雷チーム粗通し

強「カチッ」舞台
この記事は約1分で読めます。

強入りました「カチッ」とスイッチが。
先ほどの稽古で自分たちのプロ、雷チームの粗通しが無事に終わりました。先日逆プロの通しを体験したこともあってか、思ったよりも本役は落ち着いて通せました。
やっぱり外から見るって大事ですね。
流れというかポジションがわかる。ある程度の立ち方や見られ方がわかっていると地に足ついた芝居もできるってもんです。
考えることがどんどん簡潔化されて役に集中できるからね。

粗通しは一言でいえば「ひっぱった」という感じですね。それぞれが、自分の役を全力でひっぱってまして、そのシーンを作っていた印象。サッカーで言えば個人技重視。これからさらにチームプレイの相乗効果が乗っかってくると考えれば思っていたよりも楽観的に粗通しを終われました。
あとは修正箇所がかなり細かく特定できたのと、自分の役の感情の流れが改めてわかったのが大きいかな。

とにかく、まだまだ、もっともっと。
スイッチは完全に入っているのであとは各々の強度を合わせていく!

舞台 龍 -RYU-
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました