学生の”本格チヂミ”300円よりも遥かにお得感がある。
お店の立地が、校舎のはじっこという悪条件でも、一定以上の需要は満たしているようで、大好評でした。
前日は予定の150食を大きく上回り、180食完売したようで。
僕が行った時には今日だけで200食超えてました(最終的には250食完売らしいです)。
これって、かなりの黒が出るんじゃ!? (゜Д゜)
思い出を作る文化祭で、「原価がいくらか・・・」気になってしょうがない無粋な僕。
“文化祭ビジネス”は、結構おいしいかも知れません!!
あ、もちろん味もおいしかったですよ(笑)。

スポンサーリンク

ニセモノのゴキブリ

7月に出演した劇団のワークショップに参加していて、夜遅くに地元の駅に着きました。
駅前のコンビニに寄って飲み物を買い、帰ろうとすると、2人の女性が騒いでいました。
2人は何かを指しています。
そちらの方に目をやると、4センチほどの、黒光りで、やけにすばしっこい虫がカサカサ。
そう、”ゴキブリ”です。
まぁどこの家庭にもいるので、さして珍しくはないんですが、外の歩道で見るとさすがに不思議な感じである。
ゴキブリといえば、”人間の住んでいるところに出てくる虫”と思っているからでしょうか。
実際、そう考えてみるとおもしろい。
太古から生命力が強く、生物学的には先輩なのに、人間の生活に密着しすぎていやしないだろうか?
もはや共存状態である(一方はまったく望んでないがw)。
ゴキブリは、人間と、もっとも近い虫なのかもしれない。
しかし、もっとおもしろかったのは、ゴキブリを見て騒いでいた彼女達の会話。
「きゃっ!! 何あれ!?」
「あの動いてるの?」
「そう、それ!!」
「ええ!? もしかしてあれじゃない?」
「え・・・・・ホンモノ??」
とっさに言ってしまったんでしょう。
“ホンモノ?”って。
横で聞いてて、思わず笑ってしまった。
まったく生活感のない外の歩道で見たゴキブリは、彼女にとっては”ニセモノのゴキブリ”だったんでしょう。

スポンサーリンク

保険金降りました。

もう、動きません・・・
やりました。
今年の8月、ハワイの海で壊れたデジカメの保険金が降りました!!
やっほい。
帰国してから旅行保険に気づいてよかった。
申請してみるもんですね。
帰ってきたお金は37,500円也。
発売当時はSONYの最新機種で、実勢価格だった約50,000円で購入したものです。
2年半前に買って以来、使い倒してきたデジカメなので、十分すぎるくらいの額といえるでしょう(有料の3年保証も入ってなかったし)。
てか、普通に下取りに出すよりも高いなぁ。
以前の機種は「Cyber-shot P10」。
言わずと知れた「P」シリーズの当時の人気機種だ。
スペックは520万画素の光学3倍ズーム(今でも十分使えます)。
シーンモードも多彩で、これ一個あれば、大抵どんな所でも撮れてしまうという優れもの。
痒いところに手が届く仕様で、大変気に入ってました。
しかし、事故で壊れてしまったのでしょうがない(ハワイの海で永遠の眠りにつきました)。
残念だが、”買い換えるいい機会だった”と思って、気持ちに踏ん切りをつけました。
保険金も下りたことだし、このお金はNEWデジカメの購入資金に当てるとしよう。
あとはSONYの新機種を待つだけである。
こいこい。
FOMAも念願の「SO902i」が発表されたんだから、そろそろデジカメも来そうな気がするなぁ。
「SO902i」は”ソニー・エリクソン”製だけどね。

子供の役得

相方の甥っ子にお会いしてきました。
彼と会うのはちょうど3ヶ月ぶりくらい。初めて会ったのは2年と半年前でした。会うたびに目覚ましい成長を遂げる彼は、今回も新しいスキルを修得してきた模様です。
「ちんちん!」
そう言いながら、恥ずかしそうに自分の股間を両手で押さえている。
「どうしたの~!? 恥ずかしいぃ」
相方がそう言うと、今度はアグレッシブな動きで、相方の股間を触ってくる甥。
「(オイッ!!w なんてこったい。2歳だからってそりゃあないだろう。)」
「きゃっきゃっきゃっ」
基本的に、いつも笑顔な彼。
子供ってやつは・・・、”禁断のサンクチュアリ”に、いとも簡単に踏み込んでくる。
くそう。
君の目覚ましい成長に、お兄さんはドキドキだよ。

温故知新

舞台が終わって時間が出来ると、生活にゆったりした余裕が生まれてくる。
こういう期間は、無性に観劇や、映画鑑賞がしたくなる。作品に触れて自分の感性を磨くためだ。今は毎日毎日同じ仕事場。でも、今の仕事は変化が激しいので(笑)、そういう意味では退屈しない。一応期待もされているようだし。運良くやっていけてます(笑)。
本業のほうも、もっと忙しくならんとなぁ。
来週からは知り合いの舞台や、本業のほうが増えてくるので、少しは忙しくなりそうな予感。もっとそっちの分野で身をおいて、刺激を受けないと。
来週、自分の通っていた高校演劇部の秋大会を観にいきます。卒業したのは5年前なのに、なぜか知られている、OBの僕。実は結構楽しみだったり。
久しぶりに”高校演劇”を見て、新鮮な刺激を受けてきます。
びしばしと。

