口に出す資格なんて、ない

by axe | 2008年1月19日(土) 23:55

あのときの見てた風景
あったものがなくなった時より、あったものがなくなりそうなときの方が寂しさを感じる。
久しぶりに見た風景はガラリと変わっていて、知っている場所を見つけるたびにいちいち安心しながら歩き、今度この風景を見るのはいつになるだろうかと、しっかりと目に焼き付けながら何個目かの点滅している信号で立ち止まる。

また同じ風景を見たときに、自分自信が変わっていない保障はどこにもないんだから。何かを残して行きたいと無性にそう感じるのは、寒さ以外の別の感情なんだと思う。
やっぱりきっと寂しいんだろうな。うん。
本人にだけ伝わればいいと考えてしまう自分は、つくづくずるい人間だと思う。


コメントする…