半クラッチ

この記事は約1分で読めます。

敏感に自分の違いを探る日々。
自分たちが見せようとしていることと、演出家が見せたいものとのギャップ。
これを埋めるために擦り合わせていくんです。
ダメ出しをもらわないと、どうしようもないのです。
地雷を踏まないように、ダメ出しを恐れるような芝居の作り方ではそこに生きてるヒトを創れない。
不器用だったら数打ってでも、ニュアンスがかするまでやればいい。

舞台 花 hana 2009
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました