ベクシル

レビュー

ベクシル -2077日本鎖国-

『ピンポン』と『APPLESEED アップルシード』の曽利文彦によるSFアニメ超大作。国産の日本を敵にした映画でもあります。今までも、映画内で海外の描く日本像には悩まされてきましたが、それならいっそのこと敵にしてしまおうと。おおわかりやすい。「ハイテク技術を極めた近未来を舞台に、国際社会から孤立し完全鎖国を行う日本の姿を描く」・・・って、つまりまぁ・・・わかりやすく言うと、日本が完全に"北"状態の設定ですね。おお、この説明が一番わかりやすいな。 声優陣がやけに豪華で、黒木メイサや松雪泰子、大塚明夫らを贅沢に使っています。ん? 谷原章介・・・??
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました