月別 アーカイブ: 4月 2014

IEの脆弱性についてのTVの報道が非常に気になる

browser-logo

【AFP=時事】サイバーセキュリティの監視機関である米国土安全保障省のコンピューター緊急対応チーム(Computer Emergency Response Team、US-CERT)は28日、米マイクロソフト(Microsoft、MS)社製ブラウザー「インターネット・エクスプローラー(Internet Explorer、IE)」で見つかったセキュリティ上の欠陥により、ハッカーが侵入する可能性があるとしてユーザーらに使用しないよう警告した。

引用元: IEに脆弱性、「代替ソフト使用を」 米国土安全保障省 :AFPBB News

おーう。直接言ってきてるよ、直接。

米国土安全保障省 「Internet Explorerは使うなよ!他の使え!どうなっても知らんぞ!」

ですって。
米政府がIEのように一企業のアプリ名を名指しで使用制限するように発表したのは異例中の異例だと思う。さらに「Google Chrome」や「Firefox」のような代替アプリを勧めてるし。

ただ、この緊急度の高さの要因のほとんどは、サポートが切れようがまだまだずっと「XP」を使い続けている層に向けてなんだろうなぁ。
XP向けにはいくら深刻な脆弱性が見つかろうがもうパッチは当てないのだから。

マイクロソフトによると、Internet Explorerの全バージョンで新たなゼロデイ脆弱性が発見されました。Internet Explorerってまだ使ってる人いるの?なんて言うなかれ、今でも4人にひとり以上が使っているんです。

引用元: IEに深刻な脆弱性発覚、XPにはパッチも発行されず : ギズモード・ジャパン

それはそうと、朝のTVの報道番組 (とくダネ!)で、今回の話題が大きく取り上げられてたんですが、
「このインターネット閲覧ソフトは、ほぼ半数のパソコンに搭載されている状態で…」
と言っていて…、いやいやいや。
IEならば”搭載されている“だけのPCは90%以上あるんじゃないか?
実際にネット観覧にIEを使用しているのは半数以下だろうけども。
IEのアイコン指して「パソコンにあるこのマークは押してはダメです」とか言ってるの見るとなんだかなぁ、と。

こういう、やや専門的な話題の場合、番組側が視聴者に合わせて単語を選んでいるのか、単にコメンテーターや司会者のリテラシーが追いついていないのか理解に苦しむ表現になる時が非常に気になる。なんだかやきもきしながらニュースを見てました。

そういや理研の研究発表で使われてたPowerPointを指して「このソフトをご存知でしょうか、私は知りませんでした」と古舘さんが言って物議を醸していたなぁ。

追記: 5月1日にMicrosoftが今回の欠陥修正プログラムを配布しました。同時に、4月上旬にサポートを終了した「XP」にも今回に限り対応したそうです。 (2014年5月2日)

IKEAに行くとなぜ必要ないものまで欲しくなるのか

ikea-logoイケヤではなくイケアなんですよね。
先週の土曜日、ずっと行こう行こうと気になっていたIKEAに、ようやく足を運びました。
なんとなく新しいソファーが欲しかったので、いいのがあったら買おうかなぁと。

IKEA港北

行ったのはIKEA港北店、つい最近立川店がオープンしたばかりですが混んでいるだろうということであえてこちらへ。
立川店はIKEAでは珍しく駅のすぐ近く、電車での来場を推奨しているらしく、電車 (徒歩?)で来たお客さんにはキャンペーンでなにか配ってましたね確か。そんな立川店では車の駐車料金が一律1,000円、港北店は立地的なこともあってか駐車料金は無料でした。

港北店のオープンが9時からなのでそれに合わせて向かったんですが思っていたより空いていてまずびっくり。
とてつもなく大きな駐車場がスッカスカでした。

初IKEA感想

はじめてのIKEA感想は…「とにかく広い」。
IKEAのシステムってルート通りにショールームのような家具を眺めていって最後にまとめてピックアップしてレジで精算 (セルフ)、というものなんですね。
その終着点のレジが巨大なターミナル駅の改札のようにだだっ広く、果てしなく広い空間に商品が段ボールに入って倉庫のようになっていて圧巻。そのスケールだけでなんだかテンションが上がってしまいますね。

