こねこねこねこね。

咲 emi
この記事は約1分で読めます。

新しい台本が稽古で来るたびに自分の演じるキャラクターに変化がある。
当たり前だけどセリフや仕草、いろんなパーツをもらえるので新たに発見することがとても多い。結末がわからないからそうなるんだけど、これがとても楽しい。
稽古前に台本をがっつりもらって臨めるような劇団ではきっと新鮮な感覚だけど、こう考えることによって自分の振り幅を細かく測れるというか、遊べる。
相手との関係もその都度変わってくるので最低限の軸だけブレないように
まだまだスペースを見つけては埋めての繰り返し。

咲 emi 舞台
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました