年別 アーカイブ: 2008

2008年を振り返ってみる

2009年がやってくるぞぉぉーっ!
と、いうわけで大晦日はだらだらと今年を振り返ってみたいと思います。どぞ。

1月
おみくじは「大吉」でした。恒例のスキー場にも行ったり。
それ以外はだらだらと、このサイトの趣旨に合うようなくっだらない記事ばかり。いいですねー。ノッてましたねー。
2月
新しい挑戦をした月。またやもがいてみたんですが、得るものがあったかはもう少し時間がかかりそうです。
3月
なんとですね、引越ししました
聞いてはいたんですけども、いろいろ大変なんですねー引越し。ここからは当分引っ越し日記が続くかと思わせといて、更新頻度がガッツリ落ちますw
4月
ようやく新しい家に住み始めていろいろ書いてますね。
あ、新居のネット開通無線LAN構築に躍起になってました。どうしてネット開通直後は速度にこだわるのか、どうせ100MBとか出ないんだけど、速度測定サイトに行きまくるというね。まぁでもね、7MBくらい出てれば十分だということがわかった。
そうそう、またエイプリルフールネタやってました。
5月
今年1本目の舞台出演がさくっと決まってしまいました。それくらい。ホントそれくらいか!!
6月
今年一番更新頻度が落ちた月。なんでしょうね、引越しやらの余波でちょうど忙しさの波が来たっていうか・・・なんというか、アレです、ただのサボリです。舞台稽古とかものすごく大変だったわけでもないしね。
7月
劇団命 ~みこと~『君に、桜の花の祝福を』の本番でした。実は今年1本目。参加が協力出演的な位置だったんですがいろいろといい経験をさせてもらいました。
そして、この月は大作映画の目白押しでしたね。『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』と『崖の上のポニョ』。どちらもガッカリというほどではなく、そこそこ堅調な評価でした。
ちなみに9月の劇団ZAPPA『花 hana』の、初稽古が始まりました。
8月
ようやくようやくようやく我が家にエアコンが実装されましたー。ここまでには地味に長い道のりでした・・・。結局は夏を越してしまうし。
あとはまぁアレです。ZAPPAの稽古だらけです。
9月
一ヶ月間ほぼ『花 hana』でした。本番も無事に終わりましたが、ボクの右足首は無事とはいえませんでした。生まれて初めて靭帯やっちまったー。
ただ、自分の中でもとても貴重な体験とともに一段高みを見ることができた舞台でした。感謝。
ちなみに11月本番の劇団花鳥風月『花散る海』の顔合わせもありました
10月
『花散る海』の稽古日記ばかり。
そしてなんと、9月の劇団ZAPPA『花 ~hana~』が池袋演劇祭で”優秀賞“をいただきましたー!! 本当にありがとうございました。
あとは、年々と存在感を強めているハロウィンがあったり。
11月
花散る海 ~途中の人 partII~』の本番。こちらもとても濃い時間を過ごさせてもらいました。あー本当にいい役ができたなぁ。
12月
観劇や映画を観まくってました。
後半は忘年会とか忘年会とか忘年会とかちょっと年賀状とか。

2008年まとめ
今年はとにかく質の高い舞台に出演できたことが大きい。
自分の中での役者としての生き方を改めて考えさせられるいい経験でした。
役との向き合い方に関しても、新しい発見がいくつもあって、芝居で絡ませてもらった様々な共演者の人たちに自分を押し上げられたと思います。
生活面ではなんと言っても”引越し”。生活環境がガラリと変わったということはないので逆にビックリですが無事に年を越せそうで安心しています。
何気に引っ越す前から実家で一人暮らし状態だったからかなぁ。
今年もいろんな方のお力を借り、ご迷惑をかけたりかけられたりしながら1年を面白おかしく過ごすことができました。そーいう「悪くなかったな」と思える生き方がベストだと思います。
来年もこうやってまた一つ年を重ねていけたらと。
そうして、何かほんの少しでも誰かに影響を与えられる年にしていきたいです。

【関連記事】

スポンサーリンク

[最近のレビュー] 2008年10月-12月

10月-12月までのレビューまとめです。
今期は11月に舞台があったんですが、かなりの作品を観ることができました。
映画:15本
舞台:7本

芝居という分野においては、演るのも大事だけど、観るのが本当に勉強になると思う。
来年も、もっといろんな作品を観ていきたいなぁ。
【映画】

『ディパーテッド』 – 2008年10月6日 (月)
データ:2006年/アメリカ/152分/R-15指定 [ワーナー・ブラザーズ]
受賞:第79回アカデミー賞 4部門受賞 (作品賞、監督賞、脚色賞、編集賞)、第64回ゴールデングローブ賞 (監督賞)
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ テンポがよく、完成度の高い作品。男がカッコイイ。

『ルイスと未来泥棒』 – 2008年10月11日 (土)
データ:2007年/アメリカ/95分 [ブエナビスタエンターテインメント (ジャパン)]
鑑賞方法:レンタルDVD [日本語吹替版]
評価:★★★☆☆

→ SF好きと子供ならば観といて損はない。

『シュレック3』 – 2008年10月19日 (日)
データ:2007年/アメリカ/93分 [アスミック・エース]
鑑賞方法:レンタルDVD [日本語吹替え版鑑賞]
評価:★★★☆☆

→ 誰も望んでいないリアルをCGアニメで作り続けるのだろうか。

『亡国のイージス』 – 2008年10月21日 (火)
データ:2005年/日本/127分 [日本ヘラルド、松竹]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ 考えながら観なくてはまるでテーマが入ってこない作品だが、興味があるならば、それだけで観る価値はある。

『アイ・アム・レジェンド』 – 2008年10月27日 (月)
データ:2007年/アメリカ/100分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ 設定で魅せる大作。無駄がないまとまった演出。

『レッドクリフ Part I』 – 2008年11月29日 (土)
データ:2008年/アメリカ、中国、日本、台湾、韓国 /145分 [東宝東和、エイベックス・エンタテインメント]
鑑賞方法:新宿バルト9 (8番シアター)
評価:★★★★☆

→ 圧倒的な数とスケールで観るものを惹きつける。興味があるならば是非映画館で。

『オーシャンズ12』 – 2008年11月30日 (日)
データ:2004年/アメリカ/125分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:DVD
評価:★★★☆☆

→ クールを追求した極上の演出。

『用心棒』 – 2008年12月2日 (火)
データ:1961年/日本/110分 [東宝]
鑑賞方法:DVD
評価:★★★★☆
→ 圧倒的な存在感と迫力。

『椿三十郎』 – 2008年12月3日(水)
データ:1962年/日本/96分 [東映]
鑑賞方法:DVD
評価:★★★★☆

→ 思っていたよりもコミカル。

『父親たちの星条旗』 – 2008年12月4日(木)
データ:2006年/アメリカ/132分 [ワーナー・ブラザーズ]
受賞:第49回ブルーリボン賞、第30回日本アカデミー賞最優秀外国作品賞受賞作品
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ ドラマではなく”戦争”を描いたドキュメンタリー。

『クローバーフィールド/HAKAISHA』 – 2008年12月7日(日)
データ:2008年/アメリカ/85分 [パラマウント]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ 見せ方と演出だけで1本撮ってしまった映画。

『硫黄島からの手紙』 – 2008年12月8日(月)
データ:2006年/アメリカ/141分 [ワーナー・ブラザーズ]
受賞:アカデミー賞「音響編集賞」、ゴールデングローブ賞「最優秀外国語映画賞」、第31回日本アカデミー賞「最優秀外国映画賞」
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ できうる限りのリアルな戦場を描いた作品。

『バットマン ビギンズ』 – 2008年12月10日(水)
データ:2005年/アメリカ/141分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ 完成度が高すぎる新シリーズ。

『ボーン・スプレマシー』 – 2008年12月11日(木)
データ:2004年/アメリカ/108分 [UIP]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ テンポがいい、秀作。

『WALL・E/ウォーリー』 – 2008年12月19日(金)
データ:2008年/アメリカ/97分 [ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン]
鑑賞方法:新宿ピカデリー (2番シアター)
評価:★★★★☆

→ どストライクの設定と完成度。オススメ。

【舞台】

『悪っぱれ』 – 2008年10月10日(金)
ATT
[10月10日(金)] 公演時間:約80分
北トピア つつじホール
チケット:¥1,000
評価:★★★☆☆

→ やろうとしていることが面白い。

『ベントラー・ベントラー・ベントラー』 – 2008年10月12日 (日)
Piper 10周年記念公演第二弾
[10月08日(木)~10月19日(日)] 公演時間:約110分
全労済ホール/スペース・ゼロ
チケット:前売 6,500円、当日 6,800円
評価:★★★★☆

→ 贅沢で豪華な舞台。

『東京ZOOM II』 – 2008年12月 5日 (金)
Air studio プロデュース公演
[12月04日(木)~12月08日(月)] 公演時間:約60分

銀座 Air studio
チケット:2,500円
評価:★★☆☆☆

→ 個々のまとまりが感じられない。

『遠くの空はカナダから、近くの海は瀬戸内海』 – 2008年12月 6日 (土)
清水康栄プロジェクト#1 (旗揚げ公演)
[12月15日(金)~12月07日(日)] 公演時間:約120分
Pit北/区域
チケット:¥1,500
評価:★★★☆☆

