月別 アーカイブ: 3月 2009

[最近のレビュー] 2009年1月-3月

2009年1月-3月までのレビューまとめです。
1月から結構な舞台を観に行きました。自分の舞台がない時期は稽古などでの拘束がないので大抵こうなりますが、まだまだスケジュール的には行けない舞台もありました。残念。
映画:4本
舞台:12本

観劇に反比例して映画鑑賞が減ってるんですが、それはあまり関係ないと思いたい。
もっと観たい映画は沢山あるんですが・・・。『ドラゴンボール』とか『ドラゴンボール』とか『ドラゴンボール』とか・・・。
【映画】

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 – 2009年2月8日 (日)
データ:2008年/アメリカ/167分 [ワーナー・ブラザーズ]
鑑賞方法:ワーナー・マイカル・シネマズ 新百合ヶ丘 (2番シアター)
評価:★★★★☆

→ とてもキレイなブラピととてもキレイなデイビット・フィンチャーの演出が見れます。

『2LDK』 – 2009年2月9日 (月)
データ:2003年/日本/69分 [ザナドゥー]
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★☆☆

→ 開始15分間のテンションは異常なほど面白い。

『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』 – 2009年3月15日 (日)
データ:2009年/中国、香港、日本、韓国、台湾/144分 [東宝東和、エイベックス・エンタテインメント]
鑑賞方法:中野サンプラザ [試写会]
評価:★★★★☆

→ もともとひとつの作品を真っ二つにしたものなので、テンションは持続するが展開に関しては疑問点が多い。

『おくりびと』 – 2009年3月19日 (木)
データ:2008年/日本/130分 [配給]
受賞:第32回日本アカデミー賞 (作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、録音賞、編集賞)、第81回アカデミー賞 (外国語映画賞)
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆

→ 良くも悪くも、荒がない作品。”死”がテーマなのに、”死”を考えなくても見ることができる。

【舞台】

『広くてすてきな宇宙じゃないか』 – 2009年01月13日(火)
演劇集団キャラメルボックス 第14回公演 ハーフタイムシアターVol.2
[1990年4月17日 – 4月30日] 公演時間:約45分
新宿シアターモリエール
チケット:— (ビデオにて鑑賞)
評価:★★★★☆

→ テンション、テンポ、キャラメルボックスの基本が詰まった作品。なので、相当古い。

『ジャングル・ジャンクション』 – 2009年01月16日 (金)
演劇集団キャラメルボックス アナザーフェイスVol.2 ダブルヴィジョン (「ゆ組」=作・高橋いさを)
[1993年10月4日 – 10月17日] 公演時間:約90分
俳優座劇場
チケット:— (ビデオにて鑑賞)
評価:★★★☆☆

→ 勢いと、何でもありの展開に時間を忘れる。

『タイトル未定 ~NO TITLE, NO LIFE』 – 2009年01月07日 (土)
東京P.R.O 15th Field Play
[1月15日(木) – 1月20日(火)] 公演時間:約105分

シアターグリーン BASE THEATER
チケット:2,500円
評価:★★★☆☆

→ ぶしつけに見えてちゃんと抑えられているストーリーライン。

『KiZuNa』 – 2009年1月18日 (日)
活劇集団東京幕府 スクラッチ 合同企画公演
[1月15日(木) – 1月18日(日)] 公演時間:約180分 (休憩15分)
武蔵野芸術劇場
チケット:¥3,000
評価:★★★★☆

→ 時代劇とエンターテインメントというバランスがとてもよく取れている作品。

『やまびこ67号、応答せよ!』 – 2009年1月31日 (土)
演劇集団キャラメルボックス 番外公演 キャラメルボックスと行くJR東日本シアターエクスプレス’96
記録時間:約220分 (VHS2本組)
JR新幹線車内
チケット:— (ビデオにて鑑賞)
評価:★★★☆☆

→ その場じゃないと体験しきれない。記録映像。

『十二夜』 – 2009年2月16日 (月)
東京アナウンス学院 放送演技科 1EA進級公演
[2月16日(月)] 公演時間:約170分
東京アナウンス学院 アトリエクマノ1K1
チケット:—
評価:★★☆☆☆

→ 個々の差がはっきりとわかる内容の、ガチの戯曲。

『宇宙花火師 ~2059年、アストロノーツに憧れた少年の見た夢~』 – 2009年2月19日 (木)
宇宙食堂 メニュー#04
[2月18日(水) – 2月22日(日)] 公演時間:約120分
東京芸術劇場 小ホール1
チケット:3,200円
評価:★★★★☆

→ パワーとテンションで引っ張っていく、典型的なエンターテイメント舞台。

『東京ドーム・ニクーリンサーカス』 – 2009年2月22日 (日)
東京ドームシティ JCB HALLイベント
[1月18日(日) – 3月7日(土)] 公演時間:約120分 (休憩15分)
JSB HALL
SS指定席 アリーナ席:8,000円
評価:★★★★☆

→ 久しぶりにサーカスというものをこういう視点から見た。

『ピューパルメモリ Pupal Memory』 – 2009年2月26日 (木)
DMF vol.6
[2月25日(水) – 3月1日(日)] 公演時間:約150分
東京芸術劇場 小ホール1
チケット:3,500円
評価:★★★★☆

→ 演出の統一性が見事。いい意味でお芝居らしくない。

『結・・・活ぅ?』 – 2009年3月8日 (日)
なゆたハムニダ 第4回公演
[3月5日(木) – 3月9日(月)] 公演時間:約100分
てあとるらぽう
チケット:2,500円
評価:★★★☆☆

→ 淡々としているが、飽きる要素がない。スルメみたい。

『SPY』 – 2009年3月12日 (木)
スプーキーズ presents #03
[3月12日(木) – 3月18日(日)] 公演時間:約130分
きゅりあん (品川区立総合区民会館) 1F小ホール
チケット:3,000円
評価:★★★☆☆

→ 説得力と緩急のお芝居。

『拍手は2度目のカーテンコールで』 – 2009年3月8日 (日)
8割世界 その10
[3月25日(水) – 3月29日(日)] 公演時間:約120分
中野 劇場MOMO
チケット:2,500円
評価:★★★☆☆

→ お約束のような丁寧なシチュエーションコメディ。

[まとめ]
今期もなんだかんだ言って合計16本見てました。もっとレンタルでDVDとか見たいんですけどねー。『猿 mashira 2009』の稽古が詰まってきてるんで時間が取れないんですよねー。
稽古終わって家に帰ると深夜1時だし、最近は気づくと時間がぶっ飛んでて早朝になってるとかザラです。ここで言ってもしょうがないですね。うん。稽古がんばってます。
良かったのは『レッドクリフ Part II -未来への最終決戦-』を公開前に試写会で観れたことかなぁ。公開日には本番始まっちゃって観にいけないからなぁ。

【関連記事】

スポンサーリンク

裏プロの荒通し

事務所のレッスンでどうしても参加できなかった燎組の荒通し。
こっちは裏役だけど、はっきり言って裏役のほうが確認したいことがいっぱいある。
今回も表よりも忙しいそうで、ありがたいことです。
ZAPPAの稽古は18:00に抜けてきたので、その後の荒通しがどうなったのかわかりませんがきっといい勢いでできたはず。くわしくは知らない。僕の代役が誰になったのかもわからない。
そう思うのは、キャストによって絡めるシーンがはっきり分かれている今作は、ある程度流れが固まったらこういう通し稽古のほうが効率がいい気がする。
そろそろ何も考えずに、台本も持たずに自由に身を任せられる環境になってきた。

スポンサーリンク

初の荒通し

現在来ている台本までの荒通しでした。今日は焔組で明日は燎組。
実は通してのシーンのつなぎは初めてだったりするのに案外すんなり通ってしまっていたことに驚きと少しの安心。
全体の完成度に関係なく、自分らのベストを出し切っていればいい。たとえそれが作品のバランスから突き抜けていようと。それを制御するのは演出に任せればいいと思う。
言われるまでやり続けようと思う。たとえエゴでも、共演者が引っ張られるくらいに見せつけてやりたい。
一役者として立たせてもらえるこの環境下で。
ただ、一本通して本当に気持ちよく演じられた。まだまだ精度が上げられるけど、なんとなくもやもやしていた軸が固まってきたと思う。そういう意味でも、今回の荒通し敢行は、とても意義があるものになった。

スポンサーリンク

拍手は2度目のカーテンコールで

オモテ
ウラ
8割世界 その10
『拍手は2度目のカーテンコールで』
[Cast]
小林守、本多智、吉岡和浩、高宮尚貴、神原哲 (遊舞台)、佐倉一芯 (東京凡人座)、小松薫 (東京凡人座)、加藤藍子 (劇団朋友)、片山響子、橘未佐子 (ホワイト・キャンパス)、など
[Staff]
脚本・演出:鈴木雄太
舞台監督:松本翠
舞台美術:伊藤智史
照明:千田実 (CHIDA OFFICE)
音響:楠瀬ゆず子 (Sound Cube)
衣裳:熊野優
宣伝美術:佐々木純
[Time table] 青字=観にいった回
3月25日(水) 19:30
3月26日(木) 19:30
3月27日(金) 14:00/19:30
3月28日(土) 14:00/19:00
3月29日(日) 14:00
 [上映時間:約120分]
[Ticket]
前売:2500円
当日:2800円
(全席自由)
[Place]
中野 劇場MOMO
(→中野駅 南口徒歩10分)
[劇団 公式サイト]
■8割世界■
http://8wari.zashiki.com/index.html
[ストーリー]
とある小劇団”KASABUTA”が抱える、ある問題が次第に大きくなり劇団員を巻き込んでいく。
[インプレッション]
ひとつの小劇団が抱える問題や、劇団員の悩みを見せながら一つの場面で展開していくシチュエーションコメディ。
それぞれの関係性や勘違いからくる些細な間違いや台詞の妙を多用していて狙う笑いとはまた違った面白さをちゃんと見せてくれる。
登場人数が多い割に、関係性がきちんと見えていたので展開がとてもわかりやすかった。だが、ストーリーに関しては公演時間の割りにもっと展開があってもよかったようにも感じられ、各シーンに一貫した作品の軸がなく良くも悪くもひとつの話をどんどんこじらせていくタイプのシチュエーションコメディ。それゆえ脱線とも取れるような展開が続くこともあり核心の内容はほんの少しである。はっきり言って必要ない役すらいる (面白いのだが)。
そういう意味で観ればボリューム不足。しかし役者の個性はとても際立っておりそう見させないだけの魅力があり、飽きることはまったくない。見終わった後のなんとなく感じるボリューム不足と言ったところかなぁ。
役者の個性をよく把握している脚本とそう見せる実力をもった役者の、とてもバランスのいい劇団だと思う。
観終わった後、語るべきものは多くないのだが、それだけ覗き見る感覚で客が舞台に参加でき、笑えるのだと思う。
評価:★★★☆☆
【関連記事】

スポンサーリンク

ハンドスタンド

身の回りの桜が知らぬ間に咲いていて、暖かくなってきたなぁと思っていたら急に気温一桁台とか。バカか。
あんまり寒いんで家に帰ったらすぐにシャワーを浴びて、そのおかげでまったく食欲なくなって寝てしまうんで、朝にはやたら腹が減ります。
最近、稽古中に逆立ちとか練習してて、まだ未熟なのでいろんなところが微妙な筋肉痛のようにビキビキしてるんですが、これは逆立ちのせいなのか寒さのせいなのかわからないけど現状健康体だからよしとしよう。おかげさまで元気です。
逆立ちの方は30秒くらいしか維持できませんが。
そんなことより、のどが痛い・・・。
これは気温のせいじゃなくて完全に稽古での台詞が原因なんですが、ここに来て声がかれてきているのはあまりヨロシクナイ。
多分、今はそっちに気を使っていられないんだと思う。
自分が無意識にやっていることこそ意識してやらないとなぁ。
芝居ってそういうもんだからなぁ。

ルービックキューブみたいな

くるくると出力が変わる今回の芝居で、だんだんと自分の像が見えてきた気がする。まだ全然ぼやけているけど。
ただ、中心線のような基準が決まってないから、がむしゃらにそのシーンごとやっていて、結果いろんなところに負担が出てきている。
自分の役がどう見えているのかが、少し不安になるのは本当に久しぶり。
たぶん原因は、偉大な亡霊がアタマの隅にまとわりついているから。
壊しては組みなおす作業の繰り返し。

この家に引っ越してきて丸1年

去年、生まれて初めて家を出て (隣駅ですが)、この家に引っ越してきて今日で1年が経ちました。
いろいろありましたが、なんとか問題なくやれているみたいです。
後半いくつか舞台などもあったので、あっという間に過ぎていった感がありますが、この家が落ち着く場所になっているというのが一番の変化かと。
実家が一駅隣なので、ちょくちょく帰っていたりはするんですが、この1年間で実家に泊まったことは一度もなかったなぁ。
もともと洗濯機やコンロ、エアコンなどが無い部屋だったので、いろんなものを一から揃えて、照明器具から冷蔵庫、ソファにラグまで人生初めての買い物をがっつりしました。そりゃもうがっつりと。
他にもネット環境を整えて無線LAN導入したり、各種公共料金の払い込みの手続きをしたり・・・住民票の転出届にわたわたしていたのも、今となってはいい思い出です。
できればもう二度としたくはないですけども。
近いうちに1周年まとめ記事でもやってやろうかと思います。たとえ需要が無くても自分のために。
今年の目標は、ドレープカーテンを買うことです。
結局、レースカーテンのみで1年過ごしてしまったという事実に驚愕した。
ちなみに表札もいまだに手書きのまま (普通紙にボールペン)。
【関連記事】

ドメイン更新を忘れるとどうなるか理解した日記

久しぶりにPCの前で時間が取れたんで、このサイトを更新しようと【axe.com】を開いたんですが・・・、見慣れないオネーサンがテキスト広告とともに表示されました。
e-axe.com
ん・・・。一瞬理解できなかったんですが。
ドメインの更新を忘れてたー!!
「e-axe.com」のドメイン有効期限が昨日付けで切れていました。すっかり忘れてたんですが、サイト管理者として最低ですねー。

ちゃんと更新時期を知らせるメールがドメイン取得業者の「バリュードメイン」から来ていたんですが、最近の忙しさでついつい後回しにしているうちにあっという間に更新期限切れという失態。というか失敗。
ドメインの更新がされないと、そのドメインにアクセスしてもホームページは表示されません。

大慌てでグーグル先生に聞いてみると、どうやら有効期限切れのドメインにはある程度の猶予期間が設けられていて、復活方法が存在するそうです。ボクみたいなおっちょこちょいのための措置があるんですねー。
主に使われるgTLDドメイン (.com/.net/.org/.biz/.info/.name/.pro)の場合、実際有効期限が切れたドメインは、どのレジストラにも30日間程度の猶予期間があり、その間Whois情報でのドメインのステータスは「Locked」となり復活手続きが可能です。

これは「請戻猶予期間」といって、登録者のミスや予期せぬトラブルのため削除されてしまったドメインが他者の手に渡らないために導入された制度で、ドメインを取得したレジストラがこの請戻猶予期間を導入していれば約1ヶ月くらいたっていても復活させることができます

たまたま更新忘れなどのトラブルがあっても、大切なドメインが他人にすぐさま取得されてしまうことは無いってことですね。
まぁ、万が一にもそういったことがあった際は、すぐさま取得レジストラのサイトを見たり、問い合わせをするのがベストだと思います。ほぼ必ず有効期限切れのドメインに関する質問が載っているはずなので。

バリュードメインでもそういったQ&Aがあったので大丈夫だったんですが、有効期限切れが発覚してから半日くらいは入金して更新手続きをしようとしてもなぜか処理できなかったので焦りました。少し時間を置いて”1年”で更新したら無事更新手続きができたようです。

こういったトラブルはもう2度と起こらないようにしたいんですが、まぁ起きてしまった以上いい経験ということで、書いておきたいと思います。
なんとか事なきを得ましたが、今回の件でこのサイトは”半日くらい知らないオネーサンが表示され続けた“ことになるので、驚かれたことでしょう。
すいませんお騒がせしました。危うくサイトURLが変わるところでした。

浮き足

それまでと180度違う立場で臨む稽古。
楽しんでいるだけである程度まとまってしまう環境。
でもなぜだか気持ちが乗り切らない違和感。
胸を借りようと思っていたらあっちゅう間に飲み込まれてしまうから、楽しんでるだけじゃダメなんだよなぁ。
ああもう! ホント、大きいなぁ。

おくりびと

ポスター
邦題:おくりびと
監督: 滝田洋二郎
脚本:小山薫堂
音楽:久石譲
撮影:浜田毅
照明:高屋斎
録音:尾崎聡
美術:小川富美夫
編集:川島章正
出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、峰岸徹、余貴美子、吉行和子、笹野高史、他
データ:2008年/日本/130分 [配給]
受賞:第32回日本アカデミー賞 (作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、撮影賞、照明賞、録音賞、編集賞)、第81回アカデミー賞 (外国語映画賞)
鑑賞方法:レンタルDVD
評価:★★★★☆
[ストーリー]
 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。
(シネマトゥデイ)
[インプレッション]
アカデミー賞の外国語映画賞を見事受賞した作品で、注目度もかなり高かった本作ですが、アカデミー賞以前から前評判の高さには気になってました。
“死”というテーマを決して重くせず、時にはポップに描き、さらにはそこに関係する人たちの描写をうまく見せている映画。
こうしたテーマではつきものの宗教観については、あまり深く掘り下げられてないのがよかったと思う。もっと根本的な死というものを、身近な存在で描くことに意味があるので、そういった描写がとてもキレイに表現されているのが印象的だった。
役者陣も実力派ばかりで、作品の一貫性を保っているキャラクターや芝居にはじっくりと見入っていた。
ただ、夫想いの妻役に広末というキャスティングはもっと想像を超える人がいたと思う。いや、非常にうまいのだが。
良くも悪くも全体的にうまーく伏線が張られていて、脚本的にはお手本のような作りなのだが、感情が十分に伝わってくる作品になっている。しかし、決して号泣するような映画ではなく、最期まで安定したテンポで展開されているので荘厳な音楽もあいまってとても芸術的なタッチに仕上がっている。
賞レース向きというか、とてもキレイな映画です。