BQMAP 『カムナビカンカン』

カムナビカンカンレビュー
この記事は約2分で読めます。

カムナビカンカン

作品概要

BQMAP page.171147
『カムナビカンカン』

Cast

前田剛
臼井琢也
矢部亮
竹内順子
高瀬郁子
丘崎杏
知桐京子
土屋真由美
明神杏奈
伊藤菜実子
雄賀多あや
齋藤智美

柴木丈瑠
松川央樹
山口智広
川畑亮人
小林宏樹
鈴木優志
山﨑大喜

Staff

作・演出・美術: 奥村直義
音楽: 佐藤太・竹下亮

Time table

[2017年11月29日(水)-12月3日(日)]
11月29日(水) 19:30
11月30日(木) 19:30
12月01日(金) 19:30
12月02日(土) 13:00/18:00
12月03日(日) 13:00
青字=観にいった回
[上映時間: 約120分]

Ticket

前売・当日: 4,000円
学生: 3,500円 (高校生以下)
ペア: 7,500円
当日: 各500円増
(全席指定)

Place

シアターサンモール
(→新宿御苑駅 徒歩5分)

リンク

公式サイト: http://www.bqmap.com/

ストーリー

日本大学芸術学部在学時に、奥村直義を主宰として旗揚げされたBQMAP。
オリジナルの音楽や叙情的な台詞にも定評がある。

祭りの日には入ってはいけない山。
それは知っていた。
けれどぼくらは登らなくちゃいけなかった。
彼女を助けるために。

(公式サイトから引用)

インプレッション

ある理由から疎遠になっていた地元の田舎に帰った主人公。
子供の頃、あの時ふと感じた瞬間の思い出を辿っていき、大切な存在を再認識し、当時の真相に近づいていくというノスタルジックでミステリアスな世界が丁寧に、ギリギリなリアルとの狭間で交錯していくお話です。
ファンタジーではあるんですが、しっかりと台詞で見せていくお芝居で、途中何回も小学生の頃の回想シーンが入ります。そこでのテンションや子供同士の仕草、子供の頃のあの感じ!
ああーあのエネルギーは忘れたくないなぁと思いながら眺めておりました。

ストーリーはどちらかと言えば淡々としていて静かに山場に持っていく感じなので好みは別れると思う。
個人的には感情移入できるキャラクターがあまりいなかったので傍観しているイメージが強かったかな…。

モノローグが多めの芝居だからか、台詞回しが丁寧な役者さんがとても多い印象。
とても耳触りの良い台詞ばかりでした。

評価: ★★★☆☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました