[君に、桜の花の祝福を] 場当たり、ゲネプロ

by axe | 2008年7月9日(水) 23:51

場当たりの空気が好きだ。
あの集中と緊張の曖昧な距離感とか、星のような蓄光テープの星座群とか、照明がに入ってる時の、網膜にフレアのように焼き付く何とも言えない高揚感。喉の奥が痒くなるスモークのにおい。
今日は、ずっと役者でした。わがままなくらいに楽しめたゲネプロでした。
わざわざゲネを観に来てくれた方に感謝。
ボクらがやってることは観ている人がいるといないとでは大きな違いがある。
いないのならば、ソレはただの自慰行為でしかないからだ。
明日からの本番、舞台全体の出来は演出に任せて、ボクは無責任に役者をやらせてもらおう。


コメントする…