トラブルショー

by axe | 2017年1月15日(日) 19:04

トラブルショー (表)ミュージカル座
トラブルショー

Time table

2017年2月23日(木) – 2月27日(月)

/の一部Wキャストになります】
2月23日(木) 18:30 []
2月24日(金) 18:30 []
2月25日(土) 12:30 []/17:30 []
2月26日(日) 12:30 []
2月27日(月) 12:30 []
■ 僕はシングルキャストなのでどちらの組も出演いたします。
(※ 開場は開演の30分前)

Cast

両組出演 (シングル)

高橋卓士
谷口浩久
宮川 浩
寿 ひずる
真樹 めぐみ
奈良坂 潤紀
輝海健太
岡 智
森山大輔
安部誠司
今村洋一
斧口智彦
高島洋樹
練子隼人
小城祐介
中島 光
冨丘 藝乃介

蒔田優香
藤澤知佳
川田 真由美
黒川聖菜
茜部真弓
川端里奈
村上恵子
関根 佐和子
杉山さや香
こんた みのり
新田莉子
鎌田彩菜
織野友貴
山﨑 まゆ子
SuZAN
小笠原 桜子
笹本 まりな
竹腰志帆

宮地 奈々子
亜季緒
吉川千晶
髙橋美波
小林 カンナ
井坂 茜
曽我部 英理
野沢美喜
高木真帆
永田若葉
守田 香奈子
廣瀬知恵
榎本瑞穂
天野 なつ子
松本未優
内海 帆乃夏
下川弓絵
川島 花

出演者変更のお知らせ
日影のりお役で出演予定でした《金 すんら》は、急な体調不良のため出演を取りやめることになりました。代役は《奈良坂 潤紀》が努めさせていただきます。 – 2017年2月19日 (公式サイトから)

※追記: 詳細な役名付きのキャスト表はこちら
[トラブルショー] キャスト表

Staff

脚本・作詞・演出: 竹本敏彰
作曲・編曲: 木村直樹
作曲・音楽監督: 玉麻尚一
振付: 谷内 雪
美術: 松野 潤
衣裳: 五大輝一、藤澤知佳
照明: 沓掛翔洋
音響: 中村恵美子
舞台監督: 小谷 武
歌唱指導: 安部誠司
演出助手: 相澤祥子
音楽監督助手: 西利里子
宣伝美術: シマクラヨウ
舞台写真: 山内光幸
キャスティング協力: 松永一哉
制作: 村上恵子
プロデューサー: 竹本敏彰
エグゼクティブ・プロデューサー: ハマナカトオル
企画・製作・主催: ミュージカル座

Ticket

SS席: 8,000円
S席: 7,000円
A席: 6,000円
(※ 日時指定/全席指定)

要日時予約

混雑が予想されるので、劇場にくる前に必ず日時の予約が必要になります。日にちが決まりましたら僕に連絡してください。
※ SS席、A席はすぐに埋まってしまうのでお早めにご連絡ください!

IMAホール座席表

IMAホール座席表

Place

IMAホール

IMAホール-地図
〒179-0072 東京都練馬区光が丘5-1-1 IMA中央館4F
→ 都営地下鉄大江戸線「光が丘駅」A4出口より徒歩5分。

Story

新劇場のこけら落とし公演という晴れ舞台で、ミュージカルの作・演出を任された駆け出しの劇作家に襲いかかるトラブルの連続!ブッ飛んだ登場人物!ありえないハプニング!
刻一刻と迫る初日の舞台を成功に導くまでを、多彩なナンバーとショーダンスを散りばめ、大爆笑の連続で描いたバックステージものの極めつけ!
スーパードタバタミュージカル・コメディの傑作が、さらにパワーアップして再演決定!
トラブルショー ロゴ

うだつの上がらない劇作家、田辺一星に、その助手である玉木太郎が新劇場のこけら落とし公演の仕事を持ってくる。しかしそれは、予定していた作家が病気や不慮の事故で次々と変わり、短期間で作り上げなければならない、誰も引き受けない仕事だった。
だが、当初からキャスト・スタッフの変更はなく、超一流と呼ばれる大物俳優、人気トレンディ俳優を相手に劇作家の田辺は一旗揚げようと、自ら作・演出をかって出る。しかしその他のキャストも、クセモノだらけだった・・・。
劇作家と演出助手の二人を中心に、作曲家、大物俳優、プロデューサー、スポンサー、舞台監督、衣裳、照明スタッフ、アクション俳優、コーラスガールなど、公演に携わる全てのメンバーに襲いかかる、ありえないトラブルの連続の中、初演のステージを綱渡りで成功させようと奮闘する、スーパードタバタコメディの決定版。
果たして幕は開くのか!?

劇団公式サイト

ミュージカル座 公式サイト
http://www.musical-za.co.jp/
公演紹介ページ
http://www.musical-za.co.jp/stage/トラブルショー2017/

作品について

ドタバタコメディ!

大爆笑のスーパードタバタミュージカル!

去年2月の舞台以来の本番となります。なにげにすっごく久しぶり、去年は舞台活動少なめだったので、ようやく始動しました。
そしてそう、ミュージカル!そう!ミュージカルなんですよ!
ミュージカル座さんには過去にも『ママの恋人』というお芝居に出演しておりますが…、なんとこの作品はミュージカル座のストレートプレイという歌も踊りもない舞台でして…、今作で初めてミュージカル座さんでミュージカルを演らせていただきます! (笑)

更にこの作品、内容はコメディなんですが、よくある海外の翻訳ミュージカルではなく、完全国産ミュージカルなんで、微妙なニュアンスの笑いが非常に面白いのです。

バックステージもの

作中で「ミュージカルを作り上げる」という内容で、ミュージカルに関わる役者、スタッフ達の舞台裏や失敗が続々と巻き起こります。
ミュージカルとしての完成度は勿論、このシチュエーションコメディとしての構成が素晴らしく、単純に台詞やキャラクターのやり取りが面白いのなんのって
役者や舞台関係者にはまた違った意味での楽しみかたもできるかと思います。
(作中での)舞台上の役者が、(作中での)お客様のために奮闘する姿を、(現実の)お客様が見ているという、この視点を変えて魅せる構図が、演出も相まってとても楽しい作品です!

舞台監督助手

ボクはこの作品で、舞台監督助手の宮本 進という役を演じます。
舞台を経験している場合はお分かりの方もいるかと思いますが、舞台というのは本番が始まると全て舞台監督の仕切りで進行していきます。
今作中でも舞台進行にまつわるトラブルにテンワやんわして常に駆けずり回る能動的な役となっておりまして、作中のテンポを先回りするくらいに、とにかく自分自身が楽しんでおります

この作品は個人的にも非常に好きな演目なので、絶対に損はさせません。
是非御覧ください!


コメントする…