日別 アーカイブ: 2014年10月9日(木)

ONE LOOK TWO IN

ONE LOOK TWO IN

作品概要

T-PRODUCE vol.5.6
ONE LOOK TWO IN
『 Thank Irish Table, Yummy!』/『 have life 』
※ 2作品をローテーションで上演

Cast

【Thank Irish Table, Yummy!】
石上 卓也、宮下 貴浩、新里哲太郎(以上、劇団居酒屋ベースボール)、水原 ゆき ((株)あおい)、毛受 廣美、イシトヤ チグサ、下垣 隼一、原口 翼、成田 麻美 (演劇ユニットキャットミント隊)

【have life】
柿沼 照継、古賀 健斗(以上、劇団居酒屋ベースボール、高村 晃平 (STARDUST)、四宮 由佳 (ユーキース・エンタテイメント)、石川 佳那((株( SENSATION)、奥中 椋、服部 真由子、中川 汐希、松村 光陽、村田 勇輝、中井 優美 (以上4名、ワタナベエンターテイメントカレッジ

Staff

『Thank Irish Table, Yummy!』
作: 文屋幸治
演出: 新里 哲太郎
『have life』
作・演出: 柿沼 照継

舞台監督・美術・宣伝美術: てちゅん
美術協力: 照井旅詩
音響プラン: 行村剛
音響オペ: 古賀健斗、渡邊藍
照明プラン: 針谷あゆみ
照明オペ: 安達直美
制作: 小久保 まり子

Time table

10月7日(火) 19:00【T】
10月8日(水) 19:00【H】
10月9日(木) 15:00【T】/19:00【T】
10月10日(金) 15:00【H】/19:00【H】
10月11日(土) 15:00【H】/19:00【T】
10月12日(日) 13:00【T】/17:00【H】
青字=観にいった回
[上映時間: 約分]

Ticket

前売: 3,300円
当日: 3,800円
(全席指定)

Place

下北沢 GEKI地下リバティ
(→下北沢駅 徒3分)

リンク

公式サイト: 劇団居酒屋ベースボール

ストーリー

『Thank Irish Table, Yummy! 』

場所はとあるモールに開かれた男の為の料理教室
様々な理由から料理を学びにきた男たち
今回の料理テーマは
アイリッシュ料理

なぜ?
なんとなく
家庭的だから・・・なのかな?
生で料理を作りながらも起こる様々な珍事

人のこっけいさを
一幕一場の場転なしで
微笑みながら
味わいください

リアルタイムワンシチュエーションコメディ第3弾!
皆さん、目の前で起こるオカシなライブをご賞味あれ♪

『 have life 』

余命ひと月と宣告された男
ある日
事故にあい男女の身体と魂が入れ替わる
昏睡状態の女の身体に男の魂が
命の終わりが近づく男の身体には女の魂が
現状を受け入れずにいる女(体は男)
そして女の身体に入った男は生死をさまよい不思議な人物と出会う
そこで自分のみならず、女の命も危ないと知らされる。
自分の体と入れ替わってしまった女の命を救うため、
男(体は女)は奔走することに

柿沼照継が書き下ろす
命の灯火をコメディタッチで詠うラブファンタジー!

「T-PRODUCE」とは・・・?
劇団居酒屋ベースボールの三十路を過ぎたメンバー「新里哲太郎」、「柿沼照継」、「石上卓也」、「宮下貴浩」でつくった新ユニット。
それぞれの名前の頭文字のイニシャルが偶然にも「T」であることから、T-PRODUCEに決定。

昨年5月、今年6月と
2つの色違いの作品で見る者に笑いと衝動を与える
T-produce 第3弾!!

(公式サイトから引用)

インプレッション

『ONE LOOK TWO IN』の方を観劇。
電車トラブルで開園が30分押してしまったが、問題なく観劇できた。
内容はシンプルなワンシチュエーションコメディ。
キャラクターがはっきりしているので見やすかった。
この見やすいという部分は、感情移入する上で非常に大事だと思う。
会話芝居はそのキャラクターに感情移入しないと成立しない場合が多々あるから。

ものすごい仕掛けや展開があるわけではないが、うまくまとまっていて見やすかった。

評価: ★★★☆☆

ギンノキヲク FINAL

ギンノキヲク FINAL

作品概要

ラビット番長 第26回池袋演劇祭参加作品
ギンノキヲク FINAL

Cast

井保三兎 (ラビット番長)、西川智宏 (V-NET/ラビット番長)、大川内延公 (V-NET/ラビット番長)、野崎保 (ラビット番長)、江崎香澄 (V-NET/ラビット番長)、岡村輝之 (V-NET)、キンダイチ (V-NET)、竹村裕貴 (V-NET)、鶴巻健太郎 (V-NET)、右田隆志 (V-NET)、門地ジル子 (V-NET/ラビット番長)、小川美幸 (ラビット番長)、須田マドカ (ラビット番長)、高橋杏奈 (ラビット番長)、中澤佳菜 (ラビット番長)、渡邊篤史 (ラビット番長)、ほか

Staff

作・演出: 井保三兎 (ラビット番長)
舞台監督: 甲坂真一郎 (劇団若獅子/V-NET)
照明: 奥田賢太 (株式会社colore)
音響: 志水れいこ
音響操作: 内野智子
制作/当日運営: 菅野佐知子 (劇団チョコレートケーキ/ノアノオモチャバコ)
歌唱指導: 永木貴依子
振付: 酒井麻也子
イラスト: 糠床
政策統括: 五十嵐玲奈(ラビット番長)
企画・製作: ラビット番長

Time table

9月19日(金) 15:00/19:00
9月20日(土) 14:00/19:00
9月21日(日) 14:00/19:00
9月22日(月) 15:00/19:00
9月23日(祝) 13:00/17:00
青字=観にいった回
[上映時間: 約110分]

Ticket

前売: 3,000円
当日: 3,500円
平日昼: 2,800円
(全席自由)

Place

シアターグリーン BOX in BOX THEATER
(→池袋駅 徒歩15分)

リンク

公式サイト: ラビット番長

ストーリー

舞台は特別養護老人ホーム「紀陽の里」。
ラビット番長の人気作品、ヘルパー奮闘記「ギンノキヲク」シリーズ遂に最終章!
一話完結型となっておりますので、初めてご覧になる方もお楽しみ頂けます!
さて今回のレクリエーションは・・・?!

グリーンフェスタ2014「GREEN FESTA賞」受賞団体!ラビット番長、注目の最新作!!
今、池袋で最も売れかけている劇団はこちらです!皆様どうぞ応援よろしくお願い致します!!

(公式サイトから引用)

インプレッション

特別養護老人ホームのお話。ヘルパーの生々しい実情も会話芝居と群像劇に交えながら見せていく。
展開はわかりやすいし、流れも驚きは少ないが、しっかりと押さえている部分、伝えたい部分は十分に感じるので全体の軸はぶれていない。
キャラクターの芝居になりがちだが、うまく人間関係を見せている。
もっともっとメインの人間に集中しても良かったかもとは思う。

評価: ★★★☆☆