泥の中にある光

by axe | 2010年1月12日(火) 18:57

チラシ表
チラシ裏
清水康栄プロジェクト #2
『世界の片隅で呪い殺してやるよ世界』
『泥の中にある光』
[Time table]
【「世界の片隅でい殺してやるよ世界」/「の中にある光」の2本芝居になります】
2月2日(火) 19:00[呪]
2月3日(水) 19:00[泥]
2月4日(木) 19:00[呪]
2月5日(金) 19:00[泥]
2月6日(土) 14:00[呪]/19:00[泥]
2月7日(日) 12:00[泥]/16:00[呪]
■ 僕の本役は「泥の中にある光」の回です。
 (※ 開場は開演の30分前)
[Cast]
【世界の片隅でい殺してやるよ世界】
村山 新、池田久美、佐々木恭平(2.1流)、森口美樹(ロスリスバーガー)、明石香織 (大沢事務所)、柿田パリス(東京パリ帝国)、イエス・マメ (開店花火)、柴田美津子、波多野毅、他
の中にある光】
水野あきえ (excel human agency)、村山 新、池田久美、菅野佐知子 (劇団チョコレートケーキ/ノアノオモチャバコ)、斧口智彦 (ニチエンプロダクション)、和田哲也 (黒ハンバーグ)、ふくしまえみこ、波多野毅、清水康栄 (開店花火)、他
[Staff]
作・演出:清水康栄 (開店花火)
舞台監督:川田康二
音響:前田真宏
照明:宮路 央
演出助手:吉岡憲太 (劇団黒ハンバーグ)
サウンドディレクター:真鍋亜希子
宣伝美術:梶原貴志
スタイリスト:藤田和男
製作協力:小野智美 (開店花火)
製作:清水康英プロジェクト
[Ticket]
前売:2,800円
当日:3,000円
通し券:4,600円
リピーター割引:2,000円 (半券ご持参)
 (※ 日時指定/全席自由)
【要日時予約】
席に限りがあるので、日にちが決まりましたらお早めにご予約を。もしくは僕に連絡してください。
[Place]
劇場HOPE

劇場HOPE-地図

東京都中野区中野3-22-8
→ JR中野駅 南口徒歩7分。

[Story]
清水康栄プロジェクトは、葛藤をテーマにした会話劇を主体とする団体。
人間の心の奥にある汚いものや滑稽なもの、もの悲しいものを表現しており、今回のテーマは希望。
一つのセットを使い、過去と未来の2本立てになります。

世界の片隅で呪い殺してやるよ世界
借金をするということは、その人から信頼を受けるということ。
人を殺すというのは、存在を消したいというエゴ。
お金を貸してくれた人を殺したいというのは、借金という事実を消したいというエゴ。
人を殺した後に何が残るかわかんないけど、普通に生活出来るんだね。
泥の中にある光
恋人を殺してしまった男はその住まいを事故物件にするために日夜、来る人たちを脅かしていた。
そんな中一人の女性にばれてしまい一緒に住むことに。
その女性には死んだはずの男の彼女が見えるという。


[劇団公式サイト]
清水康英プロジェクト 公式サイト
http://sy-project.sakura.ne.jp/ (現在凍結中)
——————————–

2010年はじめの舞台。
ボクの芝居を見てくれてオファーを貰ったんですが、ボクはこの団体の第1回公演『遠くの空はカナダから、近くの海は瀬戸内海』を見ていたのですぐに出演を決めました。
前作も引きこもり、自殺、近親相姦、ドラッグ、同性愛、依存症といわゆる一般的に触れにくいセンシティブなテーマをがっつりとリアルな会話芝居で描いていたのでボクが公演を見たときに、非常に興味があったのです。
今回はテーマを”希望“にして、出来上がった作品がなんとも暗いものになったそうです(笑)。役者が変わってもこの集団独特の色はそのまま出ていると思いますのでご期待下さい。
世界の片隅でい殺してやるよ世界』、『の中にある光』の2本立てになり、それぞれの作品が”男女が住むあるアパートの1室“という同じセット上で展開される内容となります。
そのまま、”過去”と”未来”の話になっているんですが、どちらか一方だけでも十分に楽しめるようになっております。が、2本見てもらえるとそれぞれのリンクしている部分も垣間見れるというもの。
ちなみにボクが出演するのは『の中にある光』。
公演関係者の間ではこの作品のことをそれぞれ「呪チーム」、「泥チーム」と呼び合っているので、新年早々不吉な言葉ばかり飛び交う異質な稽古場でした(笑)。
今回も同棲結婚恋愛信頼友情など、通常希望を連想させるものから日常に潜む葛藤、不安をリアルにえぐるリアルな会話劇となっております。
ボクが演じる役はいままでやったことのないような役で、かなりぶっ飛んだことが出来るキャラクターなので稽古から楽しませていただいてます。
今までの出演作を見てくれている方ほど驚くかと。
なかなかとんがった作品なのでお楽しみに!!

【関連記事】

スポンサーリンク

コメントする…