半クラッチ

by axe | 2009年9月25日(金) 23:54

敏感に自分の違いを探る日々。
自分たちが見せようとしていることと、演出家が見せたいものとのギャップ。
これを埋めるために擦り合わせていくんです。
ダメ出しをもらわないと、どうしようもないのです。
地雷を踏まないように、ダメ出しを恐れるような芝居の作り方ではそこに生きてるヒトを創れない。
不器用だったら数打ってでも、ニュアンスがかするまでやればいい。

スポンサーリンク

コメントする…