イマジナリーライン

by axe | 2011年6月19日(日) 23:48

画像
今日の稽古で台本が全部来ました。
一応完成。コレで本番まで一気に走りだせそうです。
今回の舞台は、キャストと役との間にいくつものラインが張ってあって、それぞれがお互いに干渉し合あい対話するんですが、演出と役者も対話という意味では明確なラインがある。
演出家の見せたいものをできる限り表現するのが僕ら演者の仕事。
来たものをどう料理するのかがまず優先されるべき仕事なんだから、素材がどうとか言っててもしょうがない、というよりもいくらか的はずれな考え方だと思う。
そのライン(領域)はきっちりと定めておきたいものだ。
その代わり、演出家のクオリティラインはがんがん踏み越えていきたい。

スポンサーリンク

コメントする…