→ 見せたい物がいっぱい。

『魔王と歌姫』 – 2008年12月 9日 (火)
劇団キリン食堂 第4弾
[12月09日(火)~12月14日(日)] 公演時間:約120分
新宿SPACE107
チケット:4,500円
評価:★★☆☆☆

→ キャストのバランスがいろんな方向へ行ってしまうとこうなるんだなぁ、と。

『デイドリーム・テクノデーテ -藍沢幻想夢奇譚-』 – 2008年12月12日 (金)
MFビレッジ 公演
[12月12日(金)~12月14日(日)] 公演時間:約100分
東松原ブローダーハウス
チケット:2,000円
評価:★★☆☆☆

→ 面白い設定と独特の世界観。

『FUNNY TRAVEL』 – 2008年12月14日 (日)
劇団ICHIGEKI☆必殺 Vol.5
[10月10日(金)] 公演時間:約105分
阿佐ヶ谷シアターシャイン
チケット:2,000円
評価:★★★★☆

→ 役者がよければそれだけで気持ちいい。

[まとめ]
とにかくたくさんの作品を観ました。
映画の中でオススメなのは公開中の『レッドクリフ Part I』と『WALL・E/ウォーリー』。どちらも期待以上に面白かったという点で是非。迷っているなら映画館で見てほしい作品。
もう一つは『用心棒』。昔の作品だが、今見ても色あせない迫力には圧巻です。
来年はもう少しいろいろな方面の作品を観ていきたいと思います。

【関連記事】

スポンサーリンク

忘年会とオールと電車

忘年会の連発で完全に朝7時以降に布団に潜り込む生活に。
ボクは適応能力が無駄に高いので、同じ生活環境が3日くらい続くと普通に慣れてしまって深夜に覚醒してしまうんですよ最近。深夜5時とかにぜんぜん眠くならなくなってきた体をどうにかしたい。
ただ、この時期の電車の座席の暖かさはとても気持ちがよく、気を抜くと帰りの電車でタイムリープしてしまう確立がグンと跳ね上がる。なんですかねアレ、急行で36分かかる時間なのに、少し気を抜くと1分くらいの体感時間で着いてしまうので、精神と時の部屋みたいな。
なんでああいうのってドアが閉まる瞬間とかで目が覚めるんでしょうかね。
とまぁ、今日もこれから高校時代の演劇関係の忘年会ですよい。

スポンサーリンク

名言考えた

今考えた

「私は、このチームの”薬指”的な存在になりたい」
これ使っていいですよスポーツ選手の皆さん。
考えれば考えるほど深いって、勝手に頭のいい記者さんが解釈してくれますから。

スポンサーリンク

年末ジャンボ (第550回全国自治宝くじ)を、バラ10枚で買ってみた

第550回 年末ジャンボ年末ジャンボの季節がやってきました。
たった300円の紙切れ1枚で億万長者になれるという夢の宝くじでございます。

このサイトでは去年、2007年の年末ジャンボ宝くじを公開するというなんとも浅はかなネタ記事を書きました。が、公開したものの抽選結果がかすりもせず、なんとも企画倒れなネタとなってしまい結果発表の記事すら書いていないという始末。
実に1年ぶりに、去年の結果を発表します。
Continue reading

クリスマスなんてっ!!

リスマスなんて大嫌いだヨ!!
クリスマスだからといって何かしなきゃいけないようなこの空気に、なんとなく流されるのがなにかとても嫌だよチクショウ。無信仰の俺たちが目的なくクリスマスって雰囲気に便乗してんじゃねぇよととても滑稽に感じてしまうヨ。
クリスマスは何をする日なのかを明確に定義していないのが気持ち悪いのかなぁ。
別に正月みたいに年の移り変わりを感じるわけでもないし日本には1%も満たないキリスト教徒以外の方が、どれだけイエス・キリスト生誕のことを考えているかも疑問だし。
子供にとってはサンタクロースの日。これはわかりやすい。正義。紛れもない正義。だから「iPod touch」をボクが手に入れることができれば納得できる。
コンビニの店員までサンタのコスチュームしてなんだよあのテンションは。そこまでクリスマスをメリーさせたいのかっ・・・オレたちに!!