最近のヒマな1日

朝。いつもより少し早めに起きる。天気がいい。
昨日買っておいた、朝飯を食べ家を出る。満員電車に揺られつつも1時間かけて仕事場へ。
仕事を終えて家に帰る。
そういえば今日はジャンプの発売日だ。ジャンプを買って電車に乗る。
帰りも帰宅ラッシュの満員電車。ジャンプが読めない。
地元のコンビニで夕飯と明日の朝飯を買う。
帰宅。TVで『世界まる見え!』を見ながらおでんを食べる。満足。
風呂に入る。さっぱりしたところでジャンプを読む。『HUNTER×HUNTER』はまた休載か。全部読んだら、PCを開く。サイトの設定をいじくる。
眠くなってきたので寝る。
とっても充実した一日でした。舞台が終わってから、最近かなり充電しています。
少し前までは毎日舞台稽古などで、帰宅時刻は日付が変わっていたので。こんなに早く帰れると、やりたいことがいっぱいあります。やっぱり”一人の時間”って大切です。
いつも思うのは、時間は貴重だということ。
しかし、できるだけ効率的に動こうとして、時間に追われてしまうのは本末転倒。
のんびりするための貴重な時間も存在するのだ。こういう時間を大切にしていきたいですな。
次の目標(舞台)に向けて、できるだけ充電しなくては。まだまだ充電ランプは光ったままです。

“RSS 1.0″フィードが見当たりませんが・・・

朝から時間があったので、サイトをちょこちょこいじくっていた。
すると、一つ問題が。
RSSフィードのリンクが切れていて、RSSの取得ができないらしい(昨日のコメントで発覚)。
なぁに簡単。コメントで指摘があったように、rdfファイルへのパスを書き直せばすぐに直るだろう。
最初はそう思っていたが・・・、はて?
ちょっと待てよ。
いつも言ってるが、サイトは移行してもドメイン使ってるので、基本的なファイルへのパスは変わらないはずではないか?
おかしいなと思いサーバを調べてみると・・・、rdfファイル自体が無いじゃないか。
間違えて削除してしまったのかと思い、MT3.2のデフォルトテンプレートを見てみると、やはり最初から存在しないようだ。
rdfファイルとはRSSフィードを出力する形式で”RSS 1.0″に対応している。
他にも、”RSS 2.0″と”Atom”という形式があるが(共に出力ファイルはxml)、こちらはデフォルトでも生成されているようだ。
ということは、MT3.2では”RSS 1.0″は作られない仕様になったのだろうか。
以前のMTを削除して、最新バージョン(MT 3.2-ja-2)をクリーンインストールしたので気づいたが、この変更はリリースされてないような・・・。
結局、新しく”RSS 1.0″フィードのテンプレートを作成して解決(前のバージョンのテンプレートをまんま使っただけだが)。
これで以前と同じようにRSSリーダーで読める・・・、ハズだ。
今日は、出かける前までデザインやコンテンツの整理がしたかったが、そちらに時間を費やすハメに・・・。
ついでに”続きを読む”のJavaスプリクト作ったりはしましたが。
こっちは簡単で、結構便利です(PCサイトでのみ)。
※ ちなみに、【RSS】の解説はこの下。

Continue reading

コンスタンティン

コンスタンティン
邦題:コンスタンティン
原題:CONSTANTINE
監督:フランシス・ローレンス
原作:ジェイミー・デラノ、ガース・エニス
脚本:ケヴィン・ブロドビン、フランク・カペロ
出演:キアヌ・リーヴス、レイチェル・ワイズ、シア・ラブーフ、ジャイモン・フンスー、マックス・ベイカー
データ:2005年/アメリカ/121分
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆
ストーリー
 かつて2分間だけ自殺に成功したことで、天国行きを閉ざされたジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス)。彼は肺がんで余命は1年。天国に行くために自らの特殊な能力を生かして、悪魔払いのエクソシストとなるが・・・。
インプレッション
キアヌ・リーブスの『マトリックス』以来のアクション大作です。VFXがすごいと言うことだが・・・なるほど。まんま『マトリックス』のスタッフでした(笑)。
余命一年を宣告されたキアヌのヒーローっぷりもいろんな意味で味がありました。以前と同じ”世界を救う救世主”でも、まったくキャラクターが違います。アメコミ独特な”ダークヒーロー”といった所だろうが、どうもありがちに思えて仕方がない。キアヌが演じるということで新鮮味を保っている感じだ。演技のほうは、カメラの前で特別演じている様な雰囲気はなく・・・。いいのか悪いのかは別としてね。
“ヒーロー物”なのだが、敵やVFXの効果を見ていると、シュワルツネッガーの『エンド・オブ・デイズ』に見えてくるのは僕だけだろうか。
ただ、地獄の描き方が面白くて、なかなか良かったです。もっと地獄でのシーンを見たかった。あ、でも無駄にお金がかかる気がするし、あんまり見てると目が疲れそうだからいいかな。さらに、宗教色が強いのも特徴。とっても強い。ここは評価が分かれるでしょう。苦手な人は星一つ減ります。
『コンスタンティン』の原作は、米DCコミックス社で大人向け作品を扱う『バーティゴ』から出版されている『ヘルブレイザー』シリーズ。”天国と地獄はこの現実の世界と紙一重に在る”という設定が面白い。最近、アメコミ原作の映画が増えているが、それもVFX技術の進歩によるものだと考えられる。「こんな映像が可能になったんだから、実写化してしまおう」という、非常にアメリカ人らしい考え方だ(笑)。
この勢いでいけば、いづれ『ドラゴンボール』が実写化される日も近いでしょう。