なるほどコストコによく似ていると言われるわけだ。
話には聞いていたフードコートもあって、ますますコストコに似ています。

結論、惜しくもピンとくるソファーもなかったんで何も買わずに帰ってきたんですが、IKEAに行った客の大部分が想定していたもの以上の買い物をしてしまうというデータもうなずけます。

なぜ必要のないものまで買ってしまうのか

IKEAに行くと、本来購入する予定ではなかったものまでついつい買ってしまいがちですが、なぜそのようなことが起きるのでしょうか?
その秘密を解説したのがこの「誰がIKEAで買い物を楽しんでいるのか?(Who enjoys shopping in IKEA?)」というムービー。これはもともとユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの講義としてUCLバーレット校で建築を教えているアラン・ペン教授が行ったもので、結論から言うとIKEAが採用している戦略は「Gruen Transfer」と呼ばれている手法で、これによってIKEAを訪れた人は意識を混乱させられ、本来欲しいわけではないものまで買ってしまうようになるわけです。

引用元: なぜIKEAで余計なものを買ってしまうのかという秘密を解説した「誰がIKEAで買い物を楽しんでいるのか?」- GIGAZINE

そもそもIKEAの作りが非常にイヤラシイ
わざと方向感覚がなくなるような入り組んだフロア周りにしてるんですが、 フロアマップを見ると基本的に一本道なんですよね。 そのおかげで客はすべてのショールームを強制的に眺めることになります。そう、ディズニーのアトラクションのように。
それによって客は「IKEAに家具を見に行っている」つもりが、限りなく「IKEAの見せたい家具 (商品)を見ている」状態になります。
結果、当初買う予定ではなかったカテゴリーまでしっかりと見て回っているので、ショッピングに時間をかけるほどなにかを購入する可能性は上がっていくわけです。見事。実に見事ですな。

結局、ボクも家具は買いませんでしたがフードコートでは軽く食事してきましたしね。
明確な目的を持っていくともっと購買意欲が湧きそうです。

お値段もお手頃なものが多く、例えるならば”スウェーデンのかっこいいニトリ“って感じでしょうか。
そうそう、どうでもいいんですが、実は最近までイケアかイケヤか曖昧でした。

凛として

凛として-表凛として-裏

東京ストーリーテラー
凛として

Cast

【A】

佐保歩実、大塚みどり、喜多川 季子、結城えり子、久住ヒデト、鈴木達夫、みつる、鎌田トクハル、宇山けん、三浦 明日香、乗松春奈、山本恭子

【B】

有田 佳名子、木村望子、林 里容、佐々木悠花、池田 奈美子、小泉匠久、仙崎情、佐々木 夕里千、平川洋祐、坂内勇気、中島 梓、佐伯佑佳

Staff

作・演出: 久間勝彦
舞台監督: 渡辺武彦
照明: 榊原大輔
照明オペ: 中山ひとみ
音響: 兼坂香弥
制作: 宮嶋靖夫 (劇団彩国賢美)
宣伝美術: 佐瀬 勉
制作補: 光沢優穂
制作補: 小平菜月

Time table

青字=観にいった回
4月23日 (水) 19:10 [A]
4月24日 (木) 19:10 [B]
4月25日 (金) 13:00 [A]/19:10 [B]
4月26日 (土) 11:30 [A]/17:00 [B]
4月27日 (日) 11:30 [B]/17:00 [A]
4月28日 (月) 13:00 [B]/19:10 [A]
4月29日 (火・祝)11:30 [B]/15:00 [A]

[上映時間:約135分]

Ticket

前売: 3,500円
当日: 3,800円
(全席自由)

Place

シアターKASSAI
(→池袋駅 徒歩15分)

リンク

公式サイト: http://tokyostoryteller.jp/index.html
CoRich: http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=52928

ストーリー

昭和二十三年、長崎県の佐世保。
市街地から少し離れた小さな海辺の集落。
夫の出征直前に嫁いできた凜は、義母のソデと共に、
夫、俊平の帰還を待っていた。

共に手を携えて戦渦を逃れ、多くの苦難に立ち向かっ
て来た凜とソデは、今では実の親子のような堅い絆で
結ばれていたが、俊平の安否は今も知れず、終戦から
は既に三年の月日が流れていた…。

そんなある日、ソデは凜に言った。
「良か縁のあったら…もう俊平の戦死の公報は待たん
でも良かよ、凜…」
子供達の服には一様に継ぎ当てがあった。
汲み取り式の便所は「オツリ」が来ていた。

昼間、隣り近所に響き渡る声で喧嘩していた夫婦が、
夜には子供五人を引き連れて賑やかに銭湯に出掛けていた。
近所のおじちゃん、おばちゃんは、悪ガキ達を遠慮なく叱り
飛ばし、でも、時々ちり紙に包んだ飴をくれていた。

あの頃、この国には今よりもう少し活力に満ちて、
格好いい日本人達がいた。

(公式サイトから引用)

インプレッション

終戦後の長崎での群像劇です。
キャラクターや登場人物はわかりやすく画一的で、いい意味でも悪い意味でも先の展開がある程度予想できる構成なんだと思います。
ストーリーは全編を通して平坦な進行で、良い言い方をすれば”安定している“ため感情移入するポイントを見極めづらいまま話が進んでいく気がして、これが狙いであるならばどうして話の軸を分散してしまったのか。
脚本に関しては書きたいことが多くて、言いたいこと、言わせたいこと中心に書いていった感じがして劇中でのキャラクターの意見、言動に反対をなすような台詞があまりなく、観客としてはただただ聞いて受け入れるのみになってしまっているのが勿体無かった。
演出でそういった狙ったドラマを嫌っているのかもしれないが。

キャストは粒ぞろいで長いセリフにも飽きさせない、見せてくれるシーンは多くあり、それが安定感にもつながっているんだと思う。なにより「登場人物の内面での想いがすべて」のシーンがかなり多く、ここが最低限のラインを超えていないと物語として成立しなくなってしまう。

ダブルキャストなので台詞が中心で今回とは全く違う色になるのか気になるところ。
逆に言えば、こういう話は一人のキャストだけでガラッと持っていけるシーンも作れるだけに興味深いなぁ、と。

評価:★★☆☆☆

手塚治虫コミックス160シリーズがかなりお得なKindle版で配信開始

© 手塚プロダクションKindleをよく利用しているんですが、残念ながらKindleには手塚治虫の漫画が一切なかったので、特に『ブラック・ジャック』を読みたいと思ってたぼくは、『ブラック・ジャック創作秘話 ~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス)』を買ってお茶を濁していました (この作品はどちらかと言うと手塚先生自身のお話)。

電子書籍って便利ですよね、とても。
気軽に持ち運べるし真っ暗な枕元でも明かり無しで読めるってのが自分的にとてもポイントが高くてNexus7を手に入れてから利用率がグッと上がりました。
更に時期によってセールをやっているのでうまく買えばかなりお得な価格で手に入るというのもメリットのひとつです。

そして本日、個人的に電子書籍を使い始めてからずっと…、ずっと待っていた手塚治虫の漫画が、ついにAmazonのKindleで配信開始されたそうです! どれどれ。

2014-04-25
うおおおー! その数なんと160シリーズ!! 名のある作品はほぼ網羅するという素晴らしさ。
しかも1冊ごとの価格が見たところオール300円と通常の約半額というお得感たっぷりな電子書籍となっている。
これは買うわ。買ってしまうわー。

ラインナップも『アトム』、『ブッダ』、『火の鳥』、『ブラック・ジャック』、『ジャングル大帝』、『三つ目がとおる』などなど大作ばかり。
2014-04-25-1

そこで、この名作シリーズをKindleでサクッと全巻大人買いした場合の、現在の合計金額を並べてみた。

なんと、最長の『ブラック・ジャック』ですら7,000円以下で全巻揃えられてしまうではないか。
しかも電子書籍は何冊でも持ち歩けるというのがメリットなので、ここぞとばかりに揃えてみるのもいいかも。
狙い目は3巻で完結していて実質1,000円以下で読めるる『ジャングル大帝』、『リボンの騎士』、『MW』ですかね。

子供の頃は『火の鳥』が不気味で怖くて、よく内容を覚えていないので買おうかなぁ。

海猫街・改訂版

海猫街・改訂版劇団桟敷童子 第61回文化庁芸術祭優秀賞作品
海猫街・改訂版
…其処ハ、海賊ノ末裔ノ地…

Cast

池下重大、板垣桃子、原口健太郎、稲葉能敬、鈴木めぐみ、外山博美、川原洋子、桑原勝行、山本あさみ、もりちえ、新井結香、中井理恵、椎名りお、大手忍、深津紀暁、井上昌徳、白石健太

Staff

脚本: サジキドウジ
演出: 東憲司
美術: 塵芥
舞台監督: 深津紀暁、桑原勝行、井上昌徳
照明: Jimmy ((株)FREE WAY)
照明操作: 北澤由佳 ((株)FREE WAY)
作曲: 川崎貴人
チラシ画: 梶村ともみ
チラシ題字: 臼井杏鈴
チラシ舞台写真: 梶原慎一
チラシデザイン: 山田 武
制作: 劇団桟敷童子事務所

Time table

青字=観にいった回
4月21日(月) 19:30
4月22日(火) 19:00
4月23日(水) 14:00/19:00
4月24日(木) 19:00
4月25日(金) 19:30
4月26日(土) 13:00/18:00
4月27日(日) 13:00
4月28日(月) 19:00
4月29日(火) 13:00
4月30日(水) 14:00/19:00
5月01日(木) 14:00
5月02日(金) 19:00
5月03日(土) 13:00
[上映時間:約120分]

Ticket

前売: 3,300円
当日: 3,800円
(全席指定)

Place

すみだパークスタジオ倉
(→錦糸町駅 徒歩13分)

リンク

公式サイト: http://www8.plala.or.jp/s-douji/
CoRich: http://stage.corich.jp/stage_detail.php?stage_id=54158

ストーリー

日露戦争の勝利に日本中が沸き返る中、
貧困にあえぐ一つの村があった。

断崖絶壁に囲まれたこの村に、
政府の依頼を受けた視察隊がやって来た。

軍事関連都市としての繁栄を目指し、
村は視察隊を盛大にもてなした。

海底調査を命じられた村は、
一人の海女に白羽の矢を立てる。
海女の名はイサナ。
勇ましい魚=鯨と名付けられた彼女の潜りに、
村はその存亡を賭ける!

(公式サイトから引用)

インプレッション

お腹いっぱい。
もうね、何がすごいってあの空間で行われている規模
終演後に「芝居を観た!」という気持ちで満たされる数少ない劇団のひとつである。
脚本にこのセット (美術)が付いているのか、このセットだからあの脚本なのか、とにかくセットとその大仕掛に圧巻。

裏側がどうなっているのか、どうやっているのか、自分は関わっていないのに勝手に作りを想像して途方にくれてしまうあたり役者側からの感想なんだろうけども。

それは置いといて。

この劇団桟敷童子の芝居は『泳ぐ機関車』、『風撃ち』と観てきたが今回で3回目だが、今回の芝居もとにかく物語への没入感がすごい、きっちりとその世界に引きこんでくれる。
とにかく勢いがあり熱く、そしてとても丁寧な芝居づくりが印象的。
キャラクターもみな立っているので、ぐいぐいと終盤まで引っ張ってくれる。

特に、高齢者の役が素晴らしい。
動きや言動、ややずるいところもあるが、かなり使い方が上手い。
逆に、若い衆が多いのでぼやけてしまうのが少し残念。

ストーリー的にはわかりやすく展開も読めるので感情の揺れ動きがあと3段階ぐらい掘り下げれられて描写されていればさらに感情移入できた気がした。
が、個ではなく全体で見せるという点ではこれでいいのかもしれない。

ネタバレになるのであまり詳しくは書かないが、最後にかけてセットがもうすごいことになる。
一言でいうと「ハウルの動く城」。なんのこっちゃかわからないが、見ている時にそれが思い浮かんでしまうほど。
ただ、”話の軸”はあくまで人の心の変化にあるので、終始勢いと熱量で圧倒されてしまうが、それだけで押していく劇団ではない。
丁寧な群像劇とそれを魅せるキャストが魅力的な劇団である。
初めて芝居を見るという人にも是非オススメしたい。

評価:★★★★☆

ToDoリストを積みすぎて消化できない

2014-04-18一気に春が駆け抜けて、もう初夏の陽気ということで。気温の変化に驚きながらも環境の変化に慣れていく大切な時期でもありますね。

4月から年度が変わって、いままで見ない顔が満員電車を埋め尽くすわけですが、年度初めは学生も含め出席率が1年の中で1番いいはず。
なのでこの時期は、必ずと言っていいほど”混雑による遅延“が起こります。なんなんですか、混雑による遅延。来るべき人数が乗車するとキャパオーバーってことですか。

僕自身は最近、舞台活動から遠ざかっているので芝居に関してはウズウズしてきているんですが、「やりたいこと」と「やらなくちゃいけないこと」と「やっておきたいこと」がどんどん溜まっていて、順にカテゴリーごとのリストを作って消化しようと思ってるんですが眺めているだけで終わってしまいます。

問題はひとつ、リストを作っても活用できないから。
とりあえず端末間同期がシームレスにできる全方位型のToDoリストを探してるんですが、今モバイル端末で使ってるAny.doのアプリはレスポンスやデザインなどはいいんだけど、PCだとChromeの拡張機能でしか表示できないので同期に難あり。
Remember The Milkは同期もWeb版も完璧なんですが、すべての機能を使うには有料なんですよねぇ (以前、有料アカウントでした)。

なので、同期という点ではもうGoogle keepでいいかなって感じで、とりあえず動かすリストはそこで管理してるんですが…、ToDoと付箋とメモ感覚で使えるタスクマネージャー的な専用アプリって出ませんかねぇ。
Google系のアプリがAndroidの根幹まで突っ込めるので一番やりやすいんだと思うんだけど…。Web版もすぐに作ってくれそうだし。
あ、そういやGoogle Taskてのがあったな… (遠い目)。

しかし将来的にはこういうライフスタイル管理のアプリは統合されていくはず。Goolge NowでやりたいのはそういうことでしょうGoogleさん!

まぁ、当面のタスク管理に関しては、いろいろと分散してるのが良くないんだな。
こういう時は、効率を考える前に動いちゃったほうが結果早く片付いていきそうだったりするので。

WordPressからテスト

テスト投稿。
Movable TypeからWordPressへやって来ました。
サーバも新しくしたのでドメイン設定変えて、もう大丈夫…なはず。
ひとまずパーマリンクタグをうまく移行させられれてれば大成功。

これを機にカテゴリーの構造を整理し直します。
301リダイレクトかけないといけないので完全に構造決まってからにしよう。

インポートで以前までの記事の連続改行が判定されなくなってしまって非常に読みづらい感じになっているのがちょっとしゃくだが…。
サイトデザインとかちまちまいじっていきます。

飲み込む

1396451374982.jpgひとりで飲んでます。
家でお酒飲むの初めてかもしれないってくらい久しぶりに。
…初めてかも。

たまにはね。
考えがまとまんなくったって、まとめなくたっていいじゃないかと。
さくっとアウトプットできるほど軽いことじゃないってどんどん自分で重くしちゃってる。

受け入れるしかないんだから。
なにも関係ないであろう自分の語彙力すら嫌になってくる。
ひとりで飲みこんでます。