日別 アーカイブ: 2007年10月31日(水)

iPodが泣いている

iPodが泣いてます。
「・・・カタッ、・・・カタッ、・・・カタッ」
2004年の10月からだから、かれこれ3年くらい活躍しているボクのiPodなんですが、今となってはめったに見ないモノクロディスプレイの第4世代です。容量は当時最大の40GB。動画はおろか画像も見れませんすぐバッテリーがなくなります。こんなしょうがないやつだけど愛着もって使っていたコイツは、今となっては携帯、デジカメ、DSと並びボクの標準装備の最長老として君臨してました。

変な画面?
さてはてどうしてこんなことになったのか。変な音が鳴り出したのは1ヶ月くらい前。同じ頃に変な画面が表示されるようになりました。実はその頃からiPodには一切のアクセスができない状況でした。稽古やら舞台やらで忙しかったので放置してたんですが、音楽はもちろんPCに繋げても認識しないという深刻な事態に気づいたのは割と最近だったりします。ごめんよiPod。
さらに、よく観察しているとこの音、
「(小さくうぃーんて)・・・カタッ」
どうやらHDDにアクセスしようとしてるのを何度も繰り返してる感じの音なんですよね。もうね、ずっと一人で唸ってるんですよどう考えても危ないよコイツダメだ恐い。
→放置という流れに。
そしてこの前、久しぶりに機嫌でも直ったかと思い起動してみるとこんな画面が・・・。

結構レアらしい
レアキャラキタァァー!!!!!
“iPod sad” (「泣き顔」のiPod)と言われるアイコンが表示されるようになりました。コレはどういうことかと思い、ディスプレイに表示されているアップルサポートのページに行くと以下の説明が。

ほとんどの場合、Sad iPod アイコンはハードウェアのトラブルを意味します。 (中略)最新のソフトウェアで iPod を復元してください。
iPod を強制的にディスクモードにし、復元することができない場合は、iPod の修理が必要です。最寄のアップルのリテールストアに (以下略)


> ほとんどの場合、Sad iPod アイコンはハードウェアのトラブルを意味します。
> ほとんどの場合、Sad iPod アイコンはハードウェアのトラブルを意味します。
> ほとんどの場合、Sad iPod アイコンはハードウェアのトラブルを意味します。
iPodオワタ・・・。
。・゚・(つД`)・゚・。
とっくに保証期間が切れてるが、修理か・・・?
とりあえず新型のiPod touchが気になってしょうがないんだぜ。

スポンサーリンク

KY

時々ピタッと止む
いつか止む雨ならば、寝静まっているこの夜に降りきってくれればいいのに。
相手にとっての重要なタイミングを推し量りながら、今の自分にとってどれだけメリットがあるのかを計算している。ひどく冷静に。
雨の音を聞きながらいつもよりも開放的になれるのは、この自分の空間だけが孤立したような錯覚に陥るからだ。今のうちに、この時間内ですべて消化してしまいたい。できることは限られているのだから。
伸び切った爪を切り揃えながら、寝る前の頭で小さな欠損部分を埋めていき、トライアンドエラーの修復を繰り返す。分かっているならやればいい。その雨が乾いていく空気を感じる前に。

スポンサーリンク