知覚剥離

by axe | 2010年6月4日(金) 04:33

狭間
見えていると思って進んでる道が、時々薄ぼんやりとしてくるけど、なんども振り返っては自分の今いる道を確認している。それでいいんだと思う。
どっちみちどの方向に進んでも、一生に一回にするつもりだから。
とことん考えるべきだし、とことん疑うべき。
安全なルートだと思い込んで考えなくなること、自ら薄ぼんやりしているその意識に”気づこうとしない”方が遥かに恐ろしい。なんとも薄っぺらい狭間を歩いていることにもっと早くに自覚すべきだ。
何を信じていいかわからなくなったら自分が決めてきた道を振り返ってみようと思う。
しっかりと踏みしめてきた足跡を。


コメントする…