浮遊感

by axe | 2010年3月6日(土) 23:30

ゆっくりゆっくりと、確実に時間という歩を踏みしめながら、
自らをバカに晒す毎日。
少し前の自分と今の自分を比較すること自体に矛盾を感じながらも、
やってくる同じ季節にまた足を踏み入れます。
環境を気にするよりも、自分を認めさせることに何かを費やすよりも、
まずは今いる位置をひとつの枠に納めなくては。まずは納まらなくては。
それが先に進むための最善の行動だとしたら、
ボクはあらゆる矛盾を含んで行動している。


コメントする…