[花 hana 2009] 7日目

by axe | 2009年10月7日(水) 23:35

10時入り。
昨日とはまったく逆の組み分けなのだが、どちらも平日ということでもかなりのお客様が入っていたよう。
客の数によって芝居が変わることはまずありえないが、やっぱり人に見せるものを作っている以上、なんだかんだ言っても数が多いのは嬉しいですよね。
それと、台風が近づいていると周りがソワソワしています。
予定では関東は今日の深夜から明日の朝にかけてがピークという事だが、見事に日本列島を舐めまわして行くつもりの18号さん。
お願いだから公演時間には被らないでほしい。
[柊組] マチネ 14:00 [名]
昼なのにものすごい数のお客様。
とてもスムーズにできました。
というか、裏役なんでスムーズに行かないととんでもないことになるんですけどね。
裏で参加しているある殺陣のシーンが日に日に速くなっていきます。でも気持ちいい。すごい速さですがテンションと動きが合っているのでどちらも気持ちいいし、見ている人にとってもどんどんよくなっていると思う。
[椛組] ソワレ 19:00 [名]
しっかり。
問題のシーンも丁寧にできたと思う。もっといけるってのが正直な気持ちだけど、それは相手も同じみたい。
というよりも相手にそう感じさせてしまうボクがよくないんじゃなかろーか。
お客様にもそれは伝わるんだろうか。幸い聞き知った分では大丈夫だったようだけど、もはや見た目でどうにかできる部分はとうに越えている。
同じことの繰り返し
これ以上突き詰めても答えはないよってことはよくある。
特に正解のない”表現”という世界ではそういったことがよくある。ありすぎる。
結局、どれが正解かわからなくなるのが一番怖い。
だから自分の中の軸はブレないように保っていないと。頑固という言う意味ではなく、根本的なことであって、強く、それでいてしなやかな柔軟性があれば申し分ない。
そうありたい。

LINEで送る
Pocket

コメントする…