日別 アーカイブ: 2005年11月6日(日)

補完計画発動

I-O DATA [HDH-U250S]
パソコンの容量がパンパンだったので、ようやく外付けHDDを購入。
やっとこさデータの移行が出来てきました。
今回購入したのはI-O DATAの250GB(USB接続タイプ)。
家はノートなので、LAN対応のやつを買おうかとも思いましたが、次期NEWノートを買うことをみこして、それまでのつなぎでいいかなと。
使い方もとっても簡単。
PCのUSB端子に挿すだけ。
以上です。
ディスクドライブをもうひとつ増やすとか、ややこしく考え過ぎてました。
要は、大容量USBメモリーだということ。
ノートに入ってる大きなファイルを丸々移動させ、おかげでノートの方は10GBほど余裕ができました。
それとは別にバックアップもとって、不測の事態にも備える。
というか、元々はそのために外付けHDDを買おうと考えてたんだなぁ。
一昨年の12月にHDDクラッシュを経験して、その時データも全て失ってるんで・・・。

スポンサーリンク

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ
邦題:オールド・ボーイ
原題:OLD BOY
監督:パク・チャヌク
原作:『オールド・ボーイ』土屋ガロン(作)、嶺岸信明(画)
出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・ヘジョン、チ・デハン、キム・ビョンオク
データ:2003年/韓国/120分
受賞:2004年カンヌ国際映画祭 グランプリ受賞作
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆
ストーリー
 ごく平凡な人生を送っていたオ・デス(チェ・ミンシク)はある日突然拉致され、気がつくと小さな監禁部屋にいた。理由も分からぬまま15年監禁され続け、突如解放される。復讐を誓うデスの元に現れた謎の男(ユ・ジテ)は、5日間で監禁の理由を解き明かせと命じるが・・・。
インプレッション
すごいです。圧倒的な映像を見せ付けてくれます。しかし、それは決してキレイな画ではなく、CGがすごいいとか、そういうレベルではない、見るものをひきつける迫力。そういった映像美です。
実際、かなり残酷なシーンや、表現が並べられますが(R-15指定)、その設定に飲み込まれているので、見入ってしまいました。飽きることなく最後まで見れる理由の一つに、その設定があげられるかと思います。
なぜ彼は15年も監禁されたのか?
なぜ突然開放されたのか?
この謎が作品全体の緊張感と集中力をキープしているので、多少無理な展開や、難解な部分があっても受け入れられてしまうんでしょう。とにかく斬新な演出と映像は圧巻です。これだけでも見る価値あり。
主人公のオ・デスの強さもアクション好きにはたまりません。結構リアルで、痛そうに殴ってるけど(笑)。体系が変わるくらいの説得力が確かにあります。演技の迫力も。多少、韓国人独特の感情的な演技が目立ちますが、それはお国柄抜きにしてもいいと思います。
展開に関しては、韓国映画にしてはかなり「・・・」なストーリーだと思うんですが。
というか大丈夫なのか、コレは??
基本的に復讐目的なんで、都合の良い大団円のハッピーエンドは無いとは思うんですが・・・、話の内容、特にラストは誰もが「おおぅ」と飲み込んでしまう展開でしょう。
カンヌ国際映画祭でのグランプリ受賞作ということですが・・・、タランティーノ好きそうだもんなぁ。ホント、めっちゃ好きそう・・・(笑)。
※ この下、ネタバレ注意!!

でもさぁ・・・、さすがに催眠術で忘れようっていう展開は無いと思う。近親相姦忘れましょー、ってオォーイ・・・みもふたもないよぅ。日本の昼ドラでもないッス、こんな展開。向こうでも相当、物議をかもしただろうて。もうちょい、(倫理的に)キレイな終わり方にすれば、こんなに評価が別れることもなかったろうに・・・。
僕は「良かった」とは言えないラストでした。
でも、「つまらない」とも言えない面白さがある作品です。

スポンサーリンク