日別 アーカイブ: 2007年12月31日(月)

2007年を振り返る

2008年がやってくるぞぉぉーっ!
と、その前にやることはやっておかねば。毎年恒例(になった)今年を振り返るまとめ記事でも書いて年を越したいと思います。
今日は一気に部屋の大掃除をこなしながらいままで更新していなかった分を一気に更新、やっほい。
さて今年のボクは何をしていたっけな。

  • 1月
  • 例年になく最高の初日の出を江ノ島にて拝むことができました。おみくじは「中吉」でした。なんといっても『昭和家族 VS 平成家族』 (日テレ学院)の本番があったので稽古日記がバーッです。バーッ。あとはネタ日記。

  • 2月
  • 新しいことに挑戦した月でした。新しい世界が垣間見れただけでもよし。次に生かそうっと。Yahoo!動画にボクの舞台が無料配信されました。この前聞いたところによるとそれを見て劇団に来た方もいたそうで。ははぁ、ナルホドナルホド。期間限定ということでしたが、先ほど覗いてみたらもう配信停止してましたね。残念。

  • 3月
  • 約1ヶ月遅れで劇団ZAPPA『風-ふう-』の稽古に参加したり、DSテトリスのネット対戦で会い方にボコボコニされてたりと充実していた1ヶ月でした。なんかもうとにかくずっとZAPPA。

  • 4月
  • 劇団ZAPPA『風-ふう-』の本番を迎えました。10日間の公演ということでほとんど1ヶ月間ずっと舞台やってたような気がします。あ、エイプリルフール何にもやってなかったことに後悔した。

  • 5月
  • ついにダイビングのライセンス取得に乗り出しました。そしていきなり、一番最初のランクでもあるOWD (オープン・ウォーター・ダイバー)取得。機材やウェットスーツなどを購入。安くはなかった。

  • 6月
  • 待ちに待ったソニーのデジカメ「サイバーショット W200」を購入。ようやく自分専用のデジカメを持ち歩けます。
    そして次回舞台まで期間が空いたので余裕ができて観劇しまくりの月でした。舞台と映画あわせて9本の作品を観ました。レビューも盛りだくさん。

  • 7月
  • この月もいっぱい観劇しました。その数1ヶ月で8本 (映画も含む)。ホント何も稽古がないような時期は珍しくて、まぁ、出演舞台がない生活もそれなりに充実しているってことでしょうか。

  • 8月
  • 前回の次回作である劇団ZAPPA『風-ふう-2』の出演が決まり、稽古をしながらも花火大会やらなんやらをのんびり、せかせかと過ごしてました。

  • 9月
  • ZAPPAの稽古がだんだんと詰まってきていたり、新型iPodが発表されたりしました。”iPod touch”欲しい。今もっている「iPod nano」もこの日に世界で一斉に発表されました。台本が全然来ない、なんていいながら25歳になりました。

  • 10月
  • 約10日前にしてようやく台本が全部できるというものすごいスケジュールにてんやわんやしながら迎えた本番。祭りに酔いしれながら『風-ふう-2』で生きました。やっぱり約1ヶ月間バイトも休んでの舞台漬けの毎日。そして3年使っていたボクのiPod (40GB)が壊れました。

  • 11月
  • 今年はもうないと持っていた舞台が急遽決まり、12月に本番らしいです。しかも1週間という稽古期間で。
    あとはドコモが「905i」シリーズを発表したり。

  • 12月
  • 12月1日から発売された『Wii Fit』を買ってきてその日から毎日体重計に乗る日々が。株価のように変動している自分の体重を見るのは少しクセになります。そして6日間の稽古期間で望んだ『Juliet』本番。いろんな意味で勉強になりました。忘年会で最新の「iPod nano」が当たったりとかなりいい月。とても充実した感じで年を越せそうです。

2007年まとめ
見ていくとわかるんですが1月に「中吉」と出たこの2007年は、舞台や芝居活動に制限を設けてクオリティを重視していく方向に。しかし蓋を開けてみれば年間通して4本とかなりの数の舞台に立たせてもらえました。
そこで得たものは自分の立場を改めて考えさせられることばかりで、今年はそういった意味でも自分の立ち位置を考えさせられる1年でもありました。
出合った共演者との繋がりや関係はかけがえのないものだし、認められて立っているという責任も十分に感じられました。まだまだいけるしもっともっとやってみたいと考えられるということは自分の中では納得していないんでしょう。
来年はまだどうなるか本人自体全く分かっていないんですが、納得できる活動を一個一個こなして行きたいと思っています。
最後に、今年のボクの出演作品を観に来てくれたお客様。本当にありがとうございました!!
良いお年を!!

[最近のレビュー] 2007年10月-12月

今期は舞台が入っていたので、なんと映画が0本!! 自分で書いててビックリ。この3ヶ月間で1本も観ていないことになります。そんなに観てなかったっけなぁ。
まぁ、あれですけど。観る時間がないわけじゃあないんですけどね。

映画:0本
舞台:7本

というわけで今回は観劇のみ、7本のレビューまとめ。と、一言コメント。

【映画】
■ レビュー作なし!!

【舞台】
『ハルカ彼方』 – 2007年10月27日(土)
dramatic theater RARA☆ vol.6
[10月26日(金) ~ 10月28日(日)]
アイピット目白
上映時間:約130分
チケット:前売り2,500円、当日2,500円
評価:★★☆☆☆
 → 見せ所と”おいしい”という部分が良くわかってらっしゃる。

『傀儡くぐつ ~純愛の章~』 – 2007年11月02日(金)
劇団花鳥風月 第15回公演
[10月31日(水) ~ 11月04日(日)]
東京芸術劇場 小ホール2
上映時間:約140分
チケット:前売 3,000円、当日 3,500円、ペア 5,000円
評価:★★★★☆
 → 役者自信の個人技とそれを見せ切る力量。う~ん、演ずる技ですなぁ。

『逃げ水』 – 2007年11月25日(日)
無双劇場 第6回公演
[11月23日(金) ~ 11月26日(月)]
シアターグリーンBASE THEATER
上映時間:約90分
チケット:前売 2,500円、当日 2,800円
評価:★★★★☆
 → “自然”ということと客に何を感じさせるかはまた別。だけどボクは役者として観てました。

『傷は浅いぞ』 – 2007年11月26日(月)
柿喰う客 第11回公演
[11月14日(水) ~ 11月26日(月)]
王子小劇場
上映時間:約75分
チケット:前売 2,200円、当日 2,500円
評価:★★★☆☆
 → 勢いという名の技術。それも含めて演出だとするならば、コレは一つのジャンルだと思う。

『プリスタ ~Please Stand Up 日本のお父さん~』 – 2007年12月16日(日)
東京P.R.O 12th Field Play
[12月13日(木) ~ 12月16日(水)]
シアター風姿花伝
上映時間:約110分
チケット:前売・当日 2,000円
評価:★★★☆☆
 → 軽い気持ちで「荒削り」って言っていいのかわからない、そんな奥行きがある。なんとボク自身の本番中に観にいった作品でもあります。

『Juliet』 (1週目) – 2007年12月07日(金)
Air studio プロデュース公演
[12月06日(木) ~ 12月10日(月)]
銀座 Air studio
上映時間:約130分
チケット:前売り・当日 2,500円
評価:----- (出演作のため未評価)
 → なんか安心してしまった。

『Juliet』 (1週目/B班) – 2007年12月08日(土)
Air studio プロデュース公演
[12月06日(木) ~ 12月10日(月)]
銀座 Air studio
上映時間:約130分
チケット:前売り・当日 2,500円
評価:----- (出演作のため未評価)
 → 普段は滅多なことじゃ自分の出演作 (リメイク元作品とか)は観ないんですけどね。

まとめ
忙しいといっていたわりには意外と観劇できていた今期。
知り合いの役者サンの舞台ばっかりですけどね。
『風 -ふう-2』 (10月)、『Juliet』 (12月)と立て続けに舞台に出演していたってのもあるんですが、次の3ヶ月はもうちょっと行けそうな気がします。
オススメっつても”舞台”だからもう終わっちゃってるんですよね。映画ならあとから観ることができるので、オススメできるんですけど。
まあ、強いて印象に残っているとすればやはり自分が出演した作品でもあるAir studioプロデュース『Juliet』 (1週目A/B班)ですかねぇ。
自分が出演する作品の初稽古の日に一応の完成版を目の前で全く違うキャストで観るというちょっと変わった体験ができました。
来期は観まくるぞっと、こんなもんでいいでしょうか。