舞台と映像

by axe | 2005年2月6日(日) 23:36

今日は舞台稽古はちょいとお休みして、TCでカメラ実習の本番でした。急遽人数が減ったので、もともと違うグループでADとマネージャーの2役をやるはずだったのが、ADのみになった。スーツ持ってきたのに・・・、なんて心で思いながら「あ、全然おっけーです!!」なんて言ってました。今回のタイトル『本音と建前』ですね。
今回堂々とモニターを見ることができたので、とても勉強になった。本当の現場では、こういうところ結構気を使うのである。さりげなぁくモニターの見えるディレクターの後ろに行ったりして、ポジションを取ったり(笑)。やっぱ、どんなサイズで撮るとか、見え方のイメージが統一されていたほうがはるかに演じやすいですからね。TV(映像)ではその画面サイズが舞台みたいなもんですから。

スポンサーリンク

コメントする…