第32回 江戸川区花火大会

by axe | 2007年8月4日(土) 23:56

本日の劇団ZAPPAの稽古は、「江戸川区花火大会 ~エキサイティング花火2007~」でした。打ち上げ数、約1万4000発、観客数、約139万人の日本でも有名な大花火大会です。とまぁつまり、稽古は休みにしてみんなで花火見にながら飲んできたわけですね。
この花火大会劇団ZAPPAでは、毎年の恒例行事なんですが (稽古日程に組み込まれているw)、去年の時は僕行けなかったんでね、とても楽しみにしてました。事務所のレッスンが入ってちょっと遅れましたが。
感想は、その名に恥じず凄まじかったです。どこいらへんが”エキサイティング”かというと、まずは下の画像を見ていただこう。

発売日ではありません
めちゃくちゃ混みます。その様子はまさにエキサイティング・・・、というかカオスです。混みすぎて改札が見えませんから。写真は18:30ころの市川駅の改札なんですが (花火大会は19:15から)、この画像だけではカオスっぷりは語れません。まず自分の周囲360度はすべてこの風景です。そしてホームの階段を下りてから15分は、たった15メートル先の改札までたどり着けません。あとこれね、手を伸ばして撮ってんのよ。周囲は人だらけで天然サウナ状態よろしく、殺しでも起きるんじゃーないかってくらい殺伐としてました。何しに来てんだよこの人たちは。浴衣で殺気飛ばしてもしょうがないだろうに。

夜空を照らす連続花火・・・の直前
色、形ともによく取れた写真の中のひとつ
花火は圧巻でしたよ。いやー、ナマで見る打ち上げ花火は、音が楽しめるという点が一番の特徴だろうと勝手に思ってる僕。ナマ最高。みんなと共有する、腹にくるズシンと響く音は、積みあがっていくグルーヴ感と言いますか、ライブのそれのような完成したカタルシスを生みだしてますね。すいません適当なこと言いました。
写真はそれぞれの打ち上げ花火を、デジカメの”打ち上げ花火モード”で撮影したもの。タイミングや色によって写り方は違うし、風がとても強く、全体的にやや右に流れ気味であります。さらに、あたりは隣の人の顔を認識できないくらい真っ暗だが、さすがによく撮れてますな。うん、人影がまたいい、とか勝手に自己完結して載せてます。
ちなみに下の光が反射していて川のように見える部分は、劇団ZAPPAの大型ブルーシートです。
見ごたえのあった花火大会ではあったが、終始流れていたBGMはどうかと思うのであった。

スポンサーリンク

コメントする…