2018FIFAワールドカップの出場国のFIFAランキングをまとめてみた

by axe | 2018年6月30日(土) 02:48

決勝トーナメント (Wikipedia)いやー大会前の評判からは打って変わって、日本がまさかの快進撃を見せ2018FIFAワールドカップが非常に盛り上がってまいりました!
今大会は毎回優勝候補に上がるイタリアオランダがまさかのワールドカップ出場を逃しており、FIFAランキングでも上位にいるチリなども不在の大会となっております。

グループリーグも全日程が終わり日本を含む各予選グループA-Hまでの8リーグから決勝トーナメントに進出する16国と対戦カードが決定しました。
そこで、4年前の前大会同様、2018FIFAワールドカップロシア大会の全出場国最新の「FIFAランキング」をグループリーグの結果と照らしあわせてみました
ちなみに2014年FIFAワールドカップブラジル大会の記事はコチラ
それでは見てみましょう。 (FIFAランキングはワールドカップ直前の2018年6月7日発表現在のものになります。)

グループリーグ各国のFIFAランキング

グループA

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ウルグアイ 9 3大会連続13回目 14位
2 ロシア 6 2大会連続11回目 70位
3 サウジアラビア 3 3大会ぶり5回目 67位
4 エジプト 0 7大会ぶり3回目 45位

グループB

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 スペイン 5 11大会連続15回目 10位
2 ポルトガル 5 5大会連続7回目 4位
3 イラン 4 2大会連続5回目 37位
4 モロッコ 0 5大会ぶり5回目 41位

グループC

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 フランス 7 6大会連続15回目 7位
2 デンマーク 5 2大会ぶり5回目 12位
3 ペルー 3 9大会ぶり5回目 11位
4 オーストラリア 1 4大会連続5回目 36位

グループD

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 クロアチア 6 2大会連続5回目 20位
2 アルゼンチン 4 12大会連続17回目 5位
3 ナイジェリア 3 3大会連続6回目 48位
4 アイスランド 1 初出場 22位

グループE

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ブラジル 7 21大会連続21回目 2位
2 スイス 5 4大会連続11回目 6位
3 セルビア 3 2大会ぶり12回目 34位
4 コスタリカ 1 2大会連続5回目 23位

グループF

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 スウェーデン 6 3大会ぶり12回目 24位
2 メキシコ 6 7大会連続16回目 15位
3 韓国 3 9大会連続10回目 57位
4 ドイツ 3 17大会連続19回目 1位

グループG

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 ベルギー 9 2大会連続13回目 3位
2 イングランド 6 6大会連続15回目 12位
3 チュニジア 3 3大会ぶり5回目 21位
4 パナマ 0 初出場 55位

グループH

順位 国名 勝点 W杯出場回数 FIFAランキング
1 コロンビア 6 2大会連続6回目 16位
2 日本 4 6大会連続6回目 61位
3 セネガル 4 4大会ぶり2回目 27位
4 ポーランド 3 3大会ぶり8回目 8位

各リーグから上位2チーム (国名太字)が決勝トーナメントに勝ち上がっております。
まず驚いたのは、グループF、前回優勝国でFIFAランキング1位のドイツが予選リーグ敗退という結果に。
1戦目のメキシコに1-0敗れ、最終戦韓国にも2-0で敗れ1次リーグで敗退決定という今大会1番のジャイアントキリングを成し遂げられてしまいました。前大会ブラジルを7-1で倒したパフォーマンスは見られませんでした。
ちなみに現行方式のワールドカップになってからドイツの1次リーグ敗退は史上初とのこと。

ここ3大会、前大会王者がグループリーグを敗退してしまうジンクスが発生しております。
2002日韓大会 フランス (1次リーグ敗退)
2010南アフリカ大会 イタリア (1次リーグ敗退)
2014ブラジル大会 スペイン (1次リーグ敗退)
2018ロシア大会 ドイツ (1次リーグ敗退)

そして今大会では1試合目で敗れたドイツの他、アルゼンチンの格下アイスランドとの引き分けで危うくグループリーグ敗退の危機など、なにが起こるかわからない結果が多い大会です。
しかしながら、各グループごとの最終結果を見てみると、だいたい順当に強豪国が決勝トーナメントに駒を進めていますね。

ちなみに決勝トーナメントに駒を進めた国の中でFIFAランキングが一番低い国はグループAを2位で通過したロシア (70位)。次いで日本 (61位)です。
ロシアは開催国の有利性が働いてますが、決勝トーナメントではグループBを1位で勝ち抜いた優勝候補スペインと当たります。

グループHの日本は最終戦こそ負けてしまいましたが1勝1分1敗と、同グループ3位のセネガルに対し勝点4、得失点差0、総得点4と全く同じスコアで並び、フェアプレーポイントで僅差の2位となりました。同時刻で行われていたコロンビアセネガルでコロンビアが1-0とリードをしている状態だったので、ポーランドとの最終戦は1点のビハインドを負ったまま終盤このレギュレーションに従い、「1-0で負けたまま何もしない」ことで8年ぶりに決勝トーナメントへ進出を決めました。
セネガルが残り時間で1点でも決めてしまえばすべてが水泡に帰す賭けでもありました。
この試合運びには賛否両論ですが、試合後に選手が語った「これがプロの世界」という言葉にすべてが詰まっていると思います。
日本の決勝トーナメント初戦はグループGを1位で通過したベルギーと戦います。

アジア勢は4勝3分8敗

今大会のアジア勢、日本オーストラリア韓国イランサウジアラビアの5カ国のトータルの戦績は4勝3分8敗となっており、前大会アジア枠4カ国の0勝3分9敗よりも好成績となっております。4年前は残念ながら1勝も上げられませんでしたから

アジアの戦績

  • サウジアラビア 0-1 ロシア
  • サウジアラビア 0-1 ウルグアイ
  • サウジアラビア 2-1 エジプト
  • イラン 1-0 モロッコ
  • イラン 0-1 スペイン
  • イラン 0-0 ポルトガル
  • オーストラリア 1-2 フランス
  • オーストラリア 1-1 デンマーク
  • オーストラリア 0-2 ペルー
  • 韓国 0-1 スウェーデン
  • 韓国 1-2 メキシコ
  • 韓国 2-0 ドイツ
  • 日本 2-1 コロンビア
  • 日本 2-2 セネガル
  • 日本 0-1 ポーランド

アジア勢で決勝トーナメント進出が決まったのは日本のみ。
決勝トーナメントに進出した16チームの内訳をみると、欧州10アジア1アフリカ0北中米1南米4という結果に。
日本はワールドカップベスト16 (決勝トーナメント)に進めたのがこれで3大会と、アジア最多の国となりました。
現在までの最高成績はベスト16 (2002年、2010年)なので、ぜひベスト8まで行ってサッカー日本代表の景色を変えてもらいたいですね。
初戦の日本ベルギー戦は日本時間で7月3日(火)深夜03:00にキックオフです。

スポンサーリンク

コメントする…