月別 アーカイブ: 1月 2018

ロ字ック『滅びの国』

ロ字ック-表
ロ字ック-裏

作品概要

ロ字ック 第十二回本公演
『滅びの国』

Cast

吉本菜穂子
三津谷亮
小野寺ずる
日高ボブ美
山田佳奈
大竹ココ
Q本かよ
滑川喬樹
(以上、□字ック)
大鶴美仁音
小林竜樹
冨森ジャスティン
水野駿太朗
東谷英人 (DULL-COLORED POP)
キムラサトル
ホリユウキ (犬と串)
オクイシュージ
黒沢あすか
柏崎絵美子
倉冨尚人
近藤洋扶
三丈ゆき
JUMPEI
照井健仁
難波なう
橋本つむぎ

Staff

脚本・演出: 山田佳奈
舞台監督: 土居歩
舞台美術デザイン: 乘峯雅寛
照明: 大津裕美子 (コローレ)
音響: 角田里枝 (Paddy Field)
映像: 松澤延拓
映像助手: 堀田創、松尾佑一郎
ステージング: 大石めぐみ
音楽: 西山宏幸、中尾孝
衣装: 田中迅人
演出助手: 川村知也、金子瑞穂、野村春香
宣伝美術: 大須賀裕美
宣伝ヘアメイク: 小川智子
宣伝・舞台写真: 大滝央子
WEB:Q本かよ
制作: 宮原真理、新居朋子
当日運営: 横井佑輔、河野理絵
企画製作: □字ック

Time table

[2018年1月17日(水)-21日(日)]
1月17日(水) 19:00
1月18日(木) 19:00
1月19日(金) 14:00/19:00
1月20日(土) 14:00/19:00
1月21日(日) 14:00
青字=観にいった回
[上映時間: 約150分]

Ticket

前売: 4,800円
当日: 5,000円
U24: 3,500円
高校生以下:1,500円
(全席指定)

Place

下北沢・本多劇場
(→下北沢 徒歩5分)

リンク

公式サイト: 滅びの国 特設サイト

ストーリー

“団地”に住む主婦は、別の女にのめり込んだ旦那の帰りを待ちきれず、部屋に若い男を呼び、その場限りの関係を結ぶ。
若い男は主婦を柔らかく抱きとめると、耳元で「愛している」と言う。それがリップサービスだということは分かっている。
だが主婦はその日から、その若い男のことばかりを考えるようになってしまう。
彼が住むのは“シェアハウス”。その場限りの慣れ合いを良しとし、蜜を舐め合うような環境。
わたしが居る場所が滅びなのか、それとも彼のいる場所が滅びなのか。

「真っ暗なトンネルの中にいるみたいに空っぽだ。わたしもあの彼も」

団地とシェアハウス。時代を象徴するコミュニティーに居住する男女ふたりの孤独を描く。
誰でもいいから、最低なあんたでもいいから、わたしのこの渇きを満たしてほしい。
(公式サイトから引用)

インプレッション

下北沢、本多劇場にてロ字ック『滅びの国』を観劇。
登場人物総じてクズで普通の人間が一切でない!だけどどこかに感情移入できる人物ばかりで、逆に「普通」がなんなのか、これも普通なのかと観劇中ゲシュタルト崩壊してしまいそうになるいい意味でエグいお芝居。
圧倒的な熱量の会話劇でアクションもない2時間半なので、一気に見せつけられる感情の波で見応えたっぷり。
まったく飽きずに見れたのは脚本以上にキャストの力が大きいだろうなぁと思ってみておりました。
どのキャラクターでっも置いていく、ただ立っている人間はいない非常に生命力溢れる作品で、改めてキャラクターの重要性を感じた。
内容やネタは人を選ぶかもしれないけど、劇中何度も頭にガツンと来るシーンがあります。
「やる覚悟」があるなら、「やられる覚悟」を持つべき。
それがない人間は傍観者と言われてもしょうがない。

評価: ★★★★☆

スポンサーリンク

古田島啓介ワークショップ公演 『こうして二人は幸せになりました、とさ』

フライヤー

作品概要

古田島啓介ワークショップ公演
『こうして二人は幸せになりました、とさ』

Cast

【A/B出演】
和田朋子
八木澤翔 (MacGuffins)
横山貴文 (MacGuffins)

【Aのみ出演】
安重勇貴
渡慶次信幸
中里絵美佳
川村知香子 (aniworks)
風見奏太 (株式会社P.K.WORKS)
佐藤大地
新垣知里 (プロダクション☆A組)

【Bのみ出演】
松村茂樹
清水大資
芹野凜
後藤陽花
有村優太 (MacGuffins)
奥住直也
糸川洋子

※声の出演
水越健 (プロダクション・エース/MacGuffins)

Staff

脚本:横田純
演出:古田島 啓介

Time table

[2017年1月20日(水)-20日(日)]
1月9日(火) 19:30 [A]
1月10日(水) 19:30 [B]
1月11日(木) 19:03 [A]
1月12日(金) 19:30 [B]
1月13日(土) 14:00 [A]/18:00 [B]
1月14日(日) 13:00 [B]/17:00 [A]
青字=観にいった回
[上映時間: 約80分]

Ticket

前売・当日: 2,000円
(全席自由)

Place

アトリエ第七秘密基地
(→東京メトロ要町駅 徒歩3分)

リンク

http://www.ibsenkai.com/kanamemachi/

ストーリー

あたしは多くは望まない!ちょっとだけしあわせになりたいの!

RPGでプレイヤーの名前を入力するとき、
ヒロインを自分の名前に、そして、主人公をすきなひとの名前にして。
いつでも一緒にいるよ!みたいなことをやっていた学生時代のあたし!
だから私のやったゲームは時期によって主人公の名前がちがうんだけど、
とうとう先日、わたしが主人公の名前として入力していた男が、
全員ほかの誰かとめでたく結ばれました。
彼らはみんな各々の人生で、守るべき自分のヒロインを見つけたんだね!
そんなあたしはまだひとり、コントローラーを握っている!

社会人になってからは満足にゲームもしてなかったから、
今はもう主人公の名前を身近な男の名前にするなんて事してないけど、
今もしそれをやるとしたら。きっとあの人の名前を入れる。
わたしにだって、そういう人はいる。
いるけど!いるのに!その人とは結ばれないとしたら?

明るい男子が彼氏になったら休みの日にはディズニーランド!
夏は海とか行ったりなんかして、
誕生日プレゼントはシンプルでかわいいアクセサリーとかで、
メールには絵文字がいっぱいあって、カーステレオからはいつもミスチル。
ぶっちぎりに平均以上!でもそんなつまんない彼氏いらない!

国語の時間に「困った様子」を「こまったざます」と読んで以来、あだ名は貴婦人!
そんなあたしが「どういう女がモテるのか?」と分析を重ねた結果、
行き着いた先はAVのジャンル別売上ランキング。
モテの延長上にセックスがあるのなら、
どういう女とヤリたいのかがわかれば一番手っ取り早い!
教師秘書巨乳ロリギャル女子高生あああああたしに該当する何かがひとつもない!
森ガールモノのAVなんてっ!いっこもねえよこんちくしょう!

なんて、薄暗い部屋の中でぼんやり考えていたあたしは今日、死にました。
幾度となくくり返し遊んだ、あのゲームのセリフがよみがえる!

おお ゆうしゃ よ! しんでしまうとは なさけない!

(公式サイトから引用)

インプレッション

今年はじめての観劇、MacGuffinsの脚本でしたね。
自分の置かれている境遇やいままで選択してきた生き方をゲームの設定に置き換えながら展開していくハートフルコメディ。独特な台詞回しや怒涛の展開は流石で、出演者みなしっかりと同じ方向、空気感を持っていて見やすかった。
だが、テンポでなんとかなっている部分もあり途中ダレるうような場面も。
ある意味それは「味」なのかもしれないけどまだまだ荒削りな感じは否めない。
脚本の構成力と演出力でかけ合わせたものをキャストが表現していく場合、力技ではなくしっかりと狙い通りになっているかがポイントで、そこがうまくハマると観ている側としては非常に気持ちがいい。
どこかの箇所に力が入っていたりするとその空気感は生まれないので同じ舞台を再演する時はそういう部分が特に難しいと思う。
前と「同じ」にする必要はまったくない。

評価: ★★★☆☆

スポンサーリンク