月別 アーカイブ: 9月 2010

『ニンテンドー3DS』は2万5000円で来年2月に発売と正式発表

2010-09-29

「ニンテンドー3DS」は2011年2月26日発売決定――価格は2万5000円
任天堂は9月29日、千葉県・幕張メッセで「Nintendo Conference 2010」を開催し、今年3月に発表した「ニンテンドー3DS」を、2011年2月26日に発売すると発表した。価格は、2万5000円。発売時のカラーリングはアクアブルーとコスモブラックの2色となる。

[ITmedia]

本日の任天堂カンファレンスで兼ねてより予定されていた任天堂の次世代携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」の発売日と価格を発表した。
現在公式で判明しているスペックをまとめてみた。

希望小売価格
25,000円 [税込]
発売日
2011年2月26日
セット内容
ニンテンドー3DS本体
ニンテンドー3DS専用充電台
ニンテンドー3DS用ACアダプタ
ニンテンドー3DS専用タッチペン
SDメモリーカード(2ギガバイト)
ARカード(6枚)※カメラで撮影して遊ぶことができる紙のカード
かんたんスタートガイド
取扱説明書
保証書
サイズ
横:約134mm 縦:約74mm、厚さ:約21mm
重量
約230グラム
上画面
3.53インチ
裸眼立体視機能つきワイド液晶
800×240ピクセル(左目用、右目用交互に400ピクセル割り当てで立体視を実現)
下画面
3.02インチ
タッチ入力可能
320×240ピクセル
カメラ
内側カメラ1個
外側カメラ2個
解像度640×480ピクセル(0.3メガピクセル)
無線通信
2.4GHz
無線LANアクセスポイント経由でインターネットに接続可能
WPA/WPA2対応
入力
A/B/X/Yボタン、十字ボタン、L/Rボタン、スタート/セレクトボタン
スライドパッド(360度アナログ入力)
タッチスクリーン
内蔵マイク
カメラ
モーションセンサー
ジャイロセンサー
その他入力
3Dボリューム
※3D表示の立体深度を変更可能
HOMEボタン
無線スイッチ
電源ボタン
コネクタ
ゲームカードスロット
SDメモリーカードスロット
ACアダプタ接続端子
充電端子
ヘッドホン接続端子
サウンド
上画面左右にステレオスピーカー
タッチペン
伸縮可能(伸ばした状態で約10センチ)
バッテリー
リチウムイオンバッテリー
ゲームカード
ニンテンドー3DS専用ゲームカード
サイズはDSカードと同等
容量は発売時点で最大2ギガバイト

ここまでは既出だったが、今回の発表で注目したい点は主に”すれ違い通信”の進化だ。
特徴的な機能は以下のとおり。

特徴的な機能
・ 裸眼で3D映像が楽しめる上画面
3Dボリュームで立体感を調節したり、2D表示にすることも可能
・ 3D写真撮影ができるステレオカメラ
外側カメラは左右2個搭載。3D写真を撮影し、その場で3D表示可能。
・ 新しい入力インターフェース
スライドパッド、モーションセンサー、ジャイロセンサー
いつの間に通信
ニンテンドー3DSがスリープモードのときに、ニンテンドーゾーンや無線LANアクセスポイントを自動的に探索し、インターネットから情報・ ゲームのデータ・ 無料ソフト・ 映像などを“いつの間に”か届けてくれる機能
・ すれちがい通信
ニンテンドー3DSがスリープモードのときに、自動的にほかのニンテンドー3DSとデータを交換する機能。複数のゲームのデータを同時に通信することが可能
ゲームを終了せずに呼び出せる便利機能
HOMEメニュー、インタネットブラウザー、おしらせリストなど。
・ 豊富な内蔵ソフト
ニンテンドー3DSカメラ、ニンテンドー3DSサウンド、Miiスタジオ、すれちがいMii広場、ARゲームズ、思い出きろく帳など。
・ ゲームソフトなどのダウンロード販売
ソフトの購入に加え、ソフトの紹介映像やランキングなども閲覧可能。
・ ソフトとデータの引っ越し機能
購入済みのダウンロードソフトを新しいニンテンドー3DSに引っ越し可能。ニンテンドー3DSiやニンテンドーDSi LLからニンテンドーDSiウェアを引っ越しすることも可能。
※引っ越し回数には制限があります。
※引っ越しできないソフトもあります。
・ 互換機能
ニンテンドー3DS専用に開発された新作ソフトを楽しめるほか、ニンテンドーDSiを含むニンテンドーDSシリーズソフトを遊ぶことも可能
・ 保護者による使用制限機能
子どもにも安心して使えるように、レーティングによるゲームの起動制限やブラウザーの起動制限など、保護者による使用制限機能はニンテンドーDSiからさらに機能拡充。

