花 hana

by axe | 2008年8月21日(木) 23:53

くの一劇団ZAPPA (ザッパ) 第12回公演
『花 hana』
[Time table]
(あけび)組/ (なつめ)組のWキャストになります】
9月18日(木) 19:00[妛]
9月19日(金) 19:00[棗]
9月20日(土) 14:00[妛]/19:00[棗]
9月21日(日) 14:00[棗]/19:00[妛]
9月22日(月) 19:00[棗]
9月23日(祝) 14:00[棗]/19:00[妛]
9月24日(水) 14:00[妛]/19:00[棗]
9月25日(木) 19:00[妛]
9月26日(金) 14:00[妛]/19:00[棗]
9月27日(土) 14:00[棗]/19:00[妛]
9月28日(日) 12:30[妛]/17:00[棗]
■ 僕の本役は「妛 (あけび)組」の回です。
(※ 開場は開演の30分前)

[Cast]
【妛組】
前川正行、山形 匠 (ARROWS PRO)、都筑大輔 (81プロデュース)、斧口智彦 (ニチエンプロダクション)、北崎秀和 (スーパーホシイカトライブ)、中山和久、草野元紀 (シミズプロジェクト)、堂前俊匡、倭文 俊、高橋智哉 (立教大学演劇研究会)、荒井麻理、根本のりか、小倉ひとみ、新田えみ、橘 志乃 (株式会社 合力)、木村江里子 (フラッシュアップ)、松菜美樹

【棗組】
南 利寛 (劇団ZAPPA)、大西宏幸 (賢プロダクション)、寺岡 哲、河野誉生 (風凜華斬)、皆木俊彦 (三木プロダクション/劇団花鳥風月)、神山克己、坂井虎徹 (蓮エンターテイメント)、片柳克敏、小菅達也 (劇団命~みこと~)、岡田昌也、喜多史江、桃 (劇団ZAPPA)、坂本和代 (BESIDE)、三島冨美子 (劇団ZAPPA)、らむ (東京スモッグ)、羽音(はのん) (風ノ環~fu-ring~)、浜田恵美子 ((株)A-LIGHT)

【両組共通】
澤田正俊 (劇団ZAPPA)、矢ヶ崎昌也

■ 写真入りのキャスト表はおまちください (特設ページ準備中)
<追記> キャスト表の記事、追加しました – 2008年09月22日 (金)

[Staff]
脚本・演出:澤田正俊
演出サポート:asami
照明プラン:佐藤英生
照明オペ:古島宏明
音楽:塩田幸成
音響:志水れいこ
美術:須藤彰子
造形:彩sai
舞台:片桐章雄、高橋順一
サンプリング:酒井陽子
殺陣:栗原直樹 (WGK)
殺陣補助:五味良介 (WGK)、水谷悟 (WGK)
舞台写真撮影:勝村秀治
映像撮影・編集:宮坂敦子
衣装:ZAPPA衣装部、小原佳子
花ロゴデザイン:彩sai
チラシデザイン:西村正明、須藤彰子
制作協力:早川あゆ (J-Stage Navi)
制作:ZAPPA制作部、櫻井麻衣子

[Ticket]
前売券:¥3,000 (オリジナルグッズ付)
当日券:¥3,000
(※ 日時指定/全席自由)

【要日時予約】
混雑が予想されるので、劇場にくる前に必ず日時の予約が必要になります。日にちが決まりましたら僕に連絡してください。

■ 予約について (公式サイトから引用)
前売券以外 (当日精算券)の方もご予約をお願いします。
特に土日の公演日は満席になる可能性が高いので、予約がないとお席をご用意できない場合がございます。
(予約済みのお客様を優先させていただきます、ご了承下さい)

[Place]
東京芸術劇場 小ホール1
東京芸術劇場 小ホール1-地図

東京都豊島区西池袋1-8-1
→ 池袋駅 徒歩5分。

[Story]

江戸時代末期に結成された”草莽の志士、”赤報隊”。
「年貢半減」の勅上のもと、
官軍の先鋒として進軍していく相良総三率いる赤報隊は
年貢や運上に苦しむ農民達とであう。
時を同じくしてその村ではある事件が起こっており・・・

[劇団公式サイト]
劇団ZAPPA official web site
http://zappa-zappa.com/
——————————–

スポンサーリンク


去年から決まっていてた舞台。
劇団ZAPPAの10周年記念作品『花 hana』
約2年ぶりの完全新作となり、池袋演劇祭にも参加します。ボク自身今年2本目になりますね。
実は2年前から劇団ZAPPAさんの舞台に出演させて頂いてるんですが、完全な新作に出るのはは今回初めて。いままでは前回の再演や、8年前のリメイクでしたのでなんとなく話しの筋は分かってたんですが、今回は全く分かりません。どの役がどうなるのか、先の展開が全く読めないので稽古で台本が来るたびにドキドキします。

テーマは”赤報隊“と”忍者“。
この2つの要素がどうストーリーに絡んでくるのかは観てからのお楽しみ、というかまだ出演者にも分からないんですが、ZAPPAらしい幕末エンターテインメントに仕上がると思います。

すでに配役も発表されていてボクの役は”金原忠蔵“という赤報隊の幹部。赤報隊といえば一番隊総裁の相楽総三が有名ですが、この忠蔵は赤報隊を語る史実ではけっこう出てくる相良の右腕。
『花 hana』の中ではどういう人生を歩むかはまだわかりませんが、人間味にあふれた奴のようで、これからの台本が楽しみです。

ちなみに赤報隊二番隊の隊長は、なんと元新撰組の鈴木三樹三郎。実は前回の『風 -ふう-2』でボクが演じた役です (前作『風2』では死んでますが、史実では逃げのび赤報隊となる)。残念ながら今作には登場しませんが、なんだか感慨深いものがあります。

さらに、今回の見所の一つ”忍者”の存在ですが、チラシ画像を見てもらうと分かると思いますが、女性の忍者「くの一」が登場します。今回は劇団ZAPPA作品の中でも女性キャストの人数が史上最多となるようです。
劇団ZAPPA魅力の殺陣もばりばり健在ですので、ご期待ください!!

スポンサーリンク

この記事へのコメント (2)

  1. axe

    >>由布 さん
    コメントありがとうございます。
    今回も劇中に流れていた音楽は大変好評でオリジナルのサウンドトラックもかなり売れていたそうです。
    役者達もほとんど買ったようです。

    返信

コメントする…