月別 アーカイブ: 12月 2005

2005年を振り返ってみる

2005年も終わりを迎えようとしています。
去年は、「年賀状が年内に出せた」とかなんとか言ってました。
今年は世間でもいろいろありましたが、このサイトを通じて僕の記事を読んでくれたヒマな皆さん(失礼)のために、一月づつ振り返ってみようかと思います。
余計なお世話でもやります。
今年は早かったです。
そう思えるって事は、それなりに充実していたんじゃないでしょうか。
【1月】
 今年も引きました、おみくじ。「大吉」でした。橋下弁護士の本人役は結構反響が大きかったのでビックリ。本格的にDTPデザインをやり始める。まだフォトショップしか使えません(笑)。
【2月】
 『愛する者のために歌う唄』の本番、池袋です。個人的にはいろいろと考えさせられた公演でした。長ゼリ多すぎ!! そして、友人の舞台のフライヤーデザインを頼まれるように。何はともあれ、公演が終わり、やっと一息つける時間がおとずれました。無線LAN導入!!
【3月】
 無事に大学を卒業。4年間通った学校ともお別れです。事務所の引越しに乗じてかどうか定かではないが、【axe.com】の移転に向けて着々と準備を進める。「e-axe.com」という独自ドメイン取得に加え、”Movable Type”導入。舞台の合間ということもあって、以前からのやりたいことができて自分の時間が取れてかなり満足な月でした。
【4月】
 大学を卒業して、役者をしながらの最初の年度始め。世間的に見ればいわゆる”フリーター”ってやつデス。フリーターっていうからには何かバイトをしなくては。”ニート”になってしまう。というわけで新しく仕事を始める。声を使う仕事です。3ヶ月続けばベテランといわれる仕事。それなりにやろうかと思っていたら、こんなに長くお世話になるとは・・・w。【axe.com】移転。ついにレンタルサーバーで独自ドメイン使って運営を始めました。CSSにも悪戦苦闘しながらも、その時間がまた楽しい(笑)。あそうそう、ずっと変わらない思っていた携帯のアドレスを初めて変更しました。
【5月】
 7月の舞台のチラシのデザインを担当することに。本当に今年はクリエイティブな仕事が多い。光栄なことです。ちなみにこのときはまだ坊主で出演する気でした(笑)。僕の書いた推薦文のおかげかはわからないが、相方が某有名学習塾の内定が決まりました。めでたいです。
【6月】
 『てふてふ飛んだ。』のチラシがあがったと思ったら、今度は10月の『日向食堂』のチラシに取り掛かります。『てふてふ』の稽古と平行しながら、しかも仕事もなかなか快調で、忙しくも充実した日々を過ごしていました(若干、忙しすぎw)。
【7月】
 『てふてふ飛んだ。』本番です!! 本番前日、楽屋で髪を切ったりと初めての経験ばかり(笑)。無事満員御礼で終了することができました。”T-SOUL(トウキョウ・サウンド・オブ・ユニバーサル・ライブ)”が主催の「野外音楽祭」でのイベントで『オペラ座の怪人』に急遽出演することになりました。高校の修学旅行以来、期限が切れていたパスポートも取得。
【8月】
 今年の夏はハワイです。生まれてはじめてのハワイ。しかし、その前にディズニー主催のスペースレンジャーキャンプでのMCが待っていました。ハワイに行く前日まで仕事尽くめ。本当に忙しかった・・・。その分ハワイも楽しかったです。その代償は・・・デジカメ。。。
【9月】
 来月に迫った舞台に向け稽古三昧です。その忙しい最中、財布を落としました・・・。渋谷の街中にくれてやりましたよ。あ、誕生日もありました、僕の。
【10月】
 今年4本目の舞台、『日向食堂』の本番です。ビックリするくらいお客さんからの反応が良くて、大成功を収めることができました。こういう、面白い舞台ができてよかったです。次に目指すは12月だ!! ん? まだ稽古開始してないの??
【11月】
 母校の演劇部の発表会を観にいったり、映画を観たり、MCの仕事が入ってきたりと、せわしない動きの中、12月の稽古を進めておりました。ていうか初稽古が今月に入ってからだったので、急ピッチです。
【12月】
 なんといっても『ちょっとアウェーなX’mas』本番でしょう。年末に舞台をしたのは初めてだったんですが、何とまぁ忙しいこと。イベント事やバイトの年末進行、次々に忘年年会も重なり、いつもよりもてんやわんやな年末になりました。ついでに言うと来年3月の稽古も始まりました。
【2005年まとめ】
 今年は本当に実り多き年となりました。なんだかんだいって、合計5本の舞台。得るものが大きかったです。何より大学卒業しての初めての年。3月まではまだ大学生だったんですもん。初めての体験となることも多く、ハワイ旅行や、営業の仕事、新しい出会い、古くからの大切な人との交流。そして、色々な考え方を改めて感じた年でもありました。今年を一言で言うとすると「試しの年」ですね。卒業して自由になった自分をどこまで試せるか、という1年でしたね。選択肢がドバーっと広がったわりに、やることはしっかりと見えていて、学生の時よりも忙しかった点では満足しています。来年に繋がるいい年だったんではないでしょうか。楽しかったです。来年もどうかよろしくお願いします。あ、最後に。”波田陽区”ってどこいったんですか?

