突貫

繋いで繋いで舞台
この記事は約1分で読めます。

IMG_7499最初から最後まで、全部、まるまる『龍 -RYU-』の通しを自分が本役の雷チームで初めて敢行しました。

見えてきたものが明確になってホッとしている人や焦っている人、悔しい思いをする人など様々でしょうが、自分的にはどちらの思いもある通しになりました。
自分がやりたいこと、見せたいと思う場所にはどうしても外部要因、いわゆる共演者の力が必要不可欠です。
自分1人だけで持っていける水準なんてたかが知れているのですよ。
ここまでと決めずに貪欲にクオリティを求めていくことに注力していきたい。
いままでよりもさらに突き抜けていきたい。

ただ、あるシーンの稽古では部分的に見えづらかった感情が、今回の通しで客観的にも主観的にも掴めたのは大きい収穫だったかな。
特に今作はラストまで繋いで繋いで持っていく物語なので通しのほうがやりやすかったのかもしれない。
交通整理もいいけど感情の整理と意思統一を図っていきたいですね。

舞台 龍 -RYU-
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました