『風-ふう-2』顔合わせ

by axe | 2007年7月28日(土) 23:54

10月の公演、劇団ZAPPA『風-ふう-2』の顔合わせに行ってきました。
実は僕、この劇団は今回で3回目の出演なんですけど、”顔合わせ”に出席したのは今回が初めて。いつもロケや事務所の都合が重なってしまい行けなかったので、どうしても参加したかったので・・・まぁ、撮影が入って1時間遅刻したんですが。
久しぶりに行った稽古場ではキャストの皆さんがもう集まっていて、今回から参加の方やお馴染みの方々までさまざま。まだ正式なキャスト発表はされていないので控えますが、冒頭部分の台本が配られ、みんなで読み合わせをしました。
今作は前作『風-ふう-』 (2007年4月)で名乗りを上げた”新撰組”の「池田屋事件」以降のお話です。いよいよ歴史上での新撰組崩壊が、ZAPPA流で描かれます。
僕は2回目からの読みに参加したんですが、メンバーや組み合わせ的に考えると、「颪組」が本役での出演になりそう。役はなんとなーく、それとなーく言われてるんですが、まだ正式決定じゃないのでなんとも。もし決まったら、いろんな意味で前回以上に考えることが多そうです。しかし同時に、やり応えもありそうな印象。
何はともあれ、ここから約2ヶ月半、10月の本番に向けて始動です。今回の構想をじっくりと時間をかけて話すZAPPAの座長、澤田さんの姿を見て、1人テンションを上げて聞いていたわけです。お客さんよりも先に、こうしてこの舞台 (物語)に関われるわけですから。
このときの感情は、本番が始まる直前まで大事にとっとこう。

スポンサーリンク

コメントする…