スポンサーリンク

仕事納めと忘年会

今年最後の仕事です。
最終日に遅刻しそうでチョイあせりましたが。
昨日が仕事納めの企業もあったようで、朝の電車がやけに空いてました。
まるで休日の電車でしたね。
小さい子供を連れてたおじいちゃんもいて、ほほえましい光景でした。
仕事の方はというと、のんびり年末モード気味。
今年最後の案件もつながらなかったので、インセンティブ逃しました・・・。
来年の数字目指してがんばりますか。
今日は仕事の後は忘年会です。
焼肉食べ放題だそうです。
うちのチームだけだったんですが・・・主催がいろんな人に声かけたんで、とんでもない人数になりそうです。
食べ放題祭り・・・。

スポンサーリンク

数字を追う仕事

舞台が終わって、やっとのんびり年末を迎えられると思ってました。
しかし、仕事柄、年末のこの時期はものすごい大変。
いわゆる”年末進行”ですね(ちがうか?)。
何でもかんでもぶっこんで、とにかく数字を追ってます。
でも勢いがあるとやっぱり数字は上がるもんですね。
わかりました。
「営業は、テクニックよりも売る意気」
これですね。
モチベーションを保ったまま続けている人は、おのずと数字がついていってるし。
これは役者にも大切な能力かと思います。
そういう意味では、いい環境で仕事ができているかも。
もちろん、この環境がストレスになる人も少なくないですが・・・。
こんな性格で、うまくやっていけるようです。

スポンサーリンク

もう年末

本当に、あっという間に年末で、何をしようようにもあわただしさが付きまとってきます。
今している仕事も営業なので、年末(というか今月)の数字を追うために切羽詰ってきてます。
やっとこさ舞台が終わったから、念願(?)の年賀状とか書けばいいのに、クリスマスやら忘年会やらのイベントで、自分だけの時間が正直無くなってます。
でもね、楽しんでるんですよ、かなり。
ゲームとか、クリスマスとか・・・後は年賀状か。
こうやってキーボードを打つ時間も無いけれど、いつも通り仕事の合間にお送りしています。
そんなこんなで、足音を立てて来てしまいますよ、2006年が。
今日は3月の舞台の稽古です。

スポンサーリンク

あまーーいっ!

仕事帰りに地元のスターバックスで、相方と話をしてました。
結構久しぶりに行きました、スタバ。
前回は冷たい飲み物が売れてるときだったかな・・・。
ジンジャーブレッドとかまた出てるんですね。
でも、飲んだのはホワイトチョコレートモカ。
最初はわからなかったけど・・・少し飲んでるとだんだんと感じます。
とてつもなく、あまーいのね。
相方が飲んでたココアが苦く感じるくらい甘い。
こんなに甘かったっけ?
まるでアメリカの味付けみたい・・・。
でも売れるんだよなぁ。
クリスマス前だし、寒い季節にはちょうどいいのかな。

ある駅のホームで・・・

3月にやる舞台の稽古が、19:00からあったんですが、仕事終わりに急いで稽古場に向かっている途中。
最寄り駅に着いたら後ろからちょんちょんと肩を触られ、後ろから呼び止められる。
お年寄りの女性だ。
何の用かと思ったら、いきなり
お婆さん 「私、○○の駅から△△まで行こうとして●▲■~で、×○●」
(片言の英語をしゃべっているようである。結構、発音はいい。よく見ると(失礼だが)、ホームレスのおばあさんのようだ)
お婆さん 「私、メイドインUSA。わかる?」
自分 「はい、それで?」
お婆さん 「500円か1000円持ってるのあんた?」
自分 「ええ、持ってますけど・・・」
お婆さん 「500円でもいいから貸して」
自分 「はい?」
お婆さん 「困ったときはお互い様でしょ、私身分証明書持ってるから、住所も教えるから」
(ここでお金を貸したところで、何が助けになるのかわからないし、いきなり”貸す”という行為に違和感を覚えたので)
自分 「・・・じゃあ、まずは駅員さんのとこに行きましょうか」
お婆さん 「あいつら貸してくれないよ!! あんた持ってるっていったんだろ!! 貸してよ」
自分 「ええ、ですからまずは駅員さんのところで聞いてみてくださいよ。間違ってしまったんなら助けてくれるだろうし・・・」
お婆さん 「××××!!! 話がわからないね!! 若いんだから貸せばいいんだよ!」
(「××××」=僕でもわかる、映画で良く聞く英語です)
自分 「それを言っちゃあ、まずいでしょう、貴方・・・人にものを頼んでるときに」
お婆さん 「そんなんじゃ社会でやってけないよ!」
(大学生に見られてたらしいw。稽古に間に合わないし、どうしたのもか、少し考えてから)
自分 「わかりました。じゃあ駅員のところで住所書いてください。そこで駅員さんに立ち会ってもらえれば、今すぐ貸しますよ」
(少し黙った後)
自分 「行きましょ。僕も時間無いんで」
お婆さん 「私はトイレに行くんで」
自分 「トイレは階段の上じゃないんですか?」
(この駅のトイレはホームにあるのだが、わざとカマをかけてみた。)
お婆さん 「・・・・・。いいよもう・・・」
(ホームから上がる気配がない)
自分 「いいんですか? 貸しますよ」
(そのまま、トイレに行ってしまった)
下のホームにあるトイレに一直線で向かえるという事は、やっぱりこの駅のことは知っていたんだなぁ。
つまり、乗り間違って来てしまったわけじゃないということだ。
冷たいようだが、そこまで甘くないです。
特に自分 は心理学やってたんで、そういうのに耐性ができてるんだし、騙すつもりなら、もうちょっと上手くしないとね。
稽古場について、この話をしたら、
「ブログのネタになったじゃん」
だそうです・・・。
というわけでネタにしてみました。

ちょっとアウェーな~楽日~

いよいよ千秋楽です。
早いなぁ・・・ってそう感じるのも当たり前、2日公演なんですから。
実は2日公演は初めてです。
実際、稽古期間も1ヶ月半ぐらいしかないので、短く感じるわけですが、公演が始まるといつでも、あっという間です。
マチネ (13:00)
3回目の本番。
2日公演だから、いわゆる”2落ち”(2日目ということで緊張感が抜けてしまうこと)や”中だるみ”はないと思われたけど、終了後には演出家からの注意が飛びました。
自分はもちろん全力でしたけどね。
お客さんの反応はやっぱり昼のほうがいいみたいです。
例の特技も笑ってくれるし。
客をいじるアドリブの場面も、反応がよくてやりやすかったです。
例の転換シーン。
今日の戦利品は、”スプーン”1個でした。
軽い軽い。
ソワレ (16:30)
大楽です。
最後の最後、もう二度とこの舞台を演じることはありません。
台詞も一つ一つかみしめて言っているようでした。
人生で「コケ」なんて言うことは、もうないコケ。
大楽なので最後は庄司歌江師匠にも立っていただいて、盛大な最後を迎えることができました。
本当に、最後まで怖かった大ポカがなくて良かったです。
大成功と言ってもらえて、ホッとしたのが正直な感想。
みんな、目にこみあげるものがあったようでした。
コメディーということもあり、楽しい楽しい舞台でした。
今回は、「日テレ学院」主催ということもあり、いつもよりも仲間意識が強く、とてもアットホームなカンパニーでした。
初舞台の人が多かったこともひとつの要因でしょう。
いい意味でも、悪い意味でも、まだまだ甘えがあったけども、いい経験になりました。
このメンバーだけで集まることはもうないとは思いますが、いつかみんながでっかくなって、またこの中のメンバーで同じ舞台に立つことができれば幸いです。
僕自身、最終的に今回の舞台をとても楽しむことができて良かったと思います。
この気持ちは忘れたくないな、と。
そして、観に来てくれた方々!! 本当にありがとうございました!!!
打ち上げだーーーっ!!!!

ちょっとアウェーな~初日~

初日おめでとうございます。
ついに迎えました。
前日一回も通しができなかったので、本日は本番前にゲネプロです。
地獄の3回通しでした。
ゲネプロ
初めての舞台を使った完全通し。
あわただしくも、大ポカもなく無事終わりました。
ただし、ある場面の転換でコップとスプーンが落ちていて、演技中になんとか拾って無理やりポケットへ(コップは相当無理やりw)。
だって僕が処理するしかないんだもん。
本番でも十分ありえるな・・・。
全体的に、みんな、かーなり緊張してましたw。
かくいう自分も、衣装の早替えが怖かったです・・・。
子役の子供が「お客さんもう来てるの?」と、途中で勘違いするくらいピリピリしてました。
マチネ (14:30)
緊張の一回目、初めてお客の前で演じました。
さすが、土曜の昼はプラチナチケットになっていただけあって、客席は満員でした。
結果は・・・思ったよりもお客さんの反応が暖かかくて、おおむね好スタートといった感じでしょうか。
役者の注意点としては、客がウケてくれるんで気持ち良くなってしまい、いつもと違うことをし始めてしまう事。
この部分は、終了後にも演出家の加藤さんに釘を刺されましたw。
例の転換のシーンではなんとバックが丸々落ちてました。
ポケットに入んないよ・・・w。
考えた末、とっさに「なんだこれは・・・」という演技をしながら下袖にバックを、蹴りましたw。
ソワレ (18:30)
昼よりもお客さんの反応がいまいちだった(ように感じた)ため、みんなの演技が若干空回り。
全体的に浮き足立っている。
そんな感じが否めませんでした。
自分的には、調子に乗っていたら、最初のゴスペルシーンでの振りがみんなとズレてしまった。
でもあそこ、お客さんは神父しか見てないよね、きっと・・・と自分に言い聞かせてみる。
ちょい反省。
2日公演なので、当たり前ですが明日は楽日です。
この舞台もあと2回しか演じることができません。
台詞をかみしめて、後悔しないように望もう。
さすがに終電前には帰りましたヨ。

ちょっとアウェーな~仕込み~

やってきました、1年ぶりの「シアターVアカサカ」です。
朝10時に行って搬入の手伝いをしようかと密かに思っていたら・・・、目が覚めたのが10:40。
危ねぇアブネェ・・・。
役者集合時間の13:00にも遅れそうになりましたw。
昨日まで、衣装のこと等をやっていたから、きっちりと準備して朝は迎えられたんですが。
今日の予定は場当たりのみ。
通しは時間の関係でやりません。
つまり明日にゲネプロ(本番同様にやるリハーサル)を持ってくるわけで。
明日は昼夜の本番あわせると、3回公演という強行スケジュールなんですね。
仕込みに関しては、去年の『りめいく』のときも、場当たりまで役者は楽屋作りくらいしかやることがなくてこんなんでいいのってくらい暇でした。
さらに、なんと今回は弁当まで出るという豪華な待遇。
すごいぞ、さすが日テレ。
場当たりをを早回しで返していったけど、やはり時間が足らず、最後のシーンは明日に持ち越し。
朝一で今日の場当たりの続きをやってから、ゲネです。
いよいよ明日は本番!!
がんばるぞぉぉ。

眠いけど更新

なんか、明日仕込らしいです。
明日からは金、土、日の3日間、赤坂で過ごします。
つまり、あと3日で全てが終わるわけですね。
おおハヤーイ。
あっという間に来た、という感じですなぁ。
明日の仕込までに、衣装を作っとかないといかんのですが・・・。
明日はついに実際の舞台が見れるわけですが、毎回いつも問題が起こるはず。
そんなときは必殺の”現場処理”で(笑)。