驚くべきはソフトを起動していなくても(昔プレイしたデー無でも)データが3DS内にあればすれ違い通信ができるという点。
この機能を利用した様々なゲームが開発されることだろう。今から楽しみだ。
そして地味に気になっているのがMiiのパーツが増えるということ。
すれ違ったプレイヤーのMiiを集めることでアバターの交換のようなことが容易に行われるだろうし、このMiiをシステム場利用したゲームもこれからはどんどん増えていくだろう。

最後に価格。
参考までに今までの任天堂の携帯ゲーム機の日本国内での発売日と価格を比較してみた。

1989年4月21日 ゲームボーイ:12800円
1998年10月21日 ゲームボーイカラー:8900円
2001年3月21日 GBA:9800円
2003年2月14日 GBASP:12500円
2004年12月2日 ニンテンドーDS:15000円
2010年6月19日 ニンテンドーDSL:16800円
2008年11月1日 ニンテンドーDSi:18900円
2009年11月21日 ニンテンドーDSiLL:20000円
2011年2月26日 ニンテンドー3DS:25000円

スペックを見るとしょうがないのかもしれないが、こう見ると少し高めだと言わざるをえない。
さらに据え置き機のWiiと同価格帯と考えると、年末商戦での買い控えも心配される。
すれ違い通信はお互いが端末を持っていて初めて意味がある機能なので、どこまで本体を普及させられるかが大きなポイントになると思う。
まぁ、本当に必要なのは魅力的なソフトなのですがね。

【関連リンク】
・ 任天堂カンファレンス2010
http://www.nintendo.co.jp/n10/conference2010/

【関連記事】

スポンサーリンク

ラバーペンシル錯視

画像

固いはずの鉛筆を指でつまんで上下に振るとぐにゃぐにゃに曲がって見えるように、物事はその人のいる位置から見る捉え方によってずいぶんとひん曲がって見えるはず。
同じものを見ているはずなのに。
フィルターがないから直に来るんだよね。
だからある意味完全に信じきってる。
いいことも、悪いことも。

自由につまむ場所を変えてしまえばずいぶん楽になるとは思うけど、そこにカテゴライズすると”ただの他人”ともいえる。
気づかれないような距離を保つってことで、信じているんじゃなくて、傷つきたくないだけの行動パターンに従事してしまう。
たいていはそうやって生きていても大丈夫。
もしろ波風立てないように生きていける。我慢していけばいいのだからね。
恐ろしいほどつまんないけど。
それが自分の一生を左右するとなったらなおさら。
だから持ち方やつまむ場所を変えようなんて思わない。
同じものを見ているんだから。

スポンサーリンク

曇り空のおかげで神々しい夕焼けに拝めました

画像
前回の日記 (晴れていたので新江ノ島水族館に行ってきました)にも書きましたが、土曜日に新江ノ島水族館へ行ってきたんですよ。そこでの帰り際、海に日が沈んでいく様があまりにも綺麗だったので、個別にレポートしたいと思います。
何気にここで夕日を見るのは初めてだったのですが、雲間から漏れる光がとても綺麗ですよ。

画像
午後の空です。まだまだ太陽が高いところにありますね。雲がかかっているので最高の天気とは言えませんが気温があったのでサーファーや泳いでいる人たちがいっぱいいます。

画像
夕方16過ぎにもなるとだいぶ太陽が落ちてきました。水面に反射する光がとても眩しくて目を開けていられません。
見た目の大きさ的には『ドラゴンボール』でいうフリーザ戦の悟空の元気玉くらいでしょうか。

画像
ここから一気に落ちていくんですよね。
時間経過の写真を置いていくのでじっくりとご覧ください。

画像
少し構図を変えた画です。
雲間から漏れる光が美しいシルエットを作り出しています。

画像
だいぶ太陽が落ちてきました。いよいよ夕焼け空なんですが雲が多くてそこから漏れる光がすごいことになっております。
まるでRPGのラスボス戦みたい。『ファイナルファンタジーVI』のケフカ戦あたりですね。