買ってきました アイスケーキ

とは思ってたんですけど、なにか雰囲気に呑まれて買ったサーティーワンのアイスクリームケーキがうまかったからまぁ良し!!
なんだかんだ言ってクリスマスを満喫しているわけです。
こうして聖なる夜をむかえた5日後にはみんなクリスマスツリー撤去してお正月飾りや門松を並べるわけですね。特に12月24日を過ぎてからの切り替えの早さは異常。
まぁ、一宗教の記念日に国を挙げて盛り上がれる日本は平和ってことですよね。
ただ、最近のハロウィンの盛り上がりを見ていると、そのうち「ハロウィンはプレゼント交換を!」みたいなメディアによる刷り込みが出てきそうで怖い。
しかし、こういうところがニホンジンのとてもいいところだと思うのですよ。
ニホンジン最高!!

2008年の映画興行収入ベスト・テン発表、トップは『ポニョ』

この前紹介した、今年の洋画興行収入のベスト・テンに続き、国内での邦画、洋画を合わせた今年の映画興行収入トップ10がほぼ固まったので、1位から20位までを抜粋してみた。

2008年のヒット映画トップ10は?
1位:『崖の上のポニョ』 154億円
2位:『花より男子ファイナル』 77.5億円
3位:『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』 57.1億円
4位:『容疑者Xの献身』 50億円
5位:『レッドクリフ Part I』 48億円~50億円(推定)
6位:『劇場版ポケットモンスター ギラティナと氷空の花束』 48億円
7位:『相棒』 44.4億円
8位:『アイ・アム・レジェンド』 43億円
9位:『ザ・マジックアワー』 39.2億円
10位:『20世紀少年』 39億円
11位:『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 35億円
12位:『ドラえもん のび太と緑の巨人伝』 33.7億円
13位:『マリと子犬の物語』 31.8億円
14位:『ハンコック』 31億円
15位:『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』 30億円
15位:『おくりびと』 30億円
17位:『魔法にかけられて』 29億円
18位:『ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記』 26億円
19位:『ウォンテッド』 25億円
20位:『名探偵コナン 戦慄の楽譜』 24.2億円
(一部抜粋)

全体的な興行は昨年と比べると大幅にダウン。そして「邦画の健闘」というよりは、洋画がパワーダウンした感は否めないランキングとなった。そして20位以内に4作もランクインしているアニメはやはり強い。
20位までの邦画と洋画の割合は
邦画:11作品 (571.8億)
洋画:9作品 (326.1億)
となり、全体の興行収入の6割強を邦画が占めている。総製作費60億円の『20世紀少年』のネットでの評価が肩透かし気味だったが興行収入に響いているのかはわからないが、やや物足りないのは事実。来年公開される続編はどうなるのか。
『おくりびと』は未鑑賞だが、単館系にして口コミからのヒットはすごい。是非観たい作品である。
先日公開されたばかりの『WALL・E/ウォーリー』も公開2日間の興収が、およそ4億5000万円ということで、興収40億円は超えてくるであろうとのこと。『ハリー・ポッター』の新作が延期したことでお正月映画の大本命となった。

【関連記事】

大掃除の基本

1年経つとゴミゴミしてくるんですよね、いろんなところが。
無造作に散乱したものを片付け、一連の場所にまとめる。
いらなくなったものはきっぱり捨ててしまい、入りきらないものは別の場所に。
普段やらないアップデートにも手を出してみたり。
部屋の大掃除をやろうとしたら、PCのデータ整理に手を出して1日が終わってしまうという。
実際の掃除でもフォルダ分けとタグやラベル管理出来ればいいのに。

白紙の年賀状

年賀状 見本この時期になると、毎年日本郵便の回し者がみんなして年賀状を作らせようと大攻勢を仕掛けてきます。
ボクも毎年家族が使う年賀状のデザインや宛名の印刷をしているので、そのついでに自分の分もデザインしてます。しかし、例年のごとく出遅れて手をつけるので自分の分は締め切りに間に合うかどうかでいつもヒーヒー悩んでおります。今年「出す」か、「出さない」かを!!

Continue reading

Cドライブの容量が足らないので「EASEUS Partition Manager」を使ってみた

メインで使ってるノートPCのシステムを入れているCドライブが大変なことになっていまして、空き容量がなんと210MBという、もう「どこのUSBメモリだよっ!!」てな感じに。これでは新しいアプリを入れるどころか、通常に使っているだけで「Cドライブの容量が足りません」なんて警告が出る始末。

とことんまでいらないアプリをアンインストールして、ディスククリーンアップをしきってこの容量だからどうにもなりません。

ありえない

個人ファイルを入れているDドライブは十分に空いているし溜まってきたら外付けHDDに逃がせばいいんだけど、システムファイルが入ってるCドライブはそう簡単には移動できません。
もっとCドライブのパーティションを多めに区切ればいいんだけど、通常パーティションを設定するには一度フォーマットしてOSの再インストールしないといけなくなってしまうので現実的ではありません。
Continue reading