月別 アーカイブ: 10月 2010

ラフカット20010

オモテ
プラチナ・ペーパーズ 第15回プロデュース公演
ラフカット20010
[Cast]
第一話 「第二の心臓」
榎木薗郁也、岡田昌也、川辺純子、小﨑愛美理、瀬尾遠子、鶴愛佳、西原沙矢香、野依美弥子、春木美香、山﨑ゆりか
第二話 「鳥葬」
虎玉大介、西園泰博、西村知泰、橋本貴和弥、加藤尚美、南谷和加子、山本美緒
第三話 「そんなもんなんだ」
野澤遵宜、浜松ユタカ、村越誠、三枝翠、塩澤葉子、結城さなえ、湯本真由
第四話 「”it’s a smoke world”」
小石祐城、漣圭佑、清水宗史、橋本仁、程嶋しづマ、東千乃、小田島亜庭、金井千佳、小新井涼、佐藤椛、篠塚由起子、中沢友紀子、西島未智
[Staff]
脚本:堤泰之、青木豪、本田誠人、浅沼晋太郎
演出:堤泰之、青木豪、伊勢直弘
音楽:樋口亜弓
照明:倉本泰史(A・P・S)
衣装:渡辺まり
舞台監督:長沼仁
美術協力:本江義治
演出助手:田村友佳
テクニカルアドバイザー:古賀裕治
イラストレーション:丹地陽子
写真:大須賀博
宣伝美術:鳥井和昌
制作:冨山絵理、藤野和美、池田風見
[Time table] 青字=観にいった回
10月27日(水) 19:00
10月28日(木) 19:00
10月29日(金) 19:00
10月30日(土) 14:00/19:00
10月31日(日) 14:00
 [上映時間:約120分]
[Ticket]
前売:3,500円
当日:3,500円
(全席指定)
[Place]
全労済ホール スペース・ゼロ
(→新宿駅 徒歩10分)
[劇団 公式サイト]
ラフカット 公式ページ
http://www.platinum-papers.com/
[ストーリー]
第一話 「第二の心臓」 脚本・演出:堤泰之
第二話 「鳥葬」 脚本・演出:青木豪 (グリング)
第三話 「そんなもんなんだ」 脚本:本田誠人 (ペテカン) 演出:堤泰之 
第四話 「”it’s a smoke world”」 脚本:浅沼晋太郎 演出:伊勢直弘

今年もオールキャストオーディションによる第15回プロデュース公演を行います。
30分の短編が4話。4人の作家による書き下ろしです。
(チラシ・公式サイトから引用)
[インプレッション]
すべての出演者を毎年イチからオーディションのみで選考するラフカットの最新作。
4作のオムニバスからなり、毎年ちょいちょい知り合いは出演していたりはしたんですが、今年は3人以上出演しているということでびっくり。
全くカラーの異なるオムニバス4作品なので、こちら側がしっかり切り替えて観ないとちょっと疲れてしまうかなぁといったところ。
とんがった作品もただただ分かりやすい作品もあり、ごった煮のような感覚はキャスト以上にそういった構成から来る物だろう。
一定以上のクオリティはあり、ハズレはないかも。しかし、好みは分かれそうな作品ばかり。
個人的には最後の「”it’s a smoke world”」が一番面白かった。どちらかというと何も考えないで楽しめるタイプ。
そして単純に面白かった。
作品によってお客さんの空気が変わってるのがあれほどよくわかるのも珍しい。
もちろん、ほかが駄目だったわけではない。完全に好みの問題なのだろうが。
完全に別の作家が書いている作品なので全体のまとまりが感じられず、1作品ごとの時間が短いのもかなり特殊な作り方を求められると思う。
お祭り作品だと思ってみれば十分楽しめるが、全部で1作品ではないということを改めて知った。
どこをどう見るかで変わるんだけど、全体的に悔しくなるくらい圧倒される作品はなかったなぁ。多分見方が違うとは思いますが。
評価:★★★☆☆

【関連記事】

スポンサーリンク

優先順位を、あえて付けないという選択

画像
いつかやろうと思っていることと、やらなくちゃなぁと思っていることはかなりかぶっていたりする。オトナになるってのはそういう妥協という塵の積み重ねのようなものだ。
妥協とはいえ、その未処理の案件はたいてい大した野望があるわけでもなくて、そのほとんどはちょっとしたことであって、時間があればできることがいっぱい。動画編集であったり、確定申告のための住基カード申請であったり、BTOパソコンを組むことであったり、少し腰を据えて望めばできることばかり。やらないだけなのだ。
すぐに処理していけばそうそう塵は溜まるものではないが、これが少しずつ少しづつ積み重なっていくとそう簡単にどの階層から手をつけていいかわからないくなり、手をつけないまま時間が過ぎていくという悪循環が起きる。これは、”積みゲー”のような状態によく似ていますね。
年を重ねていくとそういった状況がよく発生します。
子供の頃のように自由持時間が使えないというジレンマと、子供のとき以上に視野が広がり興味対象が多くありキャパオーバーに陥っているということ。
これは、子供の頃はそう簡単にゲームを買えなかったので、とことんひとつのゲームをやりこむのと良く似ている。
じっくりやって十分な結果が出るとは限らないので、とりあえず手をつけるという精神は忘れたくないなぁというお話。
時間をかけて100%以上の結果を望むよりも、サクっとやって90%に近い結果を出していったほうが遥かに有意義な気がする。大事なことほど、そう。
人生は有限なのだから。

スポンサーリンク

まさに、夏暑くて冬寒い

とりあえず、カーテンが付きました。
シースルー生活からは無事脱却できたようですよ。
そしたら、「なんか開放感がなくなったね」って言われました。
違いますよ違いますよー。
今までが開放的すぎたんですよ!!!!
今ある現状が当たり前になって、それがなくなった時の大切さに鈍感になってしまうのは避けたい。
だから敢えて言おうと思う。自分を戒めるためにも。
窓が6つもあるこの家は昼夜問わずに丸見えでしたと。
この環境に馴染んでいた自分にちょっとびっくり。
ちなみにまだお茶碗がありません。
このままだと我が家はどんぶりにご飯がデフォルトになりそうな勢いです。

スポンサーリンク

開演2時間でチケット売り切れ、1年で一番混む時期のディズニーランドに行ってみた

画像
夏の猛暑もおさまり、なんとか秋の気配が見え隠れしてきたので、東京ディズニーランドに行ってきました。
ディズニーランドはただいまハロウィン仕様でして、なにやら一年で一番混むというカオスな時期でもあります。それでも今日じゃないと意味が無いので。一生に一度くらい日本一のテーマパークの超混雑期を体験してみようと果敢に攻めこんでいきました。
まず入る前に、道が混んでます。いつも出発から車で1時間半くらいで着くところが、2時間半以上かかりました。しかも到着時刻が10時過ぎ。開演が8時からなので、もうすでに出遅れた感満載です。6時半過ぎに家を出たのに・・・自分の甘さを痛感しました。到着した時点で主要テーマパークはすべて150分待ち以上、200分待ちというのもざらにあるという状況。ほどなくファストパスも終了していきます
驚くべきは10時の時点で入場規制がかかったこと。
17時の当日チケット販売開始まで入れないそうです。
以前に昼頃に行って入場規制で帰ってきたことがありますが、朝10時の時点で入場規制とは、恐るべしハロウィン・・・・。僕らは日時指定のチケットだったので本当に良かったです。無事入園。

画像
園内は様々なアトラクションや飾り付けがハロウィン仕様になっていてまるで別世界です。

画像 画像
主要マスコットキャラから細部にいたるまでハロウィンのカボチャが至る所に見受けられます。
この時期だけパーク内のテーマを変えていると思うとスゴイですね。

画像 画像
もともとディズニーといえば「混んでいる」というのは当たり前なんですが、この日はハロウィンの土曜日、そして非常に天気が良かったということでとにかく人が多かったです。
こんなに人がいて、真っ直ぐ歩くことすら困難なディズニーは初めてでした。

画像 画像
角度を変えるとカボチャがあるキャラクターに見えます。

画像 画像
画像 画像
あらゆる場所がハロウィンに模様替えしていて歩いているだけでもテンションが上がるってもんです。カメラ構えまくりでしたよ。ゴミ箱ひとつとっても変更しているとは。夜はまた綺麗です。

画像 画像
さらに、この日は満月で、はかったかのように雲が晴れ、いい天気だったのですごく明るい空でした。とても綺麗な満月。今度、じっくり風景だけ撮りにいってもいいかなぁと思います。

画像
一日、ものすごく混んでいて、いつもと比べてアトラクションには全く乗れませんでした。ファストパスも2回しか取れずにすぐなくなっていたのには驚き。
しかし、そんな混雑のなかでも10分待ち以下で乗れる『スターツアーズ』(スターウォーズのアトラクション)をボクは評価したい。
ハロウィン仕様のディズニーは今月まで。来週の5日間は全身仮装OKな日なので、さらに混雑が予想されるので、行く予定のある方は日時指定のチケットを持っていくことをおすすめします。パーク内に入れないと何もできませんからね。お土産は買えますけど

【関連記事】

スポンサーリンク

ミチ

画像
いくつかある道から選択をして知らない道を歩んで行くのならば、
その先は今よりもいい方向であって欲しい。
その先は今よりも楽しいところであって欲しい。
その先は今よりも大きくなれるところであって欲しい。
知った未練や後悔よりも、真っ白な未知が続くほうがいい。
今までに背負ってきたものが重くても、捨てずに歩み続けよう。
通ったあとに自分の色に染まった道が残ればいい。

「疑う」を疑う

人は原因を求めたがる。
ある現象には必ず原因があるが、道路が混んでいたら、「ああ、今日は五十日だから混んでるんだね」、「雨だから混んでるんだね」と、それを追求し自分の中で (無理矢理にでも)納得し、落しどころをつけることで精神的な情報欲求を満たすことによって満足するのだ。
自分が知っている気になれるから。
“自分が”ね。ここが重要。
情報やニュースに疎い人よりもそういうことに対してキャッチャーな人のほうがそういう傾向が遥かに強い。
本当に些細な、それこそどうでもいいことにでも原因という名の”理由”付けをしたがるものだ。
ボクがそうだから。
溢れている情報に敏感になって、自分を納得させるだけの説得力のある理由を探すことは、常にそういうプロセスを踏むトレーニングにもなるからだ。
探究心がなく、知ったつもりになるよりはよっぽどいいはず。

テンションの奥行き

画像
電車の席でせわしなく操作をしているサラリーマンを見て、誰か片手で操作できるiPad作ってやれよ!! と思ったらiPhoneが脳裏をよぎったので無性にやるせない矛盾を感じた次第であります。
そんなボクはXperiaで「おれは寝るぞー」と打とうとしたら、「おれ跳ねるぞー」と出てきてちょっとテンションが上がってしまった。
上がったテンションのままやりたいことをやってしまおうと意気込んでも自分のスペックが追いついていなくていまいち作業効率と時間×労力の計算に時間を割いてしまう夜の部。
境目の感覚が曖昧になったのか、あっという間に朝が来ます。
結局なにもやらないで、明日に残った”何か”で今日を生きているんです。
自分が3日前何をしていたか、一瞬思い出せなくなりますけど。
それもよく言えば今を生きているから。

ミッシングリンク

画像
自分が年をとったと感じるのは、自分を見てではなくて、自分の周りが年をとったと感じるとき。
特に年下が成長しているとき。
毎日自分を見ていて年をとったなんて感じるわけがないので、ずっと独りでいればそう感じることは遥かに少ないんじゃなかろうか。
だから、自分の年を実感できるってことはそれだけ周りの人間の成長を感じ取れているってこと。
しかも、その比較対象が自分の分身である子供だったりなんかしたらそりゃあもう可愛いだろうし、毎日実感するでしょうよ。
そう考えたら、ああ、なんか年をとるって幸せなことだなあと思った。

網の中へ入る

画像
推し量ってばかりじゃなにも動けないですよね。
求められることばかり考えて、自分だけぬるま湯に浸ろうとするこのクセをどうにかしたい。
覚悟をしてしまえば恐ろしいほど楽しめるのに、相手の出方ばかり気にして、動く理由を探そうとするのはあまりに生産性がないじゃないか。
目の前の草は、自分で掻き分けよう。

壁掛け時計

画像
夢を見ました。
夢に見ていることがちょっとずつ現実になっていく感覚のある変な夢。
目が覚めるとまだ見慣れない天井。いつもと違う角度からの光。
不思議な空間にいて、周りを見渡して初めて安心する物を見つけてそれが現実になっているという実感が湧いてくる。
また、まどろみながら夢を見ます。