自分の中にある自分ではない部分

この記事は約1分で読めます。

上ったり下ったりしながら、段々と精度を高めていくような役作り。
部分的にはやりたいことができている。しかし一貫性がない。それは自分でも分かっているからなんとも歯がゆい。
変化を怖がってる場合じゃないのだけれど、一歩出したいところで、半身しか動けない状態。しかし、一番の原因は平均点の芝居で落ち着こうとする自分の精神力の弱さだと思う。
攻めていかないとこれ以上のモノは生まれない。
変えていくのは周りじゃなく、まず自分からだ。

昭和家族 VS 平成家族 舞台
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

  1. ぺこ より:

    さすがAXEさんですよね~!ぺこは赤点生だからな…
    演出家サンの求められていることすらできない…
    これって役者サン的にどうなんだろう…
    おいらもAXEさんみたく早くならなきゃー(^O^)

タイトルとURLをコピーしました