昇れ昇れ

word
この記事は約1分で読めます。

どこまで行ってもどこまで行ってもプレイヤー。動いていたい。
どんな立ち位置だろうと、どこに向かっていようと結局は自分と向き合い続ける。
それでもそれを評価するのは見ている人。
自分じゃない。
できることはお見せするその時まで、とことん登ること。
上へ上へ。

word 舞台 鬼 ONI
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました