『Wii Sports Resort』の”Wiiモーションプラス”を装備してみた

by axe | 2009年7月7日(火) 23:54

Wii Sports Resort
Wii Sports Resort』です。発売日に買って来てちょいちょいプレイしてますが居合い切りとピンポンが面白すぎます
このWii Sports Resortには”Wiiモーションプラス“という今までのWiiリモコンの位置検出と加速度センサーにさらにジャイロセンサーを加え、モーションセンサーの精度を遥かに高める周辺機器が同梱されています。
Wiiリモコンにガチャっとドッキングさせるだけで使えるこの周辺機器。
今回はこの”Wiiモーションプラス”をレビュー。

開封 内容
Wiiモーションプラスは1個同梱されているのでパッケージは大きめ。
中にはWiiモーションプラスがリモコンジャケットごと入ってました。

表側 裏側
これが同梱されていたWiiモーションプラス。ジャケットとほぼ一体化していて、そのままパッケージになっております。
裏側にはしっかりと固定するための”LOCK”のボタンがあります。これはスライド式みたいですね。

並べてみました 表 並べてみました 裏
通常のWiiリモコンと並べてみました。
少し縦長になるのがわかりますねー。大きくなって、逆にグリップが良くなった感じでした。ジャケットの材質がゴムだからというのもありますけどね。

脱
さて、さっそく装着していきましょう。
まずは今までのWiiリモコンジャケットをはずします。いやん、久しぶりに丸裸になるWiiリモコンさん。

接合部
ジャケットの裏側に穴が開いているので、ストラップはつけたままドッキング可能です。便利。

装備完了
装着完了の図。ちょっと大きくなったWiiリモコンさん。新しいジャケットも違和感ありません。

2プレイ用
実は2人プレイ用に、Wiiモーションプラスを単品でもう一個購入しておきました。単品だと1,500円です。

スラップ
装着後、後ろ側はこんな感じになってます。ジャケットにはストラップ用の穴と、リモコンと合体した後も激しく振るのでしっかりと”LOCK”する必要があります。

コネクタカバー1 コネクタカバー2
底はこんな感じ。ヌンチャクやクラシックコントローラーの接続部である外部拡張コネクタはそのまま使えます
しかも、今までのWiiリモコンの拡張コネクタはむき出し状態で、リモコンジャケットのコネクタカバーをはめ込んでおくものでしたが、Wiiモーションプラスではプラスチックカバーが標準で付いています。これは便利。これでもうジャケットのゴムをぐにっと曲げなくてもいいわけですね。
(例:Wiiリモコンジャケットを装備してみた)
実はこれが一番の改良点だと思います。

立つ!! どこか哀愁が・・・
そして、Wiiモーションプラスを装備するとなんとWiiリモコンは立つことが出来るんです!!
Wiiモーションプラスによる絶妙なバランスにより凛々しくそびえ立つことが可能に。
とまぁ、ただ装備しただけの記事なんですが、このモーションプラスのセンサーは本当に精度が高いです。Wiiを持っていれば経験しないともったいないと言い切れるほど。
これからも対応ソフトはどんどん出てくると思います。
なお、『Wii Sports Resort』をプレイする際には必ずストラップを付けましょう。このソフトプレイしてリモコンをふっ飛ばしちゃう人がいるのがやっと分かった。ホント危ないです。

【関連記事】

[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

コメントする…