日別 アーカイブ: 2007年9月13日(木)

金と銀の鬼

チラシ
X-QUEST PRESENTS
『金と銀の鬼』
[Cast]
伊勢直弘、トクナガヒデカツ、佐藤仁美、市川雅之、荻窪えき、清水宗史、塩崎こうせい、大西小西、谷口洋行、野地春秋、高田 淳、金木孝明、横内亜弓、片桐はづき、宮脇 愛、猪狩敦子 (bpm)、上杉晋平 (オフィス★怪人社)
[Staff]
脚本・演出:トクナガヒデカツ
照明:田中徹 (テイク・ワン)
音響:中村成志 (SoundGimmick)
音効:中田摩利子 (OFFICE my on)
舞台監督:横尾友広
音楽:隆勇人
振付:野地春秋、塩崎こうせい、若原幸
衣装デザイン:若原幸
衣装:若原工房
衣装製作:田口裕美
舞台写真:荒多恵子
アーティスト写真:石澤知絵子
宣伝美術:emmy
殺陣:x-BLADE
演出助手:高野麻利恵
制作:高橋のぞみ、山崎志保
制作協力:SUI
企画制作:X-QUEST、アップフロントワークス
主催:オデッセー
[Time table] 青字=観にいった回
09月12日(水) 19:00
09月13日(木) 19:00
09月14日(金) 19:00
09月15日(土) 14:00、19:00
09月16日(日) 14:00、19:00
09月17日(月) 13:00、17:00
 [上映時間:約120分]
[Ticket]
前売:4,000円
当日:4,500円
 (全席指定)
[Place]
シアターVアカサカ
(→赤坂駅 5番出口より徒歩5分)
[劇団 公式サイト]
X-QUEST on WEB
http://x-quest.jp/
[ストーリー]
 人里離れた、鬼の里を治めるのは「金」と「銀」という鬼の兄弟。
 「銀」はある日、「金」を出し抜こうと飛行術を研究している「人間」に近づく。
 しかし、やはり鬼の頭首を狙う「鐵」はこの事ろ利用して…。
 時、同じく「桃太郎」「緑丸」という剣豪が鬼の里にやってきた-!
(チラシから引用)
[インプレッション]
「桃太郎」に出てくる”鬼”に視点をあてた作品で、殺陣と芝居がテンポのいい芝居でした。
今回、初めて観る劇団なんですが、序盤からいきなりの大立ち回り。鬼と戦う黒いスーツ姿の男たちが、妙なかっこよさになっていていい。ミスマッチ的な何かを狙っているのかと思ったら、その後スーツ姿の男は一切出てきませんでした。
僕も語れるほどやってはいませんが、殺陣はBGMにあわせてアクションを見せていく、どちらかというとダンスのような感じの軽快な部類でして、いま劇団ZAPPAでやっている殺陣とはまた異なるもの。持っている獲物も、僕らはジュラという模造剣に対して、この劇団は銀色の棒状の鞘もない剣 (割とよくあるらしい)でした。軽いのでくるくるとよく回していたのが印象的でした。どちらがいいとかではないんですが、アクションに関しては多すぎて、シーンによって完成度の差がはっきり見えたかな。でも、全体的には豪華なつくりでした。
内容は、結構複雑そうなことをやっているんですが、終わってみれば一本道のお話しをなぞっていくカタチなので、そこまでこねくり回せないような感じなんですが、いろいろと紆余曲折な理由をつけて何とか最後まで見てみると、2時間しか経ってませんでした。もうちょっと長く感じてしまいましたが。脱線が多すぎてちょっと疲れたのかな。やっていることは楽しいんですが、見たいものがちゃんと見れないような軽いストレスがあったのかもしれません。
評価:★★★☆☆

スポンサーリンク

[風-ふう-2] キャスト表 (写真入もアリマス)

正式キャストが早々に決まっているので(当たり前かw)、両組観に来てくれる方のためにキャスト表を作成しました。僕の本役は”颶 (つむじ)組”なんですが、今回は颪組では裏役(平隊士や殺陣のかかり)が思いっきりできそうです。前回の『風-ふう-』では両組とも一応役付きだったのであまり身動きが取れませんでした。
写真入りのキャスト表はコチラです。
劇団ZAPPAの最後の良心」こと最高の美術、すーびょんさんが作成してくれた特設ページに飛びます。実はさりげなく公演告知の記事にも載せさせていただいてまして、非常に見やすいです、ていうかここ見ればいいんじゃないかと思うとせっせと表組んでる自分が・・・。いいや、敢えて載せますので (SEO的に)、ご覧ください。
左側の表記は役名です。
■ 劇団ZAPPA『風2-ふう-』 キャスト表

劇団ZAPPA 第11回公演
『風2-ふう-』

東京芸術劇場 小ホール1
2007年10月12日(金)~21日(日)
颪 (おろし)組

近藤勇: 川守田 政人 (東京ギヤマン堂)
土方歳三: 坂井虎徹 (蓮エンターテイメント)
沖田総司: 赤座直樹 (劇団ZAPPA)
山南敬助: 寺岡 哲 (Studio Life)
永倉新八: 殺陣ひろし
原田左之助: 堂前俊匡 (オフィスJOY)
藤堂平助: 堀口大介
三木三郎: 都筑大輔 (81プロデュース)
須磨: 根本のりか
服部武雄: 倭文 俊
毛内監物: 小菅達也 (劇団 命~みこと~)
河合耆三郎: 岡田昌也
おゆう: 松菜美樹
お袖: 沖田峯子 (unit tokyo style)
お絹: 中西和子
吉村貫一郎: 山本常文 (思誠館道場)

颶 (つむじ)組

近藤勇: TEKU (SUN段銃三世)
土方歳三: 南 利寛 (劇団ZAPPA)
沖田総司: あやいち (B.S.CAL)
山南敬助: 藤井としもり
永倉新八: 草野元紀
原田左之助: 北崎秀和 (ホシイカトライブ)
藤堂平助: 片柳克敏
三木三郎: 斧口智彦 (ニチエンプロダクション)
須磨: 桃 (劇団ZAPPA)
服部武雄: 山本常文 (思誠館道場)
毛内監物: 神山克己
河合耆三郎: 木皿雄千 (笑劇ヤマト魂)
おゆう: 三島冨美子 (劇団ZAPPA)
お袖: 荒井麻理
お絹: らむ (東京スモッグ)
吉村貫一郎: 倭文 俊

両組共通
伊東甲子太郎: 澤田正俊 (劇団ZAPPA)
瓦版他: 矢ヶ崎昌也
おいと: 岡本あやか


細かいところですが前作との違いをあげると、新撰組の試衛館では颪組の山南と藤堂に変更が出ていますね。
前回で僕が演じていた安藤早太郎 (颶)と松下喜三郎 (颪)がどうなったのか説明しておきましょう。
安藤は劇中池田屋で身を挺して死んでしまったのでもういません。残念ながらドラゴンボールもありません。
喜三郎は池田屋で宮部が倒され、何とか逃げおおせて生き残ります。そして、なんと今回名前を”やや変えて”劇中に出てきます (ホントにやや)。僕の役じゃないんですけどね。キャスト表を見ればすぐに分かるはず。どういった形で物語に絡んでくるのかは観てからのお楽しみということで。
前作を観た方はそういったつながりを意識してみるとより楽しめる内容になっています。
ちなみに、前回の喜三郎の妹おゆうは今回まったく同じキャストで、より重要な人物になっていますのでおゆうファンは必見。
※ 何度もいいますが、「前作を観ていなくても十分に楽しめます!!」

スポンサーリンク