オン・ザ・カッティングボード・アゲイン

by axe | 2008年2月11日(月) 23:16

もはや自分の手の及ぶ範囲ではない場合、事の結果を待つだけの時間はひどく残酷なものだ。
となれば、もはや何をしたって結果は変わらないのだから、せめて後悔だけはしないように心を整える余裕が欲しい。
何よりも、そう考えていたほうが気が楽だもの。
自分の運命を知った魚の場合、水槽で泳ぎまわっているのも、まな板の上に運ばれるのも、どちらも生きた心地はしない。”どちらかといえば”気が楽な方で運命を待ちたがるだけであって。

LINEで送る
Pocket

コメントする…