日別 アーカイブ: 2008年11月1日(土)

水の泡

ある時、すごくうまい例えを聞いて思わず「ナルホド」と唸ってしまったんだけど、いざネタにしようと思ったら、これがどうしても思いだせない。それからキーボードに指を置いたまま3分くらい考えたあと、その程度のことなんだと見切りを付けて忘れたことにしました。
自分自身に理由を付けて何かを納得させるって悲しいね。それが周り的には本当にどうでもいいようなことでも、自分の中だけでのルールを通すための個人的な選択だからこそ、孤独な戦い。
シャンプーで頭を洗った後、リンスを手に取ろうとしてポンプを押したら間違えてまたシャンプーのポンプだった時くらい悲しい。無残にも泡立てられもせずに風呂場に流されていく手に取ったままのシャンプーが・・・悲しい。
これが本当の水の泡ってやかましいわ!

スポンサーリンク