日別 アーカイブ: 2010年9月4日(土)

ゴールデンスランバー

ポスター
邦題:ゴールデンスランバー
監督:中村義洋
原作:伊坂幸太郎 『ゴールデンスランバー』 (新潮社 刊)
脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一
音楽:斉藤和義
主題歌:斉藤和義 『Golden Slumbers』 『幸福な朝食 退屈な夕食』
撮影:小松高志
編集:阿部亙英
出演:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、柄本明、濱田岳、渋川清彦、ベンガル、大森南朋、貫地谷しほり、相武紗季、永島敏行、石丸謙二郎、ソニン、でんでん、滝藤賢一、木下隆行、木内みどり、竜雷太、伊東四朗、香川照之、他
データ:2010年/日本/139分 [東宝]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆
[ストーリー]
 凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられながら逃亡を続けるが……。
(シネマトゥデイ)
[インプレッション]
原作の事件が発生する部分、美味しいところをしっかりと切り取り、なおかつ作品の持つ魅力を損なうことなく2時間強の映画 (エンターテインメント)として完成させている。非常に完成度の高い作品。
予告や事前情報のふれこみだけ見ると、容疑者にしたてあげられた主人公が国家すら巻き込む大きな権力との戦いを描くサスペンスアクションかと思う。しかし、蓋を開けてみれば見事な青春ロードムービーではないか。
感動するべきシーンにすらシリアルな笑いがあり、そういった描写がところどころに散りばめられていて、全く飽きさせようとしない。骨組みにしっかりと張られた伏線、物語を動かす魅力的な登場人物、そして説得力のあるリアルな設定とバランスの取れた役者陣がそう見せるのだろう。
観客は物語の筋をただ見ているだけで状況が把握でき、物語における登場人物に感情移入しやすい構造になっている。それを観客しかわからないように挟まれていく回想シーンがとても絶妙で、作品のテンポを崩すことなく観ることが出来る。
純粋に楽しめるのだが、結果として細かい部分に目を当てていくとうまく出来ているなぁと思う。脚本の説得力によって多少現実離れしたキャラクターの行動も十分に許容できる。そもそも、そこを気にする作品ではないのだから。

【関連記事】

スポンサーリンク