敷居をまたぐ

by axe | 2010年8月20日(金) 23:13

画像
もっとしっかりと準備したり、いろいろなアウトが変えてくることを想定して、いろんなパターンを考えたりしていたが、返ってきたのは想像していたよりもずっとシンプルな言葉と思っていたよりもずっと温かい心遣いでした。
おそらく自分でも最も妙な会話をしようとしていたと思う。
自分でも笑っちゃうくらい緊張しているような感じだったのを覚えているし、距離感という数値が表せるなら間違いなく体と心が同じ人間のそれではなかったと思う。
ただ、無様なくらいに無防備でストレートに向かおうと初めから決めていたので良かったと思う。
精神的な障壁がびっくりするくらい取り払われた。
物理的な距離よりも、精神的な敷居のまたぎかたがいかに大事か。


コメントする…