日別 アーカイブ: 2014年6月28日(土)

2014FIFAワールドカップの出場国のFIFAランキングをまとめてみた

決勝トーナメント (Wikipedia)2014FIFAワールドカップ、先日グループリーグも全日程を終え、日本は惜しくも突破ならずでしたが、各予選グループA-Hまでの8リーグから決勝トーナメントに進出する16国が出揃いました。
興奮の決勝トーナメントは国の威信を掛けての代理戦争ともいわれ、激戦が予想されますが、ここで全出場国の最新の「FIFAランキング」をグループリーグの結果と照らしあわせてみました
中にはジャイアントキリングを成し得たチームもあるようですね。
それでは見てみましょう。 (FIFAランキングはワールドカップ直前の2014年6月5日発表現在のものになります。)

グループリーグ各国のFIFAランキング

グループA

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ブラジル 7 20大会連続20回目 3位
2 メキシコ 7 6大会連続15回目 20位
3 クロアチア 3 2大会ぶり4回目 18位
4 カメルーン 0 2大会連続7回目 56位

グループB

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 オランダ 9 3大会連続10回目 15位
2 チリ 6 2大会連続9回目 14位
3 スペイン 3 10大会連続14回目 1位
4 オーストラリア 0 3大会連続4回目 62位

グループC

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 コロンビア 9 4大会ぶり5回目 8位
2 ギリシャ 4 2大会連続3回目 12位
3 コートジボワール 3 3大会連続3回目 23位
4 日本 1 5大会連続5回目 46位

グループD

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 コスタリカ 7 2大会ぶり4回目 28位
2 ウルグアイ 6 2大会連続12回目 7位
3 イタリア 3 14大会連続18回目 9位
4 イングランド 1 5大会連続14回目 10位

グループE

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 フランス 7 5大会連続14回目 17位
2 スイス 6 3大会連続10回目 6位
3 エクアドル 4 2大会ぶり3回目 26位
4 ホンジュラス 0 2大会連続3回目 33位

グループF

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 アルゼンチン 9 11大会連続16回目 5位
2 ナイジェリア 4 2大会連続5回目 44位
3 ボスニア・ヘルツェゴビナ 3 初出場 21位
4 イラン 1 2大会ぶり4回目 43位

グループG

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ドイツ 7 16大会連続18回目 2位
2 アメリカ 4 7大会連続10回目 13位
3 ポルトガル 4 4大会連続6回目 4位
4 ガーナ 1 3大会連続3回目 37位

グループH

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ベルギー 9 3大会ぶり12回目 11位
2 アルジェリア 4 2大会連続4回目 22位
3 ロシア 2 3大会ぶり10回目 19位
4 韓国 1 8大会連続9回目 57位

各リーグから上位2チーム (国名太字)が決勝トーナメントに勝ち上がっているんですが、衝撃的だったのはグループB、圧倒的なパフォーマンスでFIFAランキング1位を保ってきた前大会王者スペインの敗退でしょうか。

さらに今大会はグループDのイタリアイングランドが共に敗退。ポルトガルもグループGを3位で敗退しており、FIFAランキングでも上位でサッカー強国と言われる国の期待を下回る結果が目立つような気がします。

ちなみに決勝トーナメントに駒を進めた国の中でFIFAランキングが一番低い国はグループFを2位で通過したナイジェリア (44位)。
決勝トーナメントではグループEを勝ち抜いたフランスと初戦で当たります。

アジア勢は0勝3分9敗

なんと、今大会アジア枠で出場した日本オーストラリア韓国イランの4国のトータルの戦績は0勝3分9敗となっております。残念ながら1勝も上げられませんでした

アジアの戦績

  • オーストラリア 1-3 チリ
  • オーストラリア 2-3 オランダ
  • オーストラリア 0-3 スペイン
  • 日本 1-2 コートジボワール
  • 日本 0-0 ギリシャ
  • 日本 1-4 コロンビア
  • イラン 0-0 ナイジェリア
  • イラン 0-1 アルヘン
  • イラン 1-3 ボスニア
  • 韓国 1-1 ロシア
  • 韓国 2-4 アルジェリア
  • 韓国 0-1 ベルギー

オーストラリアは相手が強国だらけのグループBということもあり、1勝こそできませんでしたがいい内容の試合でしたね。
しかしながら、全チームが各グループの最下位で、勝ち点を合計しても「4」という結果で、4国合わせてもでグループリーグを突破できないというまさに「アジア壊滅」という状態です。
次回からのアジア枠を減らされてしまう話もちらほら聞きますが、まぁそれはないでしょう。
今大会の放映権料2000億円のうち約5分の1を日本だけで支払っているというニュースがあった通り、FIFAにとってアジアはとても重要なスポンサーなので。

日本には”次の4年“を考える前にまずは1勝1勝、目先の試合で結果を積み上げていって欲しいですね。