[猿 mashira 2009] 初日

この記事は約1分で読めます。

初日。本番当日についた仕事や段取りなど、ZAPPAならではの出来事はいろいろあったけれどもやっぱり幕は明くわけです。
ゲネ、本番とうまい具合にテンションを持って行けたなぁと思います。
[燎組] ゲネプロ 14:00
はっきり言って、直前までの拘束時間が長かったので、20分の準備でゲネ突入という訳の分からない状態でのスタート。
最終確認と言うよりも、周りのノリに引っ張ってもらって行けた感じ。
それでも入りは思いの外良かったようで、裏プロの忙しさがいい方に働いたと思う。
[燎組] ソワレ 19:00 [85名]
つながらなかったものがつながって、とてもスムーズにむかえられた本番。
裏プロとしても安定していたと思う。
まだ余裕が出てきたというわけではないが、周りを見ながら対応できるようになってきているのを感じた。
楽しみを見いだす
今回裏役でもとくに台詞をしゃべったり、キッカケとなることが多いので、しっかりと気持ちが乗っているとそうでないのでは芝居に影響が出てしまう。
段取りを追っているだけではダメなのだ。
その役の楽しみを見いだすことで自分で見えなかったものを補完しているんだと思う。
これは結構大事。
今回は割と早くに開眼できている・・・気がする。

猿 mashira 2009 舞台
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

  1. ぺこ より:

    今回も楽しみにしております!!
    予定がわかり次第すぐ連絡します☆

  2. axe より:

    >>ぺこ さん
    コメントありがとう!
    劇場でお待ちしております!!

タイトルとURLをコピーしました