[花 hana 2009] 6日目

by axe | 2009年10月6日(火) 23:58

10時入り。朝に劇場目の前にあるスタバに行こうと思っているんだが、どうしてものんびり行くことが出来ない。時間も無いけど、どうせ行くなら1時間くらいのんびりしていたので。
皆疲れが取れてきているので、いいテンションだと思う。
台風が近づいているらしいので、なんだか僕もテンションが上がってしまう。
[椛組] マチネ 14:00 [名]
前日までにちょっとした問題を抱えていたので、気負わないように、自然体でのぜめるように心がけた。
なんだかすごく久しぶりな気のする椛組でした。
いろいろと考えることがあって早く演りたかったのだが、試すというのとは違うが純粋に舞台に身を投げ出してみたかった。
今回の役はあまり計算してやる役ではないから、そのときの空気やテンションが非常に大事だと思う。
逆に言うと周りの調子にも流されないでできる役だと思うけど。
一本筋が通せたような気がしたので、やっぱり気の問題だったことが判明。
芝居は楽しいなぁ。
[柊組] ソワレ 19:00 [名]
テンション高く保ちながらできた回。ようやく各所に余裕が出てきたので、じっくりとシーンを楽しむことが出来始めた。
もちろん本役を壊さない程度にね。
なにんせよ、どの役を演じていようと手を抜くことは出来ないので。

ストレッチ

関係性
舞台上で技術以上に見せなくてはいけない要素の一つだと思います。
ただ、僕はこれまでの役では出演者と役どころに甘えていたと思う。
もっと対等に突き詰めていくと、こういった考えで役を作っていくことはかなり少ないかも。
もともとそういうアプローチの役作りをしないタイプってのもあるけど。
でもその相手に依存してしまうのも違うと思う。
見せ方とバランスなんだろうけど。


コメントする…