想定内だか予想外だか

この記事は約1分で読めます。

ふたを開けてみればau一人勝ちのMNP。6日で10万台ですか。しかし、国内5千万台以上を誇る携帯普及台数のうち0.002%の移動がどれほどシェア争いに貢献したのかというと疑問が残るところです。増減合わせて6万台減のドコモからは「痛くも痒くもないよー」という声が聞こえてきそう。けっきょく、2万台減のソフトバンクは目も当てられません (正式にはアナウンスせず)。
もうね、みんなでパイを奪い合うんじゃなくて、新しい事業展開をしてみてはどうだろう。
まず手軽に各キャリア間を移動できるのをもっとオープンにしてみよう。持ってる端末は変わらずに、個々の希望によってキャリアが変わる方式。
現在はドコモのシャープ端末とauのシャープ端末とソフトバンクのシャープ端末とが混在するようなわけの分からない状況なので、キャリア間の垣根を取り払ってしまって同時期に同じメーカーから出る端末は1つでその端末で利用するキャリアをユーザーが自由に選択できるようにする。ちょうどネットのプロバイダ契約みたいなね。そうすれば携帯メーカー各社ももっと開発に注力できて魅力的な商品が続々でてくるはず。どうでしょうGoogleさん、KDDI(au)あたりを買収して参入してみては。
それが実現できればソフトバンクが端末を無料で配り始めるぞ。

IT関連 ニュース モバイル
スポンサーリンク
axeをフォローする
この記事を書いてる人
axe

俳優活動をしています。
主に日記が中心のブログサイト。日々思ったことを、思ったままに書いております。ゲームやデジタルガジェット、映画などのレビューも。
出演予定の舞台情報もこちらで発信中。

axeをフォローする
axe.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました