第78回アカデミー賞を予想してみよう

by axe | 2006年3月6日(月) 09:39

大方はハズれると思うが・・・、ノミネートから予想してみよう。

第78回アカデミー賞予想 by axe
作品賞:『ブロークバック・マウンテン』
監督賞:アン・リー 『ブロークバック・マウンテン』
主演男優賞:フィリップ・シーモア・ホフマン 『カポーティ』
主演女優賞:キーラ・ナイトレイ 『プライドと偏見』
助演男優賞:マット・ディロン 『クラッシュ』
助演女優賞 :レイチェル・ワイズ 『ナイロビの蜂』(仮題)
長編アニメ賞:『ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!』

ふと思い立ったら今日はアカデミー賞発表の日でした。お祭り好きな僕としては見ない手はありません。今日はずっとネットニュースに釘づけです。そこで、あてずっぽうでもいいからなんとなく予想してみることに。
まずは作品賞。『ブロークバック・マウンテン』わかりやすくいうと、ゲイの純愛映画(ホントそのまま)。”同性愛”というタブーを描いたこの作品は、他方で最高の評価を受ける一方、保守的といわれるアカデミー賞がどう評価するかがポイント。2005年のヴェネチア国際映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞したほかゴールデン・グローブ賞まで持っていった勢いでアカデミー賞をも座巻してしまいそう。
監督賞は『ブロークバック・マウンテン』の監督アン・リーでしょう。これについてはかなり自身あり。鉄板です。たとえ『ブロークバック・マウンテン』が作品賞を逃しても監督賞はこの人。アジア人初の監督賞受賞となるか。
主演・助演は男女とも好みで選んだので、あんまり根拠はありません(笑)。だって作品(演技)見てないんだもん。
最後に、日本人唯一注目の長編アニメ賞。日本が世界に誇る宮崎監督の『ハウルの動く城』の受賞はあるんでしょうか。だがここはあえて『ウォレスとグルミット』。アメリカの昔からのアニメ、というかクレイ人形の最新作がぶつかってきたのでズバリ難しいでしょう。これも自信あるかな・・・。ハズれたらごめんなさい。
てか独断と偏見の予想なんだから謝る必要もないか(笑)。
今日の昼までには結果が出ます。

スポンサーリンク

コメントする…