あや取り

この記事は約1分で読めます。

ほどいては結んで、また絡まらせ・・・。
1本の線を通すために何度もこの工程を繰り返す。だけども、ここにある1本の線は、端と端が繋がっているあや取りのように決して自分の域を出ない。
ここまできたら一旦全て解いてみて、自分の輪っかの大きさを確認しよう。

コメント

  1. よっち より:

    おはようございます、よっちです!自分の器と引き出す力が弱いことも有り照れも有りと悩み種です。でも自分でしか出ない味を出せるように頑張るしか…
    また、書き込みに来て見ます。 よっちでした。

タイトルとURLをコピーしました