画像
夕焼けももう後半です。サーファー達も続々帰り始めてますね。太陽もすっかり沈んでいてここから一気に暗くなってきます。大体17時くらい。
今度は雲ひとつない空で拝んでみたいものです。

【関連記事】

スポンサーリンク

晴れていたので新江ノ島水族館に行ってきました

画像
台風が来ていたらしんですが、雨が止んだらすっかり晴れていたので、青空に誘われて江ノ島まで行ってきました。きれいな空が見えるかと、一眼レフ持っていったので写真をいくつか。江ノ島へは泳ぎに行ったわけではないので、新江ノ島水族館へも行きました。

画像 画像
片瀬江ノ島駅から徒歩3分ほどのところにある新江ノ島水族館。海岸線沿いにあるデカイ建物です。大人2000円もしたっけ、っと思いながら入ります。実は1年と2ヶ月ぶりだったりします。

画像
入ってすぐにイルカショーが。満員は客席です。

画像 画像
イルカがポンポン飛んでいきます。トレーナーとのコンビネーションもバッチリ。なかなか楽しめました。

最後に動画を。イルカさんが宙を舞います。いいのかな、いいんだよね貼ってもカメラ撮影OKだったし。ダメだったら教えてください。すぐに消します。

画像
ショーが終わったら近くでイルカを見ることができます。
先日金曜ロードショーで『ディープ・ブルー』 (サメの映画)を観ていたのでちょっと怖い

画像 画像
水族館の館内では様々な魚たちを観ることができます。大きな水槽も。時々インストラクターのダイバーが水槽に入って餌を上げています。
綺麗な魚はいっぱいいるので、ちょっと見所を変えてご紹介。

画像
オオグソクムシ」です!!
見てくださいあの、目を。宇宙生物としか思えない風貌で、屍肉を好んで食べるそうです。新江ノ島水族館に来たら一度はみておかないと。

画像 画像
そして、やたらフィーチャーされているクラゲさんたちも注目したいところです。

画像 画像
綺麗です。綺麗だし、光量的にとても写真が撮りやすい環境になっております。コンデジでも結構いい写真が撮れますよ。

画像 画像
最後に、ウミガメさん。ずっと、じいっと海をみておりました。ナニを思うんでしょう。
他にもいろいろな企画がやっており、楽しめますよ。行ったことない方は是非。

【関連記事】

スポンサーリンク

結婚は人生の墓場です

画像
結婚は人生の墓場らしいです。
当たり前ですが、好きな人を妻にできる(環境がある)ひとは最高に幸せなんだと思う。
30歳直前まで彼女がいなかった男性の、ネットでの書き込みでこんなものがあった。
「結局、彼女がいるかどうかなんてどうでもよくて、好きな人を彼女に出来るか、が問題なんだよね」
自分自身がよほどの高スペックでなければ、妥協しないと彼女なんてできない。街で見かけるカップルも大抵はどちらかが妥協しているのがすぐわかる、と。
この男性は自分よりも年上の”そう好きでもない”女性と妥協して付き合い始めたらしい。
この内容は結婚に関する話題まで及ぶのだが、もちろん当面は結婚する気はないということ。
この考え方は、”好きな人を彼女にできるか“より、”彼女がいるかどうか“にシフト (妥協)した結果のひとつだそうです。
しかしながら、結婚においては、よほどの理由と妥協がない限り、好きでもない人と結婚し一生を添い遂げようとする人はいないので、妻がいるかどうか彼女がいるかどうかとは大きな違いです。こればっかりは妥協してできるわけがない、と。
だから、結婚できたのなら何が起こったっていいじゃないか。結婚は墓場だとか、プライベートな時間がないとか、自由に使えるお金がないとか、遊べないとか、そんなものは妻と一緒にいられるという幸せの前にはどうでもいいことじゃないか
そういう意味ならあの言葉は、あながち間違いじゃないと言える。
どうせ、最期は一緒に墓場に行くんだろうし。誰にも侵されない安住の場所に行く相手なのでしょうから。

ラバーズコンチェルト

オモテ
ヒューマンアカデミー同窓会企画舞台公演
ラバーズコンチェルト
[Cast]
【かえで】
浅古昌徳、内田絢子、大阪真瑠子、川田彩花、小林暖、志村美保子、須藤亜弥、津島麻実、寺澤美央、長井耶千与、浜田美香、一見暁、本山香織、和田献健
【あざみ】
和泉勇次、一色史、岡知紗冬、柏倉志保、金澤洋之、高山史也、笹本奈津枝、菅沼萌恵、千葉かおり、新元明恵、蛭田実穂、藤代勇一、藤原香、星野祐紀、諸岡みなみ
[Staff]
作・演出・作詞:貞岡秀司
演出助手:城市遼、太田恵美子
舞台監督・舞台美術:渡邉歩
製作:森口さやか
音響:三木大樹
照明:中山仁
作曲:YOUKISO
宣伝美術:鈴木萌子
衣装:平山雄也・高橋範衣
ヘアメイク:長江ちか、関根久美子
振り付け:森澤碧音
歌唱指導:荒川ゆかり
[Time table] 青字=観にいった回
9月18日(土) 14:00[A]/19:00[K]
9月19日(日) 14:00[K]/19:00[A]
9月20日(月) 14:00[A]/19:00[K]
9月21日(火) 19:00[A]
9月22日(水) 14:00[K]/19:00[A]
9月23日(木) 15:00[K]
 [上映時間:約120分]
[Ticket]
前売:2,800円
当日:3,000円
(全席自由)
[Place]
ラゾーナ川崎プラザソル
(→JR川崎駅 徒歩5分)
[劇団 公式サイト]
ラバーズコンチェルト告知ページ
http://humansibuya.tabigeinin.com/lovecon.html
[ストーリー]
昭和20年の暮れ。
焼け野原と化した東京に、一人の復員兵が降り立った。
かつての仲間との約束を果たすために…。
同じころ、一人の少女が上京する。
新しい時代の演劇に夢を馳せ、女流作家として名を成すために…。
歴史とは時代や立場によってさまざまに価値観が変わるプリズムのようなもの。
この作品はそれを物語で再現しようとする試みである。
表舞台で光を受ける役者たちの叙事詩のように、
あるいはそれを陰で支える作家の抒事詩のように。
役者サイドに立った あざみの物語 
そして
作家サイドを描いた かえでの物語。
一つの歌劇団を巡る全く違う二つのドラマ。
どうぞご期待下さい。

(チラシ・公式サイトから引用)
[インプレッション]
戦後間もない日本での歌劇団のお話。
2バージョンでの公演で、一方はコミカルに歌劇団内部でのお話、もう一方はそこに駆けつける仲間たちに焦点をあてたややシリアスなお話と、2作とも見ると互いが補完できるというのが面白い。
ボクはシリアスなほうを見たわけですが。まぁ、言いたいことはよくわかるし、こういうテーマを扱うてことは大体そっちの方になるんですがね。仲間の生き死にのハナシ。
どうしても距離感を感じてしまう。仲間が死んで涙するようなシーンはあるんだけど、どうしても役者のテンションとお客さんまでの間に差を感じてしまう。重要な台詞を言っているのに、なぜか感情がここまで届いて来ない。どうしても傍観してしまっている自分がいました。
なぜなのか、登場人物の多さや、見せたいシーンと見せどころとの差がなさすぎて全体的に冗長になってしまいがちだったということと、台詞回しというか物量の多さ。
途中、歌劇団の歌と踊りを挟んでもどうしても動きがない。
これが舞台上との距離を感じてしまう一番の要因なんじゃないかと思う。
役者はしっかりと演じていて、下手でもないし、やることをやっていたと思うけど、コレは脚本的な問題なのか、ボクの好みの問題なのか、原因というよりは全体的に流れる雰囲気にどうしても感情移入できずに眺めてしまったんだと思う。
戦争ものということを差し引いてもテーマがはっきりとしているのに、物語の中でどうしても感情に動きがりがないので、こちらが積極的に見ようとしないとストーリーが追えないのはちょっと大変に思ってしまう。
一定のクオリティを保っていただけにもったいない。と感じてしまった。
評価:★★☆☆☆

【関連記事】

[HEAD PORTER] 財布がビルドアップしたので比較してみた。

画像
HEAD PORTER
タンカー ウォレット(S)
カラー:ネイビー
タイプ:ウォレット
サイズ:H120×W100 (mm)
正面:スナップボタン+ベルクロ開閉マチ付きコインポケット
内側:紙幣収納スペース2層式、カードフォルダー×3、ビニールカードフォルダー×1、差し込みポケット×2
備考:右サイド上部・リング付き
購入:HEAD PORTER Tokyo (原宿)
HEAD PORTERのタンカーウォレット、PORTER製のスタンダードなウォレットの中で一番コンパクトなサイズです。
実はこの財布とまったく同じタイプのものを長く愛用していて、今回2つあるボタンの片方が緩くなってしまっていたので同じものをプレゼントにてもらいました。あまりにお気に入りの財布なのでレビューしていこうと思います。

画像
ネイビーカラー。コンパクトですが使い心地は最高です。主にバッグに入れて使ってるんですがポケットにもスッポリ納まるところもいい感じです。

画像 画像
PORTERのタグと中身に光る”HEAD PORTER”タグです。というかPORTERとHEAD PORTERの違いはカラーがネイビーということとこのタグのみということで、機能的には何ら変わりありません。

画像
新旧並べたところ。カラーはブラックから今回HEAD PORTERの限定カラーであるネイビーに。3年くらいでしょうか、丁寧に使っていた方ですがやっぱりくたびれてますね。

画像
開いたところ。カードポケットは前面に見える4つの他にもその裏に2つあり、結構入ります。お札を入れるポケットも2種類あるのでレシートや割引券も管理しやすいかと。

画像 画像
PORTERタグの廃れ具合が、年季を感じさせます(左:新、右:旧)。完全に枠線なんかなくなってますからね。
「YOSHIDA」の文字や、「TOKYO・JAPAN」の文字なんかも、「YOS DA」と「OKYO・AFA」とか・・・なにやら中国とかのパチモノっぽくもあります。
相当使い込んでいくとボタンの塗装が剥げたり、ベルクロがほつれてきたりしますが、まぁ、コレはタンカーシリーズ特有のものでもあるので許容範囲でしょう。
使い心地は慣れてしまえば全然いいです。
ただ、ちょっと小銭の視認性が悪いので、何枚も小銭を選んで取り出そうとすると、ちょっと手間取ってしまうかもです。
ただ、全く同じタイプのものが欲しかったので、これでまた戦えます。
ひとつのお気に入りをとことん使い込むタイプです。
[良い点]

  • コンパクト
  • 以外にはいるカードポケット
  • イヤホンなどいろいろ入るマルチポケット
  • 素材が柔らかいので小物を傷つけない

[悪い点]

  • 収納力は少なめ
  • マチ付きだが、小銭が取り出しづらい
  • ボタンの塗装が剥げる
  • ちょっと物を入れるとすぐにパンパン

【関連記事】

フラクタル

画像
いろいろな情報が入ってきて、その材料で先のことを考えると頭が一杯になります。
常にさまざまな選択肢を考えておくんだけど、いうほど楽観的じゃあないから、どうしても悪いほうのパターンを想定してしまう。
そうやって、ある程度自己完結しないと足がでないタイプです。
いや、自己満足か。
隣に自分が予想できないようなパターンの生き物がいると、なんだか心から安心します。
活きてるって感じるから。
子供の頃からボクは何にも変わりません。
変わったのはこうして言葉にできること、その手段を持っていること。
それを発する相手ができたこと。
活かしてくれて、ありがとう。

悪人

ポスター
ポスター
邦題:悪人
監督:李相日
製作:島谷能成、服部洋、町田智子、北川直樹、宮路敬久、堀義貴、畠中達郎、喜多埜裕明、大宮敏靖、宇留間和基
プロデューサー:仁平知世、川村元気
エグゼクティブプロデューサー:市川南、塚田泰浩
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
原作:吉田修一 『悪人』
脚本:吉田修一、李相日
撮影:笠松則通
美術:杉本亮
美術監督:種田陽平
編集:今井剛
音楽:久石譲
音楽プロデューサー:岩瀬政雄、杉田寿宏
スクリプター:松澤一美
ヘアメイク:豊川京子
衣裳デザイン:小川久美子
照明:岩下和裕
装飾:田口貴久
録音:白取貢
助監督:久万真路
出演:妻夫木聡、深津絵里、岡田将生、満島ひかり、樹木希林、柄本明、宮崎美子、松尾スズキ、光石研、余貴美子、塩見三省、井川比佐志、永山絢斗、中村静香、韓英恵、山田キヌヲ
データ:2010年/日本/139分 [東宝]
鑑賞方法:ワーナー・マイカルつきみ野 (7番シアター)
評価:★★★★☆
[ストーリー]
 若い女性保険外交員の殺人事件。ある金持ちの大学生に疑いがかけられるが、捜査を進めるうちに土木作業員、清水祐一(妻夫木聡)が真犯人として浮上してくる。しかし、祐一はたまたま出会った光代(深津絵里)を車に乗せ、警察の目から逃れるように転々とする。そして、次第に二人は強く惹(ひ)かれ合うようになり……。
(シネマトゥデイ
[インプレッション]
とても地味です。タンカーも爆発しないし、小人も出てきません、ましてや撃ちあいなんかもないし、ゾンビも1体も出てきません。
しかし、残酷なほどリアルで説得力があります。
まず驚いたのはその台詞量の少なさ。情景というか、雰囲気を大切にしているんだろうけど、こういう映画でしっかりとこの”間”を使いきれるのはこの役者陣があってこそだと思う。
いくら間があっても全く間延びしないで見せられ、しっかりと見せておけることの出来る役者はそうはいないでしょう。
予告文句だけ見るとこの映画は、殺人を犯してしまった犯人に、必要以上の同情や連帯感、愛情などをもってしまう「ストックホルム症候群」の典型的な内容かと思うだろう。
しかし、決してそう見えない理由がいくつもあって、きっかけを作ってしまう大学生や殺されてしまってもしょうがないと思える女にすら共感できる点がある。もちろん殺めてしまった主人公にもだ。
それはいつ自分の身に降り掛かってもおかしくない、恐ろしく地味でリアルな説得力を生み出している。
はっきり言って、逃亡している犯人に肩入れしてしまい、互いに身を寄せ合って愛を語りだすなんて、しっかりと心情を見せていかないと”勝手に盛り上がっている2人”にしか見えない。だがそう見せない説得力と芝居をしているので、悲しさと、後悔、そしてどうしようもないという感情が苦しいくらいに伝わってくる。
“悪人”と言われ、世間ではこのひとことで片付けられてしまう事件が、実際にこの世の中にはいくつあるんだろう。
ネットやテレビのニュースメディアによって世間はあまりに狭く、意見が偏っていようがそのメディアでそう伝えられればそれが”正しい”と言われる。大多数がそう思う”説得力”があるからだ。
そういった断片化した情報だけを拾って、事実、全貌だと思い込んでいる人たちはボクを含めとても多いと思う。
そういった意味では、僕らはこの映画の登場人物の誰にもなれるし、なる可能性がある。どの立場になってみても、とことんリアルで悲しいどうしようもなさと、切なさがあります。
この映画は登場人物それぞれが、それぞれの”救い”を求めている映画です。
その”救い”がどのようなものであれ、生きています。
殺人という事件をテーマにした生きることを見せつけられる映画でした。

【関連記事】

シロかクロか

画像
9月16日。日付が変わって、ボクは誕生日を迎えました。28回目だそうです。仏滅だぜ!!
おまけに外は大雨というダブルコンボですが。
いつもより、ほんの少しだけわがままが許してもらえそうな日なので、今日はある程度のことは「誕生日のせい」ということにしてしまおうと思っております。
今年の目標は「居酒屋で年齢確認されないようになる」、
今日の目標は「傘を忘れない」です。
毎年誕生日を迎えるといつも思うんですが、子供の頃は、ひとつ歳が上がるとなにか全く違うことができるんじゃないかと思えてたんですよ。RPGのレベルや、ポケモンの進化のようにね。
今から14年前、14歳の頃に発売した初代『ポケモン』の新作が今週発売されるそうですね。
当時、金銭的な問題から2本買えず、『』を買うか『』を買うか、子供なりにデータを集めてどちらのバージョンのほうがメリットが大きいか白黒ハッキリさせようぜ!! とか思っていたんですが、ついに『ホワイト』と『ブラック』が出るのですね。今でも白か黒かで迷っているとは
こうやって新作ゲームの発売日を楽しみにしている今のボクと、14年前のボクとでは何が違うのでしょうか。
あの頃に見ていたものや思っていたことは変わらずに、少しずつ時間と共に積み重なったいろいろな経験則で変化して、今のボクになっております。
何一つ無駄なことはなかったように思えますし、ずっと無駄なことをしてきたから今こうやって考えられるのかとも思います。
ただ、今ボクの周りにいる大切な人が喜んでくれていて、ボクはそれを見て自分の誕生日を実感しています。
自分にとって大切な日は、自分の大切な人ににとっても大切な日。
これからも、できればこうやって年を重ねていきたいものですな。

【関連記事】