アイランド

by axe | 2006年8月14日(月) 23:53

アイランド
邦題:アイランド
原題:ISLAND
監督:マイケル・ベイ
脚本:カスピアン・トレッドウェル=オーウェン、アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー
出演:ユアン・マクレガー、スカーレット・ヨハンソン、ジャイモン・フンスー、スティーヴ・ブシェミ、ショーン・ビーン
データ:2005年/アメリカ/136分 [ワーナーブラザーズ]
鑑賞方法:レンタルビデオ (VHS)
評価:★★★★★
ストーリー
 2019年、リンカーン(ユアン・マクレガー)は大気汚染から救いだされ、完璧に管理された味気ない都市空間のコミュニティで暮らしている。安全で快適だけれど、退屈な日々。唯一楽しみは女性の居住棟で暮らすジョーダン(スカーレット・ヨハンソン)との心はずむ会話だけ・・・。ここで暮らす人々の夢は、地上最高の楽園「アイランド」へ行くこと、ときどき行われる抽選会が彼らの最大の関心事だ。しかしリンカーンはある日ふとしたことから、この都市空間の恐るべき真実を知ってしまう。逃げることだけか生き延びる手段と知った彼はジョーダンとともに決死の脱出に挑む! 二人を捕獲するために組織された大規模なセキュリティーチームの容赦ない追跡、陸・空を駆け巡る息詰まる攻防! 果たして彼らは、生き残るために、そして仲間を救うために逃げ延びることができるのか・・・。
インプレッション
「自分たちが信じていたこの世界そのものが虚構だったとしたら?」
SFとしてはありがちで王道だが、食いつかずにはいられないこの設定。SFは”ありえない”というような設定をどこまで見せられるかがその醍醐味だといえるが、本作はこのありえない設定を限りなく”ありえそう”に描いている。世界設定がこれでもかというほど細かく、リアルなので現実味あふれる近未来の世界がそこに誕生する。しかし登場人物はなぜか異質。限られた食事、遊び、性やそのほかの欲求を遮断するという不思議な規律の中で生活をしている。
個人的にはこの世界観がたまらなくしびれます。キューブリックを彷彿とさせるような世界の構築、独特の空気を見事に表現していてぐいぐい物語りに引き込まれていきます。謎の”都市空間”の生活場面では気になるくらい既存のメーカーのロゴマークが見受けられる。確認しただけで”NIKE”、”PUMA”、”XBOX”などなど・・・。最初はスポンサー広告程度に思っていたんだけど、劇中の娯楽時間に未来の”XBOX”がバリバリ出てくるのだから演出としか思えない。異質な近未来といわれている世界で身近なブランドマークが出てくることによりぐっと現実味あふれる世界になる。
全体のバランスも、ただのSFスリラーかと思っていたらアクションシーンが秀逸で、見ていて全く飽きない。途中、主人公だから大丈夫なんだろうというような場面もあるが、それをつつくのは野暮ってもんだ。だから映画なんだし、それによってドラマチックな物語が展開されていくのだから。出てくる人物が要所要所でほんとにいい役者使ってます。よりいっそうリアリティを高めていると思います。
評価は個人的なものなので、満点どうかは皆さんの目で確かめてもらうとして、僕の中では歴代に入るくらいの名作にランクしました。このジャンルの設定にやられた分を差し引いても星4つは固いです。
しかし、正直言ってこの作品、興業的にはあまりパッとしなかったので、どうしてもっと売れなかったんだろうと疑問でなりません。広告宣伝が悪かったか。

スポンサーリンク

